ストレス覚悟の「大人の塗り絵」は、ちょっとヘビーな題材がポイント

すきま時間にどこでもできて、手軽で、しあがりの美しさに心も癒される。単純作業なのにどっぷりハマる没入感からか、「大人の塗り絵」が世界的な人気となったのは周知の事実。

でフツー塗り絵といえば、ペン画に合わせて、好きな色を好きな場所に塗っていくことでデザインしていくもの。けれど、この一冊はちょっと勝手が違うようだ。

塗ることで見えてくる
「気候変動」の現実

9a6f16c0b7894675e73dcdd30e42793322d7f293

Climate Change Coloring Book」、これはカラーリングをしながら気候変動によって変わりゆく世界の現状を知る塗り絵ブック。なんだか学習教材のようだけど、制作者の意図はあくまで塗り絵だそう。

Df57e247ca720b8c6c092fad92b94062acba170a

40ページ、20以上のアクティビティは、読むこと、塗ることの両面から気候変動の実態を知ることが目的だ。

そのための情報ソース(海洋大気局、環境保護庁、NASA、国立雪氷データセンターなど)も、すべてアメリカ各研究機関の最新のデータを元にしているというから、やっぱり、これだけでも教材として十分成立するではないか。

北極海氷の縮小化

1d765da9158db7712673efa9d1aa33621918837f

北極海の氷面積が20年前に比べどれだけ減少しているかを、インドの国土とサイズを比較しながら示したもの。

温室効果ガスの排出量比較

E0338cbd99b17cf1825c6e41e528b86848fc2025

アメリカ各都市の人口密度に比例して増え続けているのが、日常生活における温室効果ガスの排出量。そのレベルをペンの色を変えて示していく。

世界的な森林伐採

63bcadf119dc02a9bcfefdf560a322ddd4ec5e90

こちらは、過去四半世紀あまりで世界からどのくらいのスピードで森林が消え去っていったのかをイメージさせる塗り絵。円形に描かれた20のサッカー場を1分間でできるだけ早く塗りつぶしていくというもの。

温暖化がもたらす海面上昇、氷土面積の減少や、大気汚染の現状を塗り分けていく。だけど、目の前のカラフルなノートとは対照的にきっと現実を色で表すならば、モノトーンなんじゃないだろうか。

これではせっかくの気分転換も、逆に気が滅入ってしまう?な懸念も見越してのことだろう、そこにはちゃんと前向きな未来予想図も。悪影響だけでなく、気候変動を食い止める解決策にも焦点を当てたコンテンツが用意されているようだ。

本質的な問題を
ジブンゴト化するための塗り絵

2383d656226891c24f786d099a076d03ce344eb50b54a64be25ba767cd302c5010b373067a7815bd

政治レベルにおける科学的合意と、人々の共通認識のあいだには、まだまだ大きなギャップがある」こう主張するのは、制作者Brian Foo。彼はアメリカ自然史博物館でビジュアルデザインを担当する専属アーテイストでもある。

自然環境の変化を示したチャートや文献は、情報を収集するには役立つ。が、そこから一歩踏み込んで吸収し、根底にある問題を自分の中に落とし込むための施策。ブームが定着した「大人の塗り絵」に目をつけ、それを融合させたのがおもしろい。

言うまでもなく、本は100%再生紙、野菜ベースの無害なインクを使用したエコフレンドリーなプロダクトだ。最後にコレ販売予定だというから、興味があれば、ぜひKickstarterへ。

Licensed material used with permission by Brian Foo
子どもの頃、塗り絵が好きだったという人も多いかもしれませんが、近頃海外では大人の間でブームになっているそうなんです。没頭することでストレスを発散し、リラッ...
大人の塗り絵の人気が止まりません。ストレス解消、脳トレ、新たな趣味の発掘…ハマる理由も人それぞれ。ここで紹介するのは、最近話題の大人気塗り絵アプリ。モバイ...
塗り絵ブームはより広がりを見せている感がありますが、お気に入りの写真を塗り絵にできたら楽しさがアップしますよね。「Color Me Book」はそんな思い...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
こんな本、見たことがあるでしょうか。地上の家から光かがやく月までを冒険しながら進んでいく、世界一長い塗り絵です。好きな色を使って、自由に塗り進めながら、未...
地球の気候変動の原因は人間由来である。というのは国連の専門家の主張としても知られていますが、中には懐疑論も存在し、温暖化現象は自然のものであるという意見や...
人が生活していくのに絶対に欠かせない「水」。でも、自分たちの周りにある水は、本当に安全だと言えるでしょうか?ライフスタイルブランド「The Lost Ex...
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
盆栽や苔玉など、ひと昔前では「古臭い」「敷居が高い」とされていた緑にポジティブな視線が注がれている昨今。すでに完成したものを購入するのではなく、自分たちで...
トイレットペーパーの製造には、年間約1,500万本の木が使われているらしい。この数字は、森林伐採理由の約15%を占めるとか。とはいえ、僕たちの生活に欠かせ...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
アニマルプリント柄をおしゃれに取り入れるのって、結構難しいもの。どうしても雰囲気が甘くなりがちだったり、チープな印象がつきまとう。こうしたイメージを払拭す...
私たちの多くがイメージするものとは、あまりにかけ離れたジャングルジムを本場(?)アメリカで発見。そのビジュアルは、もはやアートと言っていいほどデザイン性に...
エチオピア北部の町ゴンダルは、年間降雨量が極端に少ない地域。激しい干ばつに見舞われ、土壌もやせ細り、この地で農業を営む人々は町を捨て、他の地域に移っていく...
2015年より、毎年10月1日は「International Coffee Day(コーヒーの日)」。認知度はイマイチながら、今年も各地でイベントが開催さ...
憧れの「大人の女性」。年齢を重ねればいつか私も…なんて思っていたら大きな間違いです。いつまでたっても中身は「女の子」なんていう女性にならないために、読んで...
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
米ウェブメディア「Elite Daily」で人気の恋愛ライター、Paul Hudson氏。数ある彼の記事のなかでもとくに人気を集めたのが「大人の男性」と「...
質問:トイレに入って手を洗った後あなたの選択はどっち?①ハンドドライヤーで乾かす②ペーパータオルで拭く正直、好みの問題と言われればそれまで。でも、真面目に...
2016年1月時点での国連加盟国は193カ国。それらの国々の「国旗デザイン」に関するアレコレを、インフォグラフィックで分かりやすくまとめたのが「Flag ...