おきて破りの「超・時短クッキング」まさか…洗濯機に生モノ!?

フランス料理で用いられる調理法に「Sous vide(スーヴィード)」がある。空気に触れない状態で一定の温度を保ったまま、素材に火を均一に通していくというもの。昨今はやりの低温調理(真空調理)がそれだ。いくらその応用とは言っても……。

4193e6085ba3375b5bc6a47274eea5d7f63fbc9b

生モノを洗濯機に入れていいはずがない!

低温調理法を応用した
画期的アイデア…なのか

63b426a4dc52afc52dc46e0b12e9cbc6d396ac15

高密度ポリエチレン100%、耐水性に優れたそのバッグの名は「Sous La Vie」。

食材や調味料をダイレクトに袋の中に詰め込んだら、ロールトップのデイバッグよろしく、この洗濯物袋(としか思えない)のようなバッグで真空密封状態をつくりだし、そのまま衣類とともに洗濯機に放り込む。あとは、洗濯が終わるまで、じっくり火が通るのと、衣類がキレイに洗われるのを待つだけ、というシロモノらしい。

どこまで本気ナンダ!?

ご丁寧に用意された3種のバッグはそれぞれ肉、魚、野菜用。例えば野菜であれば、短時間で火が通るため、「コットンモードでスピーディーな調理がおすすめ」、「お肉の調理は合成繊維モードでじっくりと」、だそうだ。

未来型の「超・時短術」は、
誰トクなのか?

D169c9278c4e6691a7357d8ec1c7c26030d370f8

洗濯中に中身がこぼれ出ては元も子もない。当然ながら、素材選びは慎重を期す作業だったという。目をつけたのは、医療用滅菌包材や化学防護服にも使用される、最新の防水型不繊布だった。

それにしても、家事を1つにまとめてしまうこの発想、いったい“誰トク”なんだろう。

せめて、奇想天外なバッグのコンセプトだけでも知りたい。居てもたってもいられず、デザインを手がけたテルアビブの「gray-desing」に突撃。すると、アーティストから、思いもよらないトーンで返信が。

難しく考えてるのは、
見る側のほうだってば

2c4a19b556c167f7d8b65959ab8a5aef955a274f

以下はあくまで英文の羅列から受けた、ライターの解釈だということはことわっておきたい。でも、ほぼこんな調子だ。

「ボクにとって重要なことはさ、これを目にした人たちがどう反応するかってことでしかないんだよね。コンセプトはどこにあるか?とかさ、意味を探り当てようとすること自体ナンセンスだってば。

もっと単純でいいの。『こんなのアリかもね』っていう可能性レベルの話。単なるアートワークなんだから、マジメに捉えないでよ(笑)」。

狐につままれた気分とは、きっとこういうこと。でも、メッセージを受け取ってはじめて、それまで意識もしていなかった「Sous La Vie」というネーミングが頭から離れなくなった。

C'est la vie(セ・ラヴィ)
人生なんて、まあこんなもんさ

フランス人がよく口にするあのフレーズ、ほとんどそのままじゃないか!こうなるともう、完全にヤラレタ…なわけである。でもなんでだろう、イヤな気はしないんだ。

もう、こんな商品が世に登場しようが、パロディだろうが、そんなことどうでもいい。バカバカしい動画を大いに笑い飛ばしてやろう。

Licensed material used with permission by GRAY DESIGN, NOW THIS
出先でコーヒーこぼしちゃった!でも、この後大事な約束が…。そんな時にめちゃくちゃ役立つアイテムが登場しました。使い方がカンタンな上に、かかる時間が最短30...
ひとり暮らしやアウトドアには最適かも?足で踏むだけで使える、小型の洗濯機が話題!「Drumi」は電気が要らない超お手軽サイズのドラム式洗濯機。動画を見てみ...
節約、とくに水道代について考えたことは? 水道代は段階式に値段が上がっていくので一概には言えませんが、相場を見ると1リットルあたり約0.25円が平均となっ...
洗濯をするたびに、環境破壊に繋がる行為をしていたなんて…。私にはまったく悪気がなかったけれど、そんなこと言われたら使うしかないじゃない。このコロコロした手...
今すぐ自宅の洗濯槽を洗わずにはいられなくなる―。今回はそんな動画をご紹介。用意するのは、過炭酸ナトリウム(酸素系漂白剤)とお湯のみ。実は、これらを使うだけ...
時代が変わっても、そこだけ時が止まっているかのような場所があります。たとえばコインランドリー。一度でも利用したことのある人ならば、あの狭小空間で洗濯機や乾...
取り込んだ洗濯物をすぐにたたまず、バサッと床に置いておくだけでは、せっかくキレイに洗った衣類にまた汚れやシワが付いてしまう。かといってキレイにたたむには、...
もう、ありきたりなランドリーはいらない。こう断言するのも、いま世界規模で洗濯をするための空間が、新たなコミュニティスペースへと変わろうとしているからです。...
みなさん「エクササイズ」してますか?定期的な運動はカラダにもいいし、ストレス発散にもなります。ただ、運動が大事ってことは分かってるんだけど、仕事は忙しいし...
以前、TABILABOでも紹介した、全自動洗濯物折り畳みマシーン。見るからに便利そうなこの家電が、多くの人の熱い支持と長い開発期間を経て、とうとう2017...
旅行や出張先のホテルで洗濯したものを「どうしても翌朝までに乾かしたい!」なんてことはありませんか?そんなときに便利なのが、超小型乾燥機「ハンディー・セコ」...
ニューヨークのユニークなコミュニティの溜まり場といえば、コインランドリーだ。高級コンドミニアムやマンションは別として、自宅に洗濯機がないので週に一度ご近所...
素敵なデザインが多い反面、その重さや洗いにくそうなイメージから、使ったことがないという人も多い「無水調理鍋」。ですが、この鍋でつくった料理を一度食べてしま...
どんな場所にも持ち運びのできる“モバイル風力発電機”が、Kickstarterで出資を募っています。災害時や旅行の際にも大活躍の発電機「Trinity 5...
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
「何じゃ、こりゃ!」15階建てのビルに整然と並べられたのは、1台ウン千万円のスーパーカー。ランボルギーニ、ポルシェ、マクラーレン…ヨダレが垂れてきてしまう...
世の中に出回っているもののほとんどは、白や黒など単色でシンプルなものばかり。インテリアではなく、あくまでも空気をキレイにする家電だから、デザイン性がややイ...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
舞台はポルトガル・マデイラ諸島の路地。上空にはいくつもの電球が。やや密集している感はあるものの、特に気になるポイントはなさそうです。そう、いまのところは─...