「ブラ外し」のケーススタディ動画が、かぎりなくピュア!

好きな人とベッドイン。

でも、事を済ませるまでにはいくつかのハードルがある。その第一関門とも言うべきなのが「ブラを外す」ことではないだろうか。男性としては、ここをスムーズにクリアしたいところ。

だけど、みんなどこで練習したの?

これは人気動画サイト「CUT」による、女性の協力のもと行った、3人の男性が初めてブラを外すところを記録したもの。

彼らの練習、ここまで色々なシチュエーションを本気で想像しているところがイイ。

Practice 01.
様々な種類のブラを外す

298ab5714e1176a838940abf57adfcc4fbeedd34B41745cc0b2c0e648ee82b44827691fefefc38c101665cb4772137bb5db4596a0affc4416aa2ad27

後ろのホック、前のホックなど様々な種類のブラを外す。

なかなかできない彼らに、「そこをつまんで、引くのよ」とアドバイスする彼女に感動。全ての女性がこうだと男性も気がラクかも。

Practice 02.
見つめ合ってブラを外す

8f82720bcd8582b834a3e7d378759d73eafed87eCb9874ba3fb1028856ec4a277ffd064f4d8315e8

「やあ、調子はどう?」と思わず話しかける男性。

やっぱり見られると緊張しちゃうし、なかなか手元に意識がいかないもの。

Practice 03.
目隠しをしながらブラを外す

4668126c8ade19f710f0c7f0344c0f86377900e4D1500cecde6e833b4512ae1cf5de73dc7212462e

これは暗い場所を想定したケース。

確かに、見えない時は少しもたつくことがあるかもしれない。

90a02581d173fde41dcdcbbfdbbfb0676134c239

おっと、こんなアクシデントも。見えないから、しょうがないよね…。

Practice 04.
15秒でブラを外す

09a1fda52ebbf23c6e1669cfeb0190141451fb42

想像して。今は夜。私たちはもう準備OK。

だから、できる限り早くブラを外して。

でも、破らないでね(笑)

と、女性が言う。

19820819df5b74ba62a45fbd3ebcd3692ef396fc

でも、焦るとなかなか外せない様子。なんとなくこれは分かる気がする。

Practice 05.
歯でブラを外す

Bfcbb7c7127d8b7b977f340d412bb7ec88330212

ちょっとここから過激に。

じゃ、何か違うことをしよっか。歯だけで外してみて

と言われて驚く彼ら。

でも、必死に外そうとする姿にピュアさを感じる。

B76963fa6cc3bbfea48f859a0f1979f22481831c911105223f123a2364b57d6f1673535eb851aac710876706a57c72f8b350a2380ce7795cb0e6ab16

これは成功者が出なかった。

そこで女性が「ただ、ブラによだれをつけただけね」とあっさり一言。

え、そんな厳しいこと言う?

Practice 06.
ダンスをしながらブラを外す

B4e6821960f2f8eeb5e275bdea30b5a48607d7ca6afb2b418e1ba489d14c150b26a994e6ceb68dcd

最後はダンスをしながら外す練習。ヒートアップしたらこんなこともあるのかもしれない。それよりも、女性がノリノリで印象的。

でも、ここまでくると彼らも手慣れてきて、みんな成功。それにしても、外した時の彼らの表情は何か勝ち誇ったようす。 

もし再生する時は、後ろの人に見られないように気をつけて!

Licensed material used with permission by Cut.com, (YouTube), (Facebook), (Twitter)
胸を締め付ける「ブラジャー」から解放されたい!そう思う女性は意外と多いみたい。今回、ノーブラ生活を勧めている「Elite Daily」のライターAshle...
あなたが急遽、パーティーに参加することになったとします。背中が開いた服を着たいけど、ストラップが見えるのはちょっとイヤ…。 そんな時でも安心。パーティーや...
服を着る「手順」のひとつとして、毎日当たり前のようにつけている「ブラ」。でも、たまには外したまま出かけてみませんか?そう提案するのは「Elite Dail...
あなた今つけているそのブラ、本当に必要でしょうか?もちろんブラは女性としてのエチケットとも言えますが、今回「Little Things」の記事でライターの...
毎日着ける下着。着心地や素材など、こだわりを持っている人も多いはず。ライターのRebecca Endicottさんは「多くの女性はブラジャーに強いこだわり...
このおしゃれなトラック、なんだと思いますか?実は、下着屋さんなんです。オンライン下着ブランド「True & Co」が行っている「Try-On Tr...
いつも、側で支えてくれるお母さん。喧嘩をするときもあるけれど、それは私たちのことを思ってくれているから…。お母さんにはずっと元気で笑っていてほしい。だから...
街中で、一番多くの人々の視線が集まる場所、それは・・・女性の胸元かも。露出が多い夏などは特にだが、無意識に見てしまっている人も多いのではないだろうか。そこ...
アメリカでは98秒に1人の女性が、性的暴行の被害に遭っているそう。日本でも女性の性暴力被害に関する法改正が行われたりなど、国にかかわらず大きな社会問題とな...
バストが大きい。そんな女性たちが毎日抱えている悩みーー。その重大さを男性にもわかってもらおう!ってなわけで、女性用下着のなかでも、品質、デザイン、フィッテ...
エシカルファッションブランドのHARAから女性ならではの悩みを軽減する竹からできたブラジャー。ホック、ワイヤー、厚いパットを省き無駄のないランジェリーに仕...
アメリカでは、LGBTQなどの自分のジェンダーを公にする人が多くなっています。ここで紹介する「Cut.com」の動画は、見た目から性的指向を当ててみようと...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
花火大会やお祭りの季節が到来です。浴衣で夏気分を満喫したい人、そろそろ着付けの練習を始めませんか?動画と併せて「ここを押さえておけば着崩れしにくい」襟と帯...
ライター Laura Argintar氏が、自身の“スリムな胸”をカミングアウトした記事が「Elite Daily」で話題騒然です。同じ境遇の女性たちへの...
2016年11月26日は「Sex Pistols」の楽曲『Anarchy In The UK』のリリース40周年記念日。そのため、イギリスでは年間を通して...
それぞれの国のTPOによって様々な挨拶の様式があります。動画メディアの「Cut」がそれぞれ国の挨拶をありのままを紹介しています。友達同士から、目上への挨拶...
主に女性における「美」の変遷を10年ごとに刻んで再現した動画『100 Years of Beauty』。これまでにアメリカ編やロシア編など15ヵ国を対象と...
この動画は2011年に投稿されたもの。ですが、いまもYouTubeにコメントを残していく人が絶えません。海外の学校でも定期的に再生されているようです。非営...
2分30秒後、あなたも「フォース」を感じずにはいられない…。動画の中で、あなたはジェダイの騎士になれる!この動画は、アメリカの映像制作会社「DEFY Me...