「これが、人生最後の顔になるかも」仏・交通安全キャンペーン

いけないことだと分かりつつ「クルマが来ないから」と信号無視をして横断歩道を渡ってしてうこと、あるのではないでしょうか。でもそれって、あなたが思っている以上に危険なことなのかもしれません。

そんな注意を促すため、フランスである交通事故のシミュレーションが行われました。

信号無視をしたら
突然の急ブレーキ音!

一般の人をターゲットにしたこのシュミレーションは、毎年4,500人もの歩行者が交通事故の犠牲になっているという、イル=ド=フランスで実施。

Faf913b65f51746d85a916041a74fa8b57de970e

まずは、赤信号で渡っている歩行者を発見。

D04fd2486766d23be92f3462e8c4471b7bb6bada

すると、横断歩道のすぐ横にある電子広告パネルから、車の急ブレーキの音が流れます。歩行者は自分が轢かれてしまうと思って、パニックに!

E2efa41dd166c5cbca06d447e5a068e3e54096e4

そのときの表情を、電子パネルについているカメラでパシャリ。

7111c0b4c2dd1203fae5a69501c83f2c5bda342b

その写真はすぐに「これがあなたの人生最後の表情ですか?信号は守りましょう」という警告とともに、表示されます。

ある女性の場合

誰も、パネルを見るまでこれがシュミレーションだとは気づきません。

Fcddc7a096b02bfdb1aaf387193d146fde4ae216

赤信号なのに渡ってしまった女性。パネルから急ブレーキの音!

A21875da6b58bf1948f0ae10502a3eb2ac01ae2aEcef5823e5385f0745b38ce7aec18f7106329a52

この写真は
そのままキャンペーンに

このシミュレーションは、フランスの交通局が5月15〜28日に実施する「交通事故防止キャンペーン」のために行ったもので、このときの写真やビデオは、そのままポスターや宣伝ビデオとしても使われているのです。

8daa59d61893860c7aafbdd07deb485c1d78fd116c6b4fefc58758a9676bc6b518c4aa0dacf9b5b78d2f41dacc8b9ca8855f4ec80fec469a219f98136f413af7f6fff91dfaecd954d7cb5c0d5712ec88

一般の人からすれば、こんな形で有名になるのは避けたいところですが、交通事故は何気ない日常の中で起こる悲劇。

では、最後にもう一度。

これが、あなたの人生最後の顔ですか?

Licensed material used with permission by Serviceplan France
事故を軽減しようと、最新のテクノロジーを駆使して、これまでにない横断歩道を開発しているのはUmbrellium。まだ試作品ということだが、歩行者に合わせて...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
世界中、どこに行っても横断歩道は基本的に“無機質”なゼブラ模様ですが、スペインのマドリード郊外には、こんなカラフルな横断歩道が出現しています。渡っている画...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
思わず「この発想はなかった!」と言ってしまいそうな「横断歩道」のデザインをご紹介。これならどれだけ人が多いところでも、対面の人とぶつかりそうになることなく...
自転車の交通ルールは、2015年6月に道路交通法の罰則規定が強化され、3年以内に2回以上危険行為を繰り返すと、都道府県公安委員会から自転車講習を受ける命令...
昨日9月9日、全国のスターバックス店舗で、あるキャンペーンが実施されました。それは、ドリップコーヒー、エスプレッソビバレッジ、コーヒー風味のフラペチーノを...
人はなぜ、間違えて記憶してしまうことがあるのでしょうか。例えば、デートの時に相手がかぶっていた帽子の色が思い出せなかったり、交通事故の証言が人それぞれ食い...
1年前、交通事故で左手小指に傷を負った。第1関節より前の骨が砕けてなくなったのだ。10年間、乗り続けたVespaは廃車になり、俺はバイクに乗ることを止めた...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
「もしも今日が人生最後の日だったら、どんな1日を過ごしますか?」これ自体は、よく耳にする質問だと思う。でも、本気で自分に置き換えて考えたことはあるだろうか...
その姿はまるで、ヌンチャクを自在に扱うジャッキー・チェン。はたまた、優雅な演技を魅せるバトントワリング選手―。Twitter投稿からわずか5日で10,00...
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
パリから北西フランス、または南フランスを巡る旅に出発し、その模様を動画で伝える。現在、そんなフランス旅行の「公式レポーター」を募集するキャンペーンが展開さ...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
そんなこと、普通は考えもしません。それならば、この機会にちょっと思いを巡らせてみませんか?以下は、オーディションで選ばれた実在する一組の家族。全員で...
仕事で疲れて家に帰った後、ゆっくりしたいけれど仕事のメールは無視できない…。これ、ビジネスマンの悩みのひとつですよね。でも、今後はそんな心配がなくなるかも...
ここで紹介するのは、アメリカのメディア「Higher Perspective」に掲載された「6つの仏教の教え」。それは、あなたの人生を変えてしまうほどの可...
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
恋愛を楽しむことよりも、自分ひとりの時間を大切にしたいと考える傾向が強い「仏男子」の特徴について、具体的な項目を7つに絞り、掘り下げていきましょう。周囲か...