料理されてしまう「化粧品」に込められたメッセージとは?

化粧品のコマーシャルフォトを手がけるフランス人写真家が、こうつぶやく。

「欲望の押し付けに、ちょっと疲れちゃった」

名前は、Benjamin Henon。

普段の彼の仕事は、化粧品を魅力的で美しく見せることにも関わらず、このシリーズから受けるメッセージは、真逆。

B7375e30c0dae6a72460dcca0dfc6a60aed23927

化粧品を食べ物に見立てて、とにかく破壊・破壊・破壊!

彼の手にかかれば、ツヤツヤしている高級な口紅もパスタに早変わり。マニキュアにいたっては、瓶ごとスライス。

D9697ac2ec12279585b2f712f964927b08d5d2f7

その化粧品は
本当に必要なもの?

キレイで美しい化粧品の裏には、ずっと何かを買い続けなければならない、という消費社会の闇が潜んでいます。でも「本当に必要なものなのだろうか?」と、彼の作品は問いかけているのです。

「僕は化粧品関係の撮影の仕事をしているから、間接的には化粧品によって生かされていることになるんだ。でも、こういうプロダクトがとても欲望に忠実なせいで、ときどき“”食べて”しまいたくなるんだよ。僕たちは、そんな化粧品のあり方と、そのうるさいメッセージに、少し疲れているんじゃないかな。だからこそ、建設的な方法で風穴を開けたいって思ったんだ」

食べても食べてもお腹が空くように、買っても買っても満たされない化粧品。

もしもそんなループに陥ってしまっている人がいたら、彼の画像を眺めて考え直してみるのもいいかもしれません。

6f8c8d54aa56258701310bafd480da64818f02402173d015ac74befb6d783bb764f78c512773b8e041328563174443189112d6f7d11a284dc75e2860F22b105516b0e875a07f0acbc0c473eb88c23d78
いつもと違う環境に身を置くだけで、肌質がすっかり変わってしまうことはありませんか。家族旅行や出張などで、知らない土地に足を踏み入れるとき。わくわくする気持...
近年、メイクアップ技術は著しく進化している。あまりにも素顔とかけ離れ過ぎて「化粧=詐欺」と形容されることもしばしば。更には、性別を越える事も可能になってき...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
旅と食べ物をこよなく愛するふたり組のアーティスト、Caitlin LevinとHenry Hargraves。彼らが作り上げた世界地図は、その国の特産品や...
フランスのイラストレーター「Jean Jullien」が描いたのは、テクノロジーに依存した社会を風刺したもの。確かに…と思えるものやドキッとする作品は必見...
天然素材、自然由来、かだらにやさしい、これら「オーガニック」を修飾する名詞は口にするものだけでなく、今では衣類や日用雑貨においても、“気になる”キーワード...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
確かにこの発想は一理あり。空気に触れると酸化が進み、徐々に劣化してしまうのは、醤油も化粧水も同じ。だからこそ、馴染みのある“あの真空ボトル”に詰めこむこと...
旅好きの女性に、ぜひともオススメしたいアイテムがこちら。ちなみに、自分の周りではかなり好評なんです。一緒に旅行に行く男性からすると、持ち運びが大変だなあと...
アイルランドのダブリン在住、1歳6か月のハンナちゃん。デザイナーである父・ステファンさんがInstagramにアップする娘さんの写真は、階段の縁に立ってい...
「子どもにおっぱいをあげるって、普通なことなんです」。そう語るのはフォトグラファーのIvette Ivensさん。彼女が撮影したのは、女性の授乳シーン。一...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
人類の滅亡を予言した(と解釈される)ノストラダムス。この預言者には、医師としての顔もあったことを知っていますか?医師として彼が書いた本のなかに、ビックリす...
仕事を辞め、家財もすべて売り払って世界旅行にでた、とある夫婦の話が「boredpanda」や「News.com.au」などで話題になっています。大学を卒業...
あるある!と思えるものや、解釈の余地があるものも。イラストレーターのマルコ・メルグラティがInstagramで定期的に更新している画像を紹介します。まばら...
シリア内戦の引き金となった抗議デモが本格化してから、7年。いまだに終わりの見えない混沌のなか、人々はどのように生活しているのでしょうか。イラン人写真家Al...
人生は、まるで旅のよう。「ホームプロジェクト」という冒険を応援したいという気持ちを込めて、フランスの工具店チェーン「Leroy Merlin」が「Life...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
彼の「リス愛」はどこまでいくのでしょうか?4年前からキタリスの撮影に取り組んできた、フォトグラファーのGeert Weggenさん。自然の中で、草花や鳥と...