【コラム】「野蛮な」フィリピン文化が嫌だったけど、今は誇りに思ってる

フィリピンにルーツがあり、現在はアメリカで過ごすCeleste Nocheさん。彼女は小さい頃「自分のアイデンティティに引け目を感じていた」と言います。

フィリピンの伝統文化である「kayaman(手で食べること)」について彼女が綴ったコラムには、文化と多様性について、考えさせられるものがありました。

「手」で食事をする
フィリピンの伝統文化

4602e94e881d868ca2c7dd1f6f2352980a694af5

今でこそ、ほとんどのフィリピン人はスプーンとフォークを使って食事をするけど、伝統的には「手で」食べていた。

「kamayan」と呼ばれるこの作法は、元々フィリピンの一般的な食べ方だった。しかし、16世紀にスペインが植民地支配を始めて、カトラリーが持ち込まれてからは、大きな祝いの席や祝日、あるいは文化を学ぶときくらいにしか手を使わなくなった。

「フィリピン人はお互いに食べさせ合うことで、愛を表していました。また手で直接食べ物をつかむことで、その栄養を、そして大地を感じていたのです」

ポートランドの女性活動家・Katherine Princeさんはこのように語っている。

「バナナの葉のお皿から手で食べると『あぁ、食べ方さえも植民地化されていたんだ』と気付きます。この伝統的な食べ方をすること自体に、意味があるのです」

E367ae120bc95f82c77e84da84c0e2ae42b0099a
Photo by Celeste Noche

「kamayan」は手で食べる行為を表す言葉だが、「kamayan料理」というと、バナナの葉の上にのせたごちそうを意味する。

何をのせてもいいが、一般的には、炒めたり揚げたりした料理に、ライスを添えることが多い。スープは手で食べにくいため、あまり見かけない(ただし本当に決まりはなくて、私の母はよくスープを出していた)。

ここで、基本的なkamayanの作法を紹介しよう。

1.手を洗いましょう。

2.片手で食べましょう。もう片方は、飲み物のために綺麗なまま残しておきます。

3.食べ物をとるときは指先で(手のひらで握らないこと)。

4.指で食事を掴んだら、親指を使って口に押し込みましょう。

人それぞれ違う
食卓の思い出

ひとくちに「伝統」といっても、人によって捉え方は様々だ。そこで私は、友人たちに「あなたにとって『kamayan』ってなに?」と尋ねてみた。

彼らはみんな、それぞれ異なったバックグラウンドを持っている。フィリピンで育った人にアメリカで育った人。物心つく前からずっと「kamayan」で食べていた人もいれば、大人になって初めて手で食べた人も。

そんなバラバラな私たちの共通項は、フィリピンの伝統を大切にしている、ということだけだ。

フィリピンの伝統料理を取り入れたディナー「Twisted Filipino」のクリエイターである、Carlo Lamagna氏。フィリピンで育った彼にとって、kamayanは思い出深いものだった。

「我が家はいつもガレージに集まり、楽しくわいわい食事をしていました。もちろん、kamayanで。

各自バナナの葉を2枚持って、食卓に置きます。そして市場で買った食材を使って、Pinakbet(野菜に魚やエビのソースをかけた料理)やdinengdeng(発酵させた魚やエビのペーストが入った野菜のシチュー)、tortang talong(グリルしたナスのオムレツ)など、その日に食べたいものを何でも作りました

今でこそkamayanは、尊重すべきフィリピンの伝統と捉えられている。しかしかつての植民地支配の影響から「手で食べること=はしたないこと」と考えられていた時代もあった。

スペイン人が西洋の文化を持ち込んだとき、フィリピン土着の文化は「野蛮」とみなされた。そして、彼らが去ってから200年が経った今も、まだどこか西洋優位の心理は残ってしまっている。

ポップアップレストラン「SALO」のシェフ・Yana Gilbuenaさんの思い出は、こうだ。

「私の祖母はまさに西洋風の“レディ”でした。彼女にとって、スペイン文化=“正しいもの”だったんです。綺麗にセッティングされたテーブルに、ピシッと背筋を伸ばして座る、というようにね。

『手で食べる方法』を教えてくれたのは、コックさんでした。3本の指でライスとお肉をつかんで、親指で口に押し込むのよ!ってね。初めての時は、ライスが床に散らばっちゃって。『いつも“正しすぎる”から、そうなっちゃうのよ!』と、彼女には冗談を言われましたね」

一方で、シカゴでフードメディアやイベントを運営している「Filipino Kitchen」のSarahlynn Pabloさんは、kamayanといえば祖母を思い出すそう。

「もう亡くなってしまいましたが、私の祖母は普段から“kamayan式”で食べていました。側に金属のボウルを置いて、食事のたびに手を洗うんですよ

ポッドキャスト「Bread and Roses」を配信しているPamela Santosさんも、同じように感じているようだ。

「我が家の食事の半分、祖母に至っては99%がkayamanでしたね。手で食べると何だか自由な気持ちになれたし、道具に頼らないことを学べました。kayamanは、自分がフィリピン人であることを思い出させてくれます

祖国のアイデンティティを
色んな人に伝えたい

C69bbfc7a47746b63524c4a2138d298a153c9d70

アメリカで育ったフィリピン人として、私は子どもの頃、フィリピン文化にコンプレックスを抱いていた。

白い肌が良いとされていたから、日焼けしたときには手渡されたパパイヤ美白石鹸を素直に受け取った。タガログ語も学ばなかった。ランチにはサンドイッチを持っていった。ある特集で、バロット(孵化直前のアヒルを使ったフィリピン料理)を見ても、何も響かなかった。

ときに欧米のメディアは、私たちの食事を「奇妙」と表現して、西洋とは「違うもの」と認識させる。これは、誰でも歓迎するkamayanとは対照的だ。私の母はいつも、飛び入りの客も食卓につけるように、多めに食事を用意していた。そして「もうごはん食べた?」と聞いて、誰でも歓迎していた。

1b110eed4d6a3a27cbe54e5cff725e84a2fe2974
Photo by Celeste Noche

「kamayanは、ときに野蛮で不衛生なものとして見られます。でも私たちにとって、大切な文化なのです」

と、私の友人のひとりは言う。

フィリピンでは、食卓は大切な学びの場でもあります。

いとことどっちがカニを食べるかケンカしたときは、解決することを学びました。祖母と一緒にお米を握った時は、協力することを学びました。叔父は、料理に手をつけないと全部食べられてしまうことを教えてくれたし、叔母は、レモンを使って手をきれいにする方法を教えてくれました。

kamayanは、愛を育む家族の時間なのです

この話のどこにも「奇妙」な点はないはずだ。

今日、フィリピン料理がアメリカのメディアでも取り上げられ始めている。これは大きな一歩だ。kamayanを語ることで私は、フィリピンの文化をもっとみんなに伝えていきたい。

Written by:Celeste Noche
Licensed material used with permission by Food52
「私たちは、東西両方の食材の中に共通点を見つけて、自分たちだけの食文化を作っていった。そしてそこにはいつも、あずきがあった」台湾人の母を持ち、アメリカで生...
「とにかく、どこかに行きたい」。そんな思いを持ち続け、留学を決意した。少しでもコストを抑えよう、と選んだのがフィリピン。不安を抱えたまま始まった、フィリピ...
「本気で英語を身につけよう」と、有給休暇をつかって海外へ語学留学をするビジネスパーソンが増えているそうです。でも、アメリカやイギリスといった英語ネイティブ...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
10月25日より、3日間の日程で来日中のフィリピンのロドリゴ・ドゥテルテ大統領。麻薬撲滅戦争を掲げ、今年6月30日に就任以降も、歯に衣着せぬ物言いで存在感...
2017年5月11日。フィリピンのリゾートビーチに突然姿を現したのは、全長3メートルにも及ぶ巨大なクジラの「死体」。苦しそうに開かれた口からは大量のゴミが...
マニラ・ボラカイ島・セブ島・マビニに展開している「フィリピン・マーメイド・スイミング・アカデミー」は、知る人ぞ知る学びの場。必要な講習を受ければ、なんと人...
フィリピンのおよそ7,000の島々では、現代でも電力インフラが不足しており、明かりのない生活をしている人々が多いらしい。これまでは、石油ベースのオイルやロ...
少子化中のフィリピンがドゥテルテ大統領下で100の国公立高校・大学を無償化すると発表。日本でも近年高等教育の無償化の是非が議論されているが、いわゆる「富裕...
「この島で彼と生きてゆけば、私は絶対に幸せになれる」そんな直感に突き動かされ、日本での何不自由ない生活を捨て、世界最貧困レベルに属するフィリピンの小島へと...
今、フィリピンへの英話留学が、にわかに注目を集めている。ここでは、実際に家族(!)で留学した安達さん一家を取材。その人気の秘密を探っていこう。■フィリピン...
米旅行情報誌『Condé Nast Traveler』が主催する「世界最高の島」。およそ77,000人の読者から選ばれた、2015年最も美しい島が決定した...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
現在、フィリピンの海は、過度の漁獲量、観光地化、プラスチック廃棄物や有毒製品による大規模汚染などによって深刻な脅威にさらされている。そんな背景から、パラワ...
「伝統文化の継承が危惧されている」、近年はそんな話をよく耳にする。要因はさまざまだろうが、この記事のテーマとなる「鬼瓦」は、生活様式が多様化したことの影響...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
「Food52」のMeghan Shepherdさんがインタビューしたのは、銀行員というキャリアを手放し、牧場で新たな人生をスタートさせた29歳の女性・K...
イングランド南部にあるデヴォン出身のアーティスト「James Doran」氏が創りだしたのは、流木を使ったアートだ。一切加工されておらず、スチールの支柱を...
海外に行くと、日本とは全く別の文化に刺激を受けることがあります。滞在中に現地の人と関われば関わるほど、その驚きや学びはさらに深みのあるものに。でも、多くの...
Twitter、Facebook、Instagram、どのSNSにも溢れている食べ物の写真。プロアマの垣根を越えて、およそ100万もの「グルメフォト」が毎...