ジョークのつもりが、なぜか流行。フィンランド発の「羽眉毛」

いま、この「羽のような眉毛」がInstagramで話題になっている。

ヘルシンキ出身のメイクアップアーティストStella Sironenさんが、自身のアカウントに「これが最新のトレンドだ」と冗談交じりに投稿したところ、予想を上回る反響があったらしい。

いいね!の数、
48,000件以上!

Medium 87220e5c750cee58737a86ecf6ebfb0ad9a44ba2Medium 9eeaeeb9d234a852e522f20b98052956fe980ef5

このアイデアは友人のLeevi Ikäheimoさんが、眉毛をブラッシングしている時に思いついたそう。

あくまでもメイクアートの扱いだとは思うけど、そこまで大きな違和感は感じない。このスタイルで街に出たら面白いかもと思ったので、社内の女性に聞いてみた。

「これで歩くのは恥ずかしい」「海外の人だから似合うのかも」「フェスだったら違和感なさそう」「これが本当にトレンドになったらやる」と様々な意見が。

でも、さすがに以下は
やりすぎなんじゃ…。

Medium 155ff0943c1535621051bcf1f76853db1199b9ef

Bexさん(@billiebex)がシェアした投稿 -

Bexさん(@billiebex)がシェアした投稿 -

男性がやるとこんな感じなのか、と思いつつ、どうやってやるのだろうと考えている僕は、人一倍「羽のような眉毛」に興味があるのかもしれない。

「#featherbrows」で検索できるので、気になる人はぜひチェックしてみて。

Licensed material used with permission by Stella Sironen (@stella.s.makeup)
出かける前の身だしなみ、家の中のどこでしていますか?洗面所で行う人はもちろん多いかと思いますが、一人暮らしなどで、洗面所がなく、家のあちこちでメイクすると...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
年齢を重ねるごとに性格は顔に出る、なんてよく言われる話。「Little Things」のライターPhil Mutz氏は、顔の中でも特に“眉毛”を見ることで...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
彼女の名前は、ケイト・ヴェルナー。なんと15歳。YoutubeやSNSで公開されるメイクアップアートに触発され、自身で始めてみたのが約2年前。Instag...
本来の意味合いや目的なんかとは関係なしに、とにかくみんなで仮装して騒いでとことん楽しむ、みたいな風潮が定着した「ハロウィン」が今年もやってきます。定番メイ...
ガラスのような透明な羽をもつチョウの仲間「グラス・ウィング・バタフライ」(Glass wing Butterfly)が注目を集めている。日本名では、「ツマ...
「新しい映画のキャラクターだよ」と言われても納得してしまいそうなモンスターたち。これらはすべて、オーストラリアの16歳の少女が独学でつくったものなんです。...
オーストラリアのSofiaは、幼い頃からお古の人形に囲まれて育ちました。壊れては直し、を繰り返し、そのたびに手入れをしながら、ひとつひとつを大切にしてきた...
「黒リップ」と聞くと、裏原やゴスロリ系のイメージを持つ方も少なくないはず。でも、ビューティー・メイクアップ界では、2014年にかけて、黒い唇が一大トレンド...
熱〜いサウナ。冷た〜い水風呂。交互に繰り返し入ると気持ちいい!なんて人の話をよく聞きます。血行も発汗も促進できて健康にいいんだよ、なんて意見も多いですが、...
ひと月後に結婚を控えたカップルが、特殊メイク技術によって、老後の自分たちの姿に変身。徐々に老いていくパートナーを目にしたとき、ふたりの心にある変化が訪れま...
「冬のワンダーランド」。そんな言葉もしっくり来る写真を紹介しましょう。写真家ティーナ・トルマネンさんが撮り続けているのは、フィンランドのラップランドの風景...
世界でもっとも華やかなボディペイントを決める国際大会「The World Bodypainting Festival」が、6月の終わりから7月にかけて開催...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...
フォトグラファーのMikko Lagerstedtさんが捉えるのは、地元フィンランドとアイスランドの自然。実際の景色とは思えないほどの美しさ、とくとご覧あ...
化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」名前は、Benjamin Henon。普段...
すべての国民が、最低限の生活を送るのに必要な額の現金を、政府が無条件で定期的に支給する。ベーシックインカムと呼ばれるこの所得補償制度を、福祉国家フィンラン...
郵便屋さんと聞けば、制服を着た配達員がポストに手紙を届けるーー。当たり前の光景ですが、フィンランドでは庭の芝刈りまでしてくれちゃうみたいです!郵便会社「P...
人生のうちで一度はオーロラを生で見てみたい。そんな人も多いのではないでしょうか。でも「行くまでに過酷なんでしょ?」「ずっと外で待っててもオーロラが出なかっ...