「1人でも生きていける」。このセリフを言えないうちは、独身でいなさい。

社会人になった途端、「結婚」の2文字に妙なリアリティを感じている私。早い子は職場で知り合った人たちと、ありえないスピードでゴールイン。こうなると、必要ないのに焦ってしまったり、願望ばかりが大きくなり、虚しさで夜も眠れなくなることも。

だけど、「The School of Life」が制作したこの動画『Why Only the Happily Single Find True Love』が、私のあせりをかき消してくれたんです。

「社会経験を積んで自立した女性になってからのほうが、良いパートナーを見つけられる」、と。ああ、この言葉にどれだけ励まされたことか!

 

焦らずに、1人でいなさい。

0b2ba06fb80172f45f4d6095f9cf43d9d2ce8450

ある一定の年齢になると、「独身女性」は、不快なほどの社会的プレッシャーに悩まされます。気を使った友達からの男性紹介が増えたり、お見合い話が持ち上がったり、祖父母の寿命を考えたり……そのたびに、「どうにかしなきゃ」という焦りに飲み込まれそうになるでしょう。しかし、そこで動かずに、自分の成長にもっとフォーカスしましょう。焦ってパートナーを探すのはやめて、独身である貴重な時間を自分のために使ったほうがいいのです。その理由は以下の通り。

【理由その1】
無駄な遠回りをしないで済むから

433ed6de17b5b7ebc73f3cc67c0af48d84cfe343

「どうにかしなきゃ」という思いがとにかく先走ってしまって、恋愛アプリにまで手を出し始めたら、もう末期。

適当な友情関係や、セックスは手に入ったとしても、理想には程遠い人としか出会えないでしょう。「ああもう疲れた、やめよう…」と戦意喪失する頃には、お金も時間も労力も無駄遣いしすぎてしまっています。そんな精神状態では、出会えるものも出会えない。無駄に遠回りをするくらいなら、「自立」にフォーカスして、自分磨きをしていた方が近道です。

【理由その2】
性的な解放がある

De9b8e0b2e0ebcd8f3234ecf3ae1daaec872b14f

性欲が盛んな時期は欲求で溢れているため、本当に相手を必要としているのか、ということが見極めにくいのです。早くに結婚して、パートナーとしか性的欲求を満たすことが社会的に許されなくなる、ということは、その後の2人にとって一種の賭けであり、思った以上にストレスの原因になります。

一方、独身女性は性的欲求を十分に利用して見極めることができるのです。それは、「確信を持って、最良の男性だと言える要素が増える」ということでもあります。

【理由その3】
"本質的な愛"で結婚できるから

506cf2b5edcb0000caff45f53283e81f9f920b77

1人で成長していける強さを手にした時には、もういっときの感情で他人を求める弱いあなたではないはず。

自分の足で人生を歩めるようになった自分を愛し、1人の時間を大切に感じられた時に初めて、「本当にこの男性と一緒にいたい」という愛情で、男性を求められるようになるのです。そこには損得感情や、社会的プレッシャーという理由はありません。

若いうちに結婚に踏み切ることが、悪いとは決して思わない。けれどこう言われてみると、確かに私は、一理あるなあ……と。年齢に限らず、心から「この人!」と言えないのであれば、今の自分に焦点を当てたほうが結果的には、幸せなのかもしれないですね。

Licensed material used with permission by The School of Life
アメリカは、ロシアに次いで2番目に離婚率が高い国だそう。アメリカ人夫婦の2組に1組は離婚するとも言われています。いまの時代、ひとりめの結婚相手と一生を寄り...
独身の生活を楽しんでいる人にとって、周囲が「良かれ」と思って言うセリフも、じつはとても傷つくものだったりします。いい人なんてそんな簡単に見つからないし、一...
Allison Isaacson氏が米メディア「Elite Daily」のこの記事で、キャリアウーマンの本音に迫っています。「大人の女性」として自立した彼...
「男性なんて追うべきではない」独身女性にそうメッセージを送るのは、ライターSheena Sharma氏。ほかでもない彼女もシングルだからこそ、その言葉が説...
この世界を生きていくには、他人と付き合っていく道は避けて通れません。でも、人付き合いを難儀に感じている人は、少なくないはず。だって、他人の言動にイライラし...
ジョン・キム作家。韓国生まれ。日米英で教鞭をとった後、2004年から2013年まで、慶應義塾大学特任准教授を務める。オックスフォード大学、ハーバード大学な...
毎日のように繰り返すドジな自分を、恥ずかしく思ったり、情けなく思ったりする人にオススメする「The School of Life」の動画。おっちょこちょい...
長い人生の中で、私たちは膨大な量の知識を手に入れます。ただ残念ながら、人間は忘れっぽい生き物です。本当の知識を身につけるためには「繰り返すこと」が大切だと...
このアニメの主人公は「死神」でした。その手で触れた動植物は皆死んでしまいますが、ある日どうしても触れられない存在に出会います。一頭のシカでした。触ってしま...
日本ではいまだに、適齢期を超えても独身でいると、周囲からの視線が厳しくなる傾向があります。たとえ、キャリア的に成功していても、どこか哀れな目で見られたり、...
「Elite Daily」の恋愛コラムは、若者たちの恋愛観が語られているのが魅力ですが、なかには思わず吹き出しそうになるものも。今回は、自虐ネタともとれる...
「The School of Life」が紹介しているのは、いつまでもシングルでいることのメリット。あなたは「愛」について真剣に考えているからこそ、1人を...
人はもともと自分の話を聞いてもらうことに喜びを覚える生きものです。しかし、人の話を聞くことによって、自分の生活に新しい視点と考え方が生まれ、人生がより良い...
「人間は、自分が幸福であるということを知らないから、不幸なのである」とは、 ドストエフスキーの言葉。幸せは、何気ない日常の中にあります。普段気づいていない...
仕事がうまくいかなかったり、大好きな恋人にフラれたり…。人生は何が起こるかわからない。良いことも悪いこともあるから心を複雑にさせる。でも、たとえ壁にぶつか...
誰にでも悩みが積もって「もう嫌!」となる時期があるもの。仕事、将来、人間関係、ステータス。私も終わりのない持久走をしているような気分だった頃がありました。...
「幸せになりたい」。それは、多くの人が持つ共通の願い。でも幸せを手に入れる前に、私たちを邪魔するたくさんの壁があるのも事実。そんなとき、物事を複雑に考える...
「ナルシスト」という言葉をよくネガティブに扱われます。自己中心的だったり、鏡をずっと見ていたり、自分の外見を気にしてばっかりだったり。そこで、The Sc...
人間の本性は善であり、成長するうちに悪を知ってしまうという「性善説」。一方で人の本性は悪であり、生きていく中で善を学ぶというのが「性悪説」です。「The ...
パーティや飲み会の場で話の中心にいる人を見たとき「自分もあんな風におもしろくなれたらなぁ」と思ったことがあるかもしれません。「The School of ...