彼氏や友だちとは行かないほうがいい。「女子ひとり旅」ならココ

行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くとなると、せめて治安や言葉(せめて英語)が通じるかどうかは、前もって知っておきたいもの。

そんなあなたのために、オススメの6つのバケーションスタイルを「Elite Daily」の旅行好きライターIzabella Zaydenbergさんがまとめていました。もうすぐやってくる夏に向けて、さっそく計画を立ててみては?

01.
パーティーが好きなら
【タイ/プーケット】

Medium fc36350a8a61f789b4cfed9276353ff7ca78984c

「パーティー好きならイビザでしょ!」と思うかもしれません。もちろん、イビザで若者の波に飲まれるのも楽しいに違いありません。でも、パーティーとリラクゼーション、どちらも求めるなら、断然プーケット。

最高のリゾート、美しい海、そして無類のパーティーシーンであなたを迎え入れてくれるはず。昼間出会った旅人たちと、夜はBARをハシゴしてり、行った先々でさらに新たな出会いがあるでしょう。ちなみに、屋台での食事が人生観を変えてくれるので、忘れずに。

02.
ちょっと贅沢に
【アイスランド/レイキャビーク】

Medium d832817c2cfecfee3e807aa8dfac23f418852355

どうしても旅行先でぶつかるのが、言葉の壁。ひとり旅ともなれば、もっと不安ですよね…。

アイスランドなら、ほとんど英語で通じます。ナイトライフがメインというわけでもないので、昼間にレイキャビークのツアーに参加して、アイスランドの美しい絶景に浸るなんていかがでしょう?しかも、比較的治安がいいので安心なのも◎。

ただ、ひとつだけ。この国は世界でも5本の指に入るほど物価が高いんです!どこに行くにもお金がかかり、レストランは超高級。スパもかなりのお値段なのでご注意を。

03.
冒険好きバックパッカーなら
【ニュージーランド】

Medium 6f0b50fe65b4eb37e8f1aac274968b8095c0a43e

火山やビーチ、そして丘。飽きのこない絶景に、バックパッカーならときめきが止まらないはず。

同じような「ひとり旅」をしている仲間を見つけるなら、やはりホステルに泊まるのが一番。5つ星リゾートにお金をかける必要なんてありません。この国はバックパッカーが多く、交通機関もしっかりしています。バスを使えばだいたいどこでも辿り着けるので、レンタカーを使う必要がないのは、嬉しい限り。

04.
太陽を背にヨガをするなら
【コスタリカ】

Medium 149e0f75b82d67ae29ade635b91c4edf82c781a9

スタジオでのヨガに飽きてしまったら、コスタリカへ。日光を浴びながらするヨガは、すっきりと気分を入れ替えられます。そしてここは、アクティビティ豊富なパラダイス。ビーチやジャングル探検、サンホセの街巡り。そのときの気分に合うものが、必ず見つかるはず。

ニュージーランド同様、ひとり旅をする仲間が見つけやすいのもいいところ。気づいたらヨガ仲間と意気投合、なんてことも。いくらでも気の合う人と出会えると思いますよ。

05.
自分探しの旅
【インドネシア/バリ】

Medium 72edace12d60fc1f4123e18de4e54e0989067ecc

バリといえば美しい寺院や海、そして心安らぐヨガ体験。でもじつは、一番の魅力は物価の安さ。ビールは200円以下だったり、ワインボトルも1,200円くらい。しかも、アパートの家賃はだって、月15,000〜20,000円くらい。思わず移住も考えちゃうくらい。

冒険心が溢れる旅にすることも、ちょっと贅沢をして滞在することもできます。だからこそ「ひとり旅」の話題になると、必ずバリの名前が挙がるんですね。

06.
ファッションを楽しめる
【スウェーデン】

Medium f5a5d2f3218e27a595f6bbf90cdd122e4036058c

ファッショニスタにオススメの「ひとり旅」を聞くと、必ず挙がるスウェーデン。たくさんのモデルを輩出しているだけあって、国民もスタイリッシュな美人ばかり。

そこまでファッションに興味がない人でも、素晴らしい建築物を眺めたり、おいしい料理(おすすめはグラバラックス)を食べたりと、旅を満喫できるでしょう。さすが「世界幸福度レポート」で上位のランクインが常連の国、といったところ。

英語を話せる人も多いので、地元の人と友だちになるのも意外と簡単。ほかの北欧の国と同じで、治安がよく、それほど身の危険を感じることなく、快適な「ひとり旅」ができます。

Licensed material used with permission by Elite Daily
海外への一人旅はあなたを大きく成長させてくれるもの。とはいえ女性の場合、男性にはない危険を伴うのも事実ですよね。そこで旅好きの女性ライターIzabella...
愛してくれる誰かが近くにいると、困った時にすぐ頼ってしまう。相手との付き合いが長いほど、努力しないとダメだと思いながらも甘えちゃう。でも、そのままでは、い...
西オーストラリア・パースに暮らすライターCamha Pham氏は、ヨーロッパを単独で旅した経験の持ち主。当時、彼女には付き合っていた彼氏がいました。でも、...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
2017年、あなたはどんな目標を立てていますか?ジムに通う、ダイエットをする、ヨガをはじめる…そんな意識の高い目標もいいですが、本当の心の声に耳を傾けてみ...
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
気の向くまま、足の向くまま、思うがまま、好きな行動が出来る「1人旅」が最近ブームになっている。1人で異国の地に行くのは少し怖い気もするが、良い経験になるこ...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
女子旅の必需品として、おしゃれよりも重要なものがあるとしたら?「Elite Daily」女性ライターCharlotte Barron氏が、世界各地を旅する...
好きな仕事を好きな場所でする。いわゆるノマドワークができたら、毎日はどんなに楽しいだろう。就活に追われることなく、学生のうちから起業してビジネスを始める若...
彼氏とのラブラブな時間は、確かにハッピーです。でも、どんなときでも支えになってくれる女友達との時間も同じくらい大切なはず。ありのままの自分を受け止めてくれ...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
何日も引きこもったり、何時間も友だちに話を聞いてもらったり、どんな人でも失恋をすると深く傷つきます。自分では立ち直ったと思っていても、意外と感情は複雑なも...
今年の12/25に向けて、アメリカの「Oyster.com」が紹介していたのは、クリスマスに人気の10の旅先。1位のニューヨークにはなるほど、というところ...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
学生時代、初めての海外一人旅でインドに行ってから、その魅力にすっかりハマってしまった。以降、訪れた国は約30ヵ国ほど。たとえ、一般的にはその国が安全だと思...
安藤 美冬/Mifuyu Ando1980年生まれ、東京育ち。慶應義塾大学卒業後、集英社を経て現職。ソーシャルメディアでの発信を駆使し、肩書や専門領域にと...
次に行きたい旅先は、個人のライフサイクルやステージによって変わるもの。だからこそ、よくある旅のススメだって、それぞれの目的に合わせて細分化される必要があり...
あなたの周りにいる旅好き女子。もし、今パートナーがいないのであれば大チャンスかも!?ライターKimberley Chan氏がまとめた記事によると、彼女たち...
お互いに「最近マンネリしてきたな」と思っていなくても、スパイスを加えることで関係が新たに進展するかもしれません。ブロガーのシャノン・ウルマンさんが「You...