街を歩く多様な人々。「見れば見るほど、誰もが平等だと気づいたんだ」

部屋一面に、無数の人が並んでいる。コーヒー片手に歩く人、写真を撮っている旅行者、犬の散歩をしている人…。サイズは、大小さまざまだ。

これは、ロンドン在住のアーティスト、Zadok Ben-David氏による作品。街を歩く様々な人の姿が、金属で作られている。その数はなんと3,000以上。

「People I Saw But Never Met」と呼ばれる、これらのシリーズ。一体そこには、どんな意味が込められているのだろうか?

A2bb8856a61bf8fae438222b4146de70be137bbf

「人々の多様性や、文化を知りたかった」。

アートワークを手がけた理由を、そう振り返るZadok Ben-David氏。

人々の姿は、彼自身が道行く人の姿を写した「写真」を元に作られているという。名前も知らないたくさんの人の日常を観察するうちに、その多様性に興味を持つようになったのだ。

たしかに、まじまじと見てみると、人種や性別はもちろん。着物姿の女性などもおり、文化や地域なども、世界中の異なるバックグラウンドの人々が描かれているのがわかる。

Af84341dff5326f4aef9c9dac92ac11497fde2d8

「違うこと」は「同じこと」

7adca2d9d46d8407384f93d258eff5dc346a9e28

彼がこの作品に込めたメッセージは、「Equality(平等)」。

「大勢の道行く人の姿を見るほどに、人間は誰もが同じような存在であると感じたんだ」

人々の多様性を描くことで、逆に誰もが同じ人間であり、そこになんら差はないということを描き出している。

世界中の人々は、誰もが違って、誰もが同じ。

見れば見るほど引き込まれてしまう人々の姿の中に、もしかしたらあなたに似た人も見つかるかもしれない。

1f96bdaa9e1818c294cffe38d379ee8175ced7e8890fa117626bec0634395c0ff19241876e9580cd7d4bae9463b12c5baae63356fde99ccd45ae8da5
Licensed material used with permission by Zadok Ben-David
街全体をキャンバスにして描いた大きな「壁画」が、メキシコのパルミタスというところにあります。下の写真からは、“ドラッグや暴力が蔓延していた場所”という印象...
オーストラリア・シドニー在住のアーティスト、Miguel Marquezさんは、屋外にちょっとしたサインを掲示する作品を手がけています。まるで“公的な機関...
街で見かけるストリートアートは、誰が描いたかわからないものばかり。そのせいか、美術館の展示作品みたいにマジマジと見たことがないんです。それに多くは、路地裏...
不気味なんだけど、愛着を感じてしまう化け物たち。様々な場所にあるこのアートは、通り過ぎる人々を楽しませるだけのものじゃありません。「蘇ったゴミを見て、使い...
誰もが目にしているはずなんだけど、見過ごしてしまうような街の風景。それをアート作品に昇華させるMichel Pederson氏。2013年から、このインス...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
海外旅行に行くとき、どうしても気になるトイレ事情。日本のトイレは世界一とも言われますが、海外ではそもそも無料でトイレに行ける場所が限られていたり、日本のよ...
001 大陸:南米002 国名:チリ003 都市名:バルパライソ004 日付:2012.5.5「この美しさ、まるでヨーロッパ」About the City...
世界一青い街と呼ばれ、旅人たちを魅了するシャウエンこと、シェフシャウエンの街。その一番の見所は、時間の経過に伴い、“青”の色みが変わること。特に必見は夜。...
ニューヨークの観光名所として、賑わっている「ハイライン」には、たくさんのアート作品が並んでいます。ただ、今回紹介するヌードは、その中でも多くの人の記憶に残...
子どもの頃、「紙でロケット」を創ったことがある。そのロケットは最新型の切り離せるタイプだった。自宅の玄関ホールで完成させた直後、裏の空き地へ移動した。発射...
誰もが憧れる場所で暮らすMarcela Nowakさんの楽しみは、深夜に家の近くを歩き回りながら撮影をすること。昼は多くの人で賑わう「華やかな街」、夜はネ...
カナダ・モントリオールで活動するフォトグラファー・Mikaël Theimerさんの被写体は、街中でみかけたキスやハグ。どれも見ているだけで心が暖まる。彼...
大都市、ニューヨーク。もちろん誰もが知る街だし、周りを見渡せば詳しい友人のひとりやふたり、いるかもしれません。でも、実際に訪れたことはありますか?一体どん...
今さらながら、アーティストという輩って面白い。だって、僕たちとは違ったアングルでモノゴトをみて、普通では考えもしないことをやってしまうんだもの。今回、紹介...
建物の壁面や商店のシャッターにスプレーやフェルトペンでなぐり描いたグラフィティ(文字だけのものはタギングとも)を読解するのは至難の技。あえて読みにくく描い...
上から見ないとその全貌が掴めないほど巨大な、路上のペインティング。圧倒的なスケール感で街中に登場するこれらを見ていると、現実が破れて顔を出したような、不思...
ニューヨークを好きになったきっかけは『Sex and the City』だった。キラキラした大都会で、主人公のキャリーが気取らないリアルな毎日を送っている...
米・ロサンゼルスに拠点を構える「Geronimo Balloons(ジェロニモ・バルーン)」は、その名の通り、バルーンアートで話題になっているスタジオです...
『Tokyo from above(上から見た東京)』は、日本を拠点に活動しているタイムラプスクリエーター、Justin Tierneyによる作品。スカイ...