嘘でしょ。四角いウィールが、丸いウィールよりも転がるなんて!

スケートボードに四角いウィール?

何だそれ。ウィールは、丸いものでしょう。四角かったら、ガタガタして乗りにくいだろ。プッシュしたって、すぐに止まっちゃうよ。つーか、動きもしないんじゃない??

そんな先入観は、すべて吹っ飛ばされてしまった。まずは、下の映像を見て欲しい。きっと、あなたの常識も根底から覆されるはずだから。

 究極のライディングを求めたら
「サメの顎」の形状にたどり着いた

993d974c98df438983bb0fdefcb612b93c9a730d7b27cb546d3130449748d7dfd7d4bcb5da5edc8f

四角いウィールは、「Shark Wheel」。見ての通り、サメの顎と同じ形状をしていることから名づけられたそうだ。

プロダクトデザイナーのDavid Patrickによれば、完璧なウィールとは丸い形状ではなく、丸と四角と正弦曲線(周期性を持った波形)をミックスさせた形状なのだとか。

このユニークな形状が、従来の丸いウィールに比べて、スピード、スライドのしやすさ、コントロール性能をアップさせているらしい。荒れた路面や濡れた路面でも、スムーズなライディングが続けられるのは大きなアドバンテージだ。

ロングボードで気持ちのいいライディングを求めるなら、試してみる価値は多いにあるだろう。

映像から伝わってくる
クルージングの爽快感

続けて、Shark WheelのInstagramから厳選したクルージング映像を!

画面をクリックすれば、カリフォルニアへひとっ飛び。それにしても、皆、気持ちよさそー。

ヤバい、欲しくなってきちゃった。

ウィールを履き替えたくなるなんて、めったにないこと。でも、それぐらいクルージング映像にヤラれてしまった。で、早速、ネットを使って探してみれば…おお!Shark Wheelは、すでに日本でも手に入るじゃないか。うーん、これはマストバイだわ。久しぶりにスケボー熱に火がついた。

Licensed material used with permission by Shark Whee
LAのビーチロードで鮮やかなライディングを魅せてるのは、ヒョジュさん。韓国出身の女子スケーターだ。ただえさえ、扱いにくいロングスケートボード。それを、絶妙...
ニューヨークで行われる世界最大のスケートボードレース、「Broadway Bomb(ブロードウェイ・ボム)」。年に一度だけ、突如はじまるこのレースは、“い...
105cmのロングボードが、折り畳めてバッグに入るサイズに変身しちゃう可変式のスケボーをご紹介!持ち運びがずっと気軽にできるようになるかも。組み立ても特別...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
スケーターなら一度は夢見るという「ウォータースライダー」でのセッション。曲がりくねったウォータースライドを、まるでハーフパイプのように使いながら滑っていく...
見た感じスタンドアップパドル(SUP)とも違う、この乗り物…。歩くように“漕いで”進むという、まったく新しいコンセプトのサーフボードなんです。右、左、右、...
2017年の4月から、バンタンデザイン研究所高等部東京校のコースに「スケートボード&デザイン専攻」が新設される。日本で最初のスケーター養成高校だ。スケボー...
いつもより空が高く、うんと背伸びしたくなるような秋晴れの日。おいしい珈琲を片手に、目黒川沿いを歩いていると、川の終点あたりで、とつぜん気になるお店が現れる...
いつかもっと気軽に、そして手軽に、いわゆる「電動キックボード」で公道を走れる日がくることを期待するほかないのですが、この手のスマートビークルの進化って、ホ...
雄大なノルウェーの山間いを、ロングスケートボードで駆け抜ける女性がいる。ダウンヒルボーダーでアーティストのIshtar Backlundさん(22歳)。見...
自然とスケボーを愛する、ひとりの男が夢を叶えた動画「NORTHBOUND」。フィルムメイカーであるJørn Nyseth Ranumさんの夢を叶えたストーリー。
A4サイズのホワイトボードが4枚セットになった〈BUTTERFLYBOARD(バタフライボード)〉。1枚1枚のボードは、マグネットでノートのようにくっつけ...
ジェットスキーヤーのフランク・サパタ氏が考案し、GoogleのCMでも話題となった、水噴射圧を利用して水上を飛んだりはねたり。あのフライボードの進化版とも...
得てして、カルチャーのルーツを探ってみると、とても小さなものから始まっているもの。何度目かのブームが再燃しているとも言われているスケートボードのルーツも、...
スロベニアからまったく新しい概念のSUP(スタンドアップサドル)ボードが誕生。なんでも、スクリューモーターを搭載した電動アシスト機能付きだとか。さらには、...
スケートボードは、他の乗り物には真似できない圧倒的な機動力が魅力。とくに街中では、自転車では人が多くて移動が大変なところも、柔軟に移動することができます。...
スケーターにとっては夢の家?一般的な家で試すには色々と問題がありそうですが、家の中がスケボーパークになってる動画が登場!滑っている男性にも注目です。Lic...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
カーペンターとサーファー。2つの顔を持つPeterのビルドアップスタイルは、オールハンドメイド。その出来栄えは、自宅のガレージでつくるレベルをはるかに超え...