付き合いの長い彼氏がいる人こそ、「ひとり旅」に出よう。

愛してくれる誰かが近くにいると、困った時にすぐ頼ってしまう。相手との付き合いが長いほど、努力しないとダメだと思いながらも甘えちゃう。でも、そのままでは、いつまでたっても自立した女性にはなれません。

そんな人こそ「ひとり旅」をして欲しいと語るのは、「Elite Daily」の女性ライターCamha Phamさん。彼女は、旅を通して自分の可能性を広げることができたのです。

01.
新しい「自分」に
出会える

94f0eea05dd118bb0479b6e34cdbd196d2e25324

恋人といい関係を築くには、妥協は必要不可欠なもの。だから、ひとりの時は自分のためだけに自由に時間を使う。

相手に気をつかわずに、好きな時に好きなようにできるから、開放的な気分になれる。これは、長く付き合っているカップルほどなかなか難しい。だけど、ひとり旅に出てしまえば、誰かに邪魔されることもなく息抜きができる。それに、自分を見つめ直すチャンスにもなる。

一日一日は、自分のためにある。どこかのギャラリーで時間を潰したり、ショッピングモールに行ったりしてもいい。ホステルのベッドでゆっくり過ごして朝寝坊するのも自由。それを否定する者はいないし、言い訳をする必要もない。そして、新たにたくさんの人とも出会える絶好の機会なのだ。

宿泊サイト「Airbnb」を使って素敵なホテルに恋人と泊まるのは、もちろん楽しくて安全。それもいいんだけど、一人でゲストハウスに泊まらない限り、新しい出会いは訪れないと思う。

誰かと旅すると「あなたがコミュニケーションできる人数は限られてます」っていうサインが、頭の中で点滅しているような気がする。でも、ひとり旅に出てどこかに泊まると、同じように宿泊する周りの人のことを、もっと知りたいと積極的な気持ちになる。

その国に世界中から集まった人々と友達になって旅の話をすることほど、楽しいものはない。

02.
人生も恋愛も
「ステップアップ」できる

C8778a293a246fadac2266d3130c9e4085462a90

恋人と長く付き合っているうちに、誰かに頼ることが習慣になってしまい、自分ひとりで何かをするということを忘れてしまいがち。

恋人は共犯者であり、無敵の騎士であり、泣きたいときに頼れる存在。そんなものが、まとめてひとつになった素晴らしいパッケージなのだ。

「ひとり」でも大丈夫だと気づくのは、2人にとっては新たなステップ。だって、困った時に必要とする相手ではなく、一緒にいたいからいる、という証明になるから。

「必要」にするのと「望む」のは違う。これは、どんなに良好な交際関係にも欠かせない考え方。

03. 
頼もしい女性になれる

6578214483aab444122bc8fe676d0d375bec26f3

そばにいるというだけで、その相手を頼ってしまうことに気づく人は少ない。

方向音痴の私は、道がわからなくなると彼氏に任せる。そのうえ力も弱いから、重たい荷物を持ったり、パスタソースの瓶のフタを開けたりするのは、彼の仕事。

そんな私のような人間が、ヨーロッパをひとり旅していることを想像するだけでも驚くはず。しかもGoogleマップを使いながら、予定通りに進めている。

まるで、小人が大きなバックパックを運びながら進んでいくような冒険。それは、私を『ワンダーウーマン』みたいな気分にさせるものだった。

何が言いたいのかというと、何もできないと決めつけて、他人に任せっきりにするのは簡単。でもひとりの女性として、自分の可能性を信じるのはとても大切なこと。

04. 
恋愛以外の
「ときめき」がある

76141f6922eea223c6744bf5fdbc367e8f93f475

ひとり旅をしていると、夜遊びに出かけて他の旅人とのスリルな一夜を味わうこともある。

それが楽しいのは間違いないの。だけど、しばらくすると表面上の付き合いだったということに気づく。その場限りの関係は、遊び以外の何物でもなく、次の街にたどりつく頃には忘れてしまう。

でも、恋人がいる私がひとり旅をすれば、自分の話に心から興味を持っている人との会話を楽しめる。そもそも酔っ払って夜を共にするというのが頭にないから、下心や悪い遊びをしたいとか、一切思わない。

そんな気持ちで、彼氏とは違う誰かと一緒にいるのは、なかなか新鮮。

05. 
「真実の愛」を
大切にできる

64655589dfa05ef2ae649cb727f3e57eed970c9d

これを乗り越えれば、2人の関係は何があっても大丈夫。恋人が「ひとり旅」に行くのは、信頼と愛を確認できる究極の手段。

多くの人が心配するのは、浮気に走ってしまうのではないかということ。実際のところ、旅をしていれば異性と出会うチャンスはいくらでもある。目撃者もいなければ、選択肢も幅広い。そんな好条件がそろって旅行のワクワク感も加われば、つい無鉄砲な行動をしたくなるもの。

本当に愛する人にしか、心も体も許さないようにする…なんて初々しい考えだけど、憧れと本気を見分けるカギになる。

私にも「旅の恋」はあった。同じように旅行する人を見ると、その相手が魅力的に見えてしまう。退屈な生活や日々のストレスから解放されると、あらゆることが楽しくなる。だけど彼氏を傷つけたり、関係を壊すようなことは絶対にしないと決めていた。

誘惑に負けてしまうのなら、2人の付き合いを一度見直す必要があると思う。恋人との関係に「信頼」は重要なもの。だからひとり旅をすると、相手を信用する大切さをお互いの心にしっかりと刻めるの。

06. 
「お帰りなさい」を
言ってくれる人がいる

2412790e279631664ad7e54b3cb5820a6243fcca

文字通り、最高なことだと私は思う。

帰りの空港で誰かが待っていてくれて、あたたかいハグとキスでお出迎え。これが、自分にとって何よりも特別なこと。

Licensed material used with permission by Elite Daily
ちょっとでも会えない日が続いたら、きっと心も離れちゃう…と、恋人がいるときはできるだけ離れないようにしようとするのは、ある意味自然なのかもしれません。でも...
ひとりレストラン、ひとり映画。自分では快適なつもりでも、「ひとりで海外旅行に行く」って友だちに言ったら、「なんでひとりなの?」と驚かれることも。でもやっぱ...
何日も引きこもったり、何時間も友だちに話を聞いてもらったり、どんな人でも失恋をすると深く傷つきます。自分では立ち直ったと思っていても、意外と感情は複雑なも...
「本当の旅の発見は新しい風景を見ることではなく、新しい目を持つことにある」ーマルセル・プルースト(作家)旅に出る前と帰ってきたあとを比べて、自分が「ちょっ...
アンナ・フレンチは、数年間パートナーがいないまま旅をしていた女性。異国の地に初めて足を踏み入れると、今までに気をつかっていたことがバカみたいに思えるほどの...
もちろん休暇を取らなきゃいけないし、お金だってかかる。ほかにも悩みは尽きないけど、「旅」にそれ以上の価値を感じている人は多いもの。世界を周りながらトラベル...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...
001.苦悩でさえも、行動のエネルギーに変える近藤さんが旅に熱中するようになったきっかけについて聞かせてください。ぼくには吃音というコンプレックスが昔から...
あなたは、パートナーのことをどれくらい知っているだろうか。いつものデートだけでは、ありのままの性格や相手が見えないと思う。それは、お互いに印象良く見せよう...
お互いに「最近マンネリしてきたな」と思っていなくても、スパイスを加えることで関係が新たに進展するかもしれません。ブロガーのシャノン・ウルマンさんが「You...
絶えることなく彼氏がいる女の子。あなたの周りにもいませんか?彼女たちは「あ、もうこの彼とはダメかも」と思うと、すぐに次の相手を探しはじめます。一方で「彼氏...
どことなくミステリアスな雰囲気で、自分からはあまりベラベラ話をしない「内向的」な人たち。グループのなかにいると彼らの強みは隠れてしまいがちですが、いざ恋人...
日常生活の中で、「なんか強そう。苦手かも」と思う女性はいますか?なにを考えているか読めなくて、接し方もわからないから、自然と距離を置いてしまう…そんな相手...
もしもあなたが別れた彼氏との復縁を望むなら、切り出すタイミングや態度を考える必要があります。直球もいいですが、駆け引きこそ恋愛の醍醐味。感情的に、さめざめ...
恋人がいるのに「最近あんまり会えなくて…」「まだ落ち着くつもりはないかな」なんて言ってる人、たまにいますよね。そんなこと陰で言われていたら、相手はかなりシ...
ここで紹介するのは、哲学者・アウグスティヌスの言葉から始まるJeff Goins氏の記事。正直、その言葉を聞くだけでハッとする人も多いのでは?きっと、旅慣...
「強烈な原体験」は人を支え、人生を正しくデザインしてくれる。自分の内なる原体験を軸にしている人は、さまざまな制約から「自由になれて、シンプルに生きられる」...
「Collective Evolution」において、ライターのSarah Gibson氏が、少ない予算で旅を楽しむ10の方法を紹介しています。特に初めて...
新しい仕事を探して、ポートフォリオの準備をしたり、面接のシミュレーションをするのは、胃がキリキリするもの。不安でいっぱいになり、手は汗ばみ、吐き気すら催す...
人生を見つける旅へ生きる目的を探してみないかネット普及による情報収集が容易になり、今やボクらは世界のどこへでも好きなように、自在に旅ができるようになった。...