壊れた家電家具の駆け込み寺になってる「リペア・カフェ」って?

先日、炊飯器が壊れたので、ある家電量販店へ修理を依頼しに行った。

すると、修理費を見積るのに前金が必要で、もし、見積もりが高く、修理を中止にする場合は、預けた金額の50%は戻らないとのこと。僕は迷った挙句、壊れた炊飯器を持ち帰ってっきた。

修理するより、新品の方が安いことが常識ともなっている中、壊れたものは捨てるしかないのか?だからかもしれない、余計にこのオランダの取り組みが気になったのだ。

ボランティアが無料で
「リペア」してくれるカフェ

B592e75098e093eadc4487ac37488f6166f87348Df9ec83bc2337f06a6e666778de678bd8278a9cd

じつは、この「リペア・カフェ」は、実際のお店ではない。壊れたものを持ち込むと無償で修理してもらえるのコミュニティ型のソーシャル・イベントなのだ。市民会館や集会施設などで定期的に開催され、壊れたものを修理専門家のボランティアが直してくれるという。

対象物は、家電に限らず自転車、おもちゃ、洋服まで多岐に渡る。もし、参加者自身も腕に覚えがあるようならば修理側に回ることもでき互いが助け合える仕組みもなっている。もちろん、コーヒ−でも飲みながら修理を待つだけでも大丈夫。

95630aef260c6a970d9e0db668c97e08043c0c753f09a6fe463921627fe6dc69ab4df185eb9e62db

こちらは参加者「私たちは使い捨ての社会に住んでいる。よくないわよね。もし、修理できるならやるべき。もう十分に無駄してきたんだから」。イベントに集まる人々は、高い意識を持って参加しているようだ。

2297460b306981cf3d3d82929d9926701093716cE2b7d86e74c26c5e954a54cb69486378443a56e3

こちらはボランティアの修理人。「もう一度、動けばいい感じに思えるだろ。考えてみれば分かることだよね。中には、父親からの形見だってあるんだよ」。修理をしてもらった人だけではなく、修理する側も嬉しそう。まさに、Win-Winの関係だ。

74de865f0f4bcceae1e9a801867ab1717c3d2d82

「ベルギー、ドイツ、アメリカ、ブラジルにも、リペア・カフェが拡がりつつあります」と話すのは、リペア・カフェ財団のディレクター、Martine Postma。49ユーロ(¥5,800円)のデジタルスターターキットで、誰でもリペアカフェをスタートできるようだ

修理って意外と簡単にできる!

このリペア・カフェの狙いには、修理って意外と簡単にできると参加者に伝えることにもある。モノを捨てずに修理して使う。それは、価値を見直すきっかけにもつながる。モノを直す過程を眼の前に、自ら、修理を覚えられるなんて一石二鳥でもある。「モノを修理したい人」と「修理がしたい人」を集わせるリペアカフェには、オルタナティブな価値が生まれ続けている。

これまでで、ユニークなリペアについて財団側に聞いてみたら、次のような答えが戻ってきた。

「おもちゃのパトカーかしら。壊れていたのは、サイレントとランプ。そんなに特別なものというわけじゃないんだけど、2歳と4歳の兄弟が修理をする間、じっと眺めていてね。おもちゃが直った時にすごく喜んでいたの。それが印象に残ってるわ」

「他には、回転式乾燥機。あんなに大きなモノを持ち込む人は、珍しいんだけどね。でも、こちらとしては直してやるって気にもなるじゃない」

日本でも5つの団体によって
リペアカフェは開催されている

2010年にオランダではじまったこのイベントは徐々に賛同を集め、2011年には財団化され、現在は世界へも展開している模様。

ということは、日本にもあるかも知れない!早速、「リペア・カフェ」のサイト調べてみると見つけることができた。東京に2つ、逗子・大阪・神戸には各々1つと計5つの団体によって開催されているようなのだ。早速、僕は、次回開催の予定を教えてもらえるように、東京と逗子の3つにメールをいれた。あの炊飯器を持ち込んで修理してもらおうと考えているのだ。

モノが壊れたら、粗大ゴミとして捨てる、新品に買い換える、のではなく、リペア・カフェという新しい選択肢が加わる。大量生産・大量消費の世の中に待ったをかける取り組みとして、さらに普及することを願っている。

Licensed material used with permission by Stichting Repair Café International, zwaan.tv
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
10年前の2006年、アメリカのデンバーに誕生した「SAME cafe」。当時、市としては初のNPO(非営利)レストランでした。そんな、募金やボランティア...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
木目が特徴的なこちらのアイテム。実は「割り箸」からできています。年々増えている使い捨て箸への問題意識から生まれたプロダクトです。アジアン料理のブームが巻き...
街中に突如現れた巨大な動物のアート。独特の質感とインパクトで、見る人の心を掴みます。よくよく見てみると、このダイナミックな動物たち、何かを集めて作られてい...
これは、いくつものシステムキッチンを店舗に集約して、時間貸ししてしまおうというIKEAのアイデア。実際にロシアで行なわれたこの取り組みは、ネットでキッチン...
レバノンに大きな住宅革命が起ころうとしている。「Lifehaus」と名づけられた家は、100%の自給自足を目指しているのだ。電気、水、食料…といったライフ...
新聞や雑誌の切り抜きを利用した、コラージュ作品を得意とするイギリス人アーティストのJoe Webb氏。パソコンによる加工を一切施さず、ただ切って貼るだけの...
ファスナーのトラブルって、案外多いものです。お気に入りの洋服やバッグだったら大ショック。なんとか、直そうと四苦八苦するものの、徐々にイライラしてきて…「ん...
新しい服を買うのは、いつだって心躍るもの。でも、古くなった服についても少しだけ思いを馳せて身ませんか?もうそんなに着ることはないけれど、捨てるのはもったい...
骨の髄まで料理にしてしまうほど、あらゆる料理法が確立されている中国。ところが、急速な経済成長による外食産業の発展とともに、お客の食べ残しや、余分に仕入れた...
世界ではまだ、多くの国が難民の受け入れに慎重な姿勢をとっている。人種のるつぼだったアメリカも、大統領が変わり、その温度は急速に変化しているんじゃないだろう...
ノルウェーの首都オスロでは、英断すぎる交通規制計画が発表され、世界をアッと驚かせています。なんと、2019年までにオスロ中心部約3km圏内への自家用車の乗...
スマートフォンに関して、悩ましい問題のひとつに“ケーブルちぎれ問題”がある。毎日、充電するから負担がかかるのは当然だけど、繰り返し買い直す人も多いのが事実...
場所は、NY・ブルックリン。閉店間際のカフェで、ひとり静かにコーヒーを飲んでいたJerryさん。そんな日曜の夜のカフェで起きたのは、美しい奇跡のような出来...
2016年4月5日(火)、北青山の路地裏に新しくオープンした「GLOCAL CAFE(グローカル・カフェ)」。世界と日本をつなぐ「Global Minds...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
窓際のソファ席、フリーWi-Fi、電源コンセント、あとはおいしいコーヒー。それを勝手にカフェに求めているワガママな客は、決して私だけではないはず。ワーキン...