もしも、ゴッホが「ポップカルチャー」を描いたら…

ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。

当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、それから程なくして「夜のカフェテラス」というゴッホの絵が気に入って、アートプリントまで購入したっけ。さらには、オランダへと渡り、ゴッホ美術館にも足を運んだ。告白しよう、僕はゴッホのファンだ。

だから、正直これらの作品を見つけた時「ケシカラン!」と内心思った。だって、日本でもおなじみのキャラクターたちが、あのテイストを背景に描かれちゃってんだもの!

#1
スヌーピーとウッドストック

560e96a1643a02bc5e54f429e46b28532197c992

#2
カオナシ

Ece7a68bd802929c36333c062fccf7d1850d7046

#3
トトロ

A59c351db34c3eb578a93a24e31ae5cbc0388136

#4
グレイトフル・デッドベア

8650ff95dcab462e2a21a3f7be64461e77df57e4

#5
ビーバス&バットヘッド

5cfacb5a9ce24964dfdb134cfc6d9d49683a358f

#6
ポケモン

182fc42d1cc7a040646726f75effdfb32302acd9

#7
マリオとヨッシー

A00031f2bea12736d9d4ef42f2ff068a0f9732a1

#8
スポンジ・ボブ 

925e5a51ada2a8cc32197bfed74e87a64191028c

#9
くまのプーさんとピグレット

1f40ddfc69d6dd3789a5e038a766c52a374f858b

#10
バック・トゥ・ザ・フューチャー

6f214bea60332619eabd403f71ade7e358fec1bd

#11
サウスパーク

0478e0ba9b935aa0acd97f8731a525414c803654

#12
チャーリー・ブラウンとスヌーピー

4df4f065a68d6956cce0ba03ffa382d0e0ec5d38

一連のシリーズ作品は、アジャ・クシックというNY在住のアーティストによるもの。「いったいどんな人物だ」とリサーチしたところ、彼女の一貫したコンセプトに目が止まった。

曰く、ゴッホが見ていない世界は何かと考えることからスタートしこれらのスタイルを思いついたのだとか。要するに、アンタも僕と同じようにゴッホに影響を受けていたわけだ。だったら、まあアリか。

記憶や想像でははなく、眼の前にある人物や風景を独特の描写で描いたゴッホ。しかも、先人画家の模写をすることも多かったという話も残っている。こんなことはあり得ないけれど、もし仮にゴッホがこうしたアニメーションを観ていたとすれば、意外とアジャのようなタッチになっていたりして…。

Licensed material used with permission by Aja Trier, (Facebook), (Etsy)
さほど美術に詳しくない人でも、一度はフィンセント・ファン・ゴッホの作品を目にしたことがあるはずです。そんな彼の生涯を描くアニメーション映画が、現在ポーラン...
ある日、とある美術館に飾られたポートレートに、描かれていないはずの「足元」が出現しました。これは、上半身だけのポートレートに下半身を描く「Portrait...
水圧転写させて絵画を描く「エブル」は、マーブリングを意味するトルコ語で、墨流しなどと類似しており、水の上に絵を描く特殊な技法です。と、小難しい話はさておき...
古来より、日本では武将や天皇、ヨーロッパでは王族や貴族などが、その時代の有名または新進気鋭の画家たちに描かせてきた自身の肖像画や領地の絵。今でも有名画家に...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
どんなにスゴイ場所でも、どんなにステキな建物でも工事中のバリケードがあるだけで、全て台無しになってしまう。だったら、美しい展示作品で壁を作れば、景観を損な...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
ムンク、ゴッホ、ピカソ…誰もが一度は目にしたことがある有名どころの絵。それらをポップなトーンで落書きしているのは、バングラディシュのアーティストDoodl...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
サンフランシスコ近代美術館のサービス、「Send Me MOMA」はキーワードや絵文字を送ることで収蔵品からそれにあったアートを紹介してくれるというもの。...
芸術作品をスマホをかざすだけで、その作品の説明や作者の生い立ちが表示される美術ガイドアプリ『Smartify』。AR技術により生み出されたので、パシャっと...
ゲームや漫画のキャラクター、ドリンクブランド、ファーストフードブランド…見覚えのあるポップアイコンが破滅している。そんな世紀末的な作品を描いたのは、チェコ...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
「寒天培養」と聞いてピンとくるでしょうか。ナニソレ?という人のためにちょっとだけ説明すると、つまりはシャーレの中に寒天培地をつくって細菌を培養すること。培...
パリの一角に突如現れた、ポップなカラーに彩られた空間。よくよく見てみると…なんと、バスケットコートのようです。このアートを手がけたのは、フランスのファッシ...
紙の上に置かれたグラス。でも実はこれ…。なんとイラストなんです!これは、ハイパーリアリズムと言われる超リアルな「3Dアート」。描いたのは、インドのムンバイ...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
フィンセント・ファン・ゴッホにフランシスコ・デ・ゴヤ、ジャン=フランソワ・ミレー。美術史にそれほど造詣が深くなくとも、彼らの名は一度くらい聞いたことがある...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...