7タイプの「孤独」。似ているようで全然ちがうんです

人生でもっとも大事なのは、人と人とのつながりなのかもしれません。自分の居場所や支え合える仲間がいるだけで「孤独」を回避し「しあわせ」を導くことができるのではないでしょうか?

Your Tango」のGretchen Rubinさん曰く、孤独にはいくつかの種類があり、それを見分けることで孤独感から逃れられるのだ、と。

01.
環境が新しくなったときに
感じる孤独

3f4ec682628e0dd3be1f81f2839616bb20174309

誰ひとりとして知り合いがいない新しい街に引っ越したときや、新しい仕事を始めたとき。または、学校に通い始めたばかりの頃に感じるのがこのタイプの孤独。

02.
周りに溶け込めない
孤独

親しみのある場所にいるし、仲のいい友だちにも囲まれている。なのに孤独感を感じるとき。これにはいくつか理由が考えられます。宗教観が異なっていたり、周りはアウトドア派なのに自分はインドア派だったり…。

でもこの手の「孤独」は、誰もが断続的に感じるもの。じつはとても人間らしいことなのです。

03.
恋人がいない孤独

友だちがどれだけいても、いつでも迎え入れてくれる家族がいても、恋人がいないことで寂しさを感じることがあるでしょう。

また、たとえ恋人がいても深い関係が育めていないと、独り身のときと同じような虚しさを覚えることも。

04.
大好きな動物が
近くにいない孤独

E8d52f9cf9498937398aee57d861ccf1562a4ceb

中には、ペットがいないことで孤独を感じる人もいます。

彼らは、人間が提供できない「何か」を動物とのふれあいで埋めようとしているのです。犬や猫などを飼っていないと、人生に物足りなさを感じてしまうのです。

05.
後回しにされる孤独

普段は仲がいいのに、なんだか壁を感じてしまったり。もしかしたら相手は、自分のことだけで精一杯なのかもしれません。もしくはすでに友だちがたくさんいるので、新しい関係を育むことにそこまで注力していないのかも…。

また、もともと仲の良かった友だちが人生で新たなステージに登るときや、一緒に時間が過ごせなくなってしまうときに感じる孤独もこのタイプ。

仕事が忙しくなってきたり、家族ができたり。時間と共に関係性が変わってしまい、つい寂しく感じてしまうのです。

06.
信頼できる友だちが
いない孤独

ときには、友だちの「本当の動機」が見えなくなることもあるでしょう。すると自然に信頼は薄れていくもの。

ただし、どんな関係も信頼なしではうまくいきません。だからそれが欠けると、心にポカンと穴が開いてしまうのかも。

07.
空気のような存在を
失ってしまった孤独

Cdb51153f8fc3030ca977f1179fc903b648a7c8a

よく一緒に遊ぶ仕事仲間、いつでも連絡できる友だち。それとはまた違うのが、家での時間を共にする「安心できる存在」。それはルームメイトや家族のひとり、もしくは恋人かもしれません。

隣りの部屋でコーヒーを淹れていたり、読書をしているだけでも安らぎを感じられる。そんな人がいなくなったら、寂しく感じて当然です。

Licensed material used with permission by Your Tango
More content from YourTango:
人は悩みや不安や嫉妬などの感情を一人で抱え込みがち。そして他には理解されないだろうと、閉じこもってしまい、そのまま孤独感を感じてしまいます。「The Sc...
心理学と神経科学を専門とするJulianne Holt-Lunstad教授の研究によると、「寂しさが死に直結する」という危機感を持つべきなのは、私たち人間...
別れてしまった過去のパートナーに、今もなお思いを馳せているあなた。ぜひ読んでほしいのは、「Elite Daily」に掲載されているPaul Hudsonさ...
今から見る写真は、バルセロナを拠点とする女性フォトグラファーのPaola Zanni氏が、日本を訪れたときに撮ったもの。テーマは『Japanese Lon...
アメリカの心理学の調査によると、現在の10代のZ世代たちはスマートフォンの世代。スマートフォンが原因で家族や友達、または恋愛に対しても消極的になり、画面と...
「家」のもつ意味を探求するために、アーティストのSejkko Eriはカメラで撮り続ける。ほとんどがポルトガルの家だけど、時にはマドリード島で撮影すること...
「ペットはだんだん飼い主に似てくる」 本当かそれとも嘘か。どこかで聞いたことがあるようなこのセリフ。人間の子どもでもあるまいし、飼っているうちに犬が飼い主...
寂しさや孤独を感じるのは、決してハッピーなことではありません。でもだからといって、好きでもない相手でその寂しさを埋めるのは、フェアと呼べるのでしょうか。あ...
物理的な距離の問題ってもどかしい。それは、恋人じゃなく親友でも同じこと。それでも、すぐには会えない関係の中で「親友」の関係を続けられる人たちがいる。彼女た...
「Thought Catalog」に掲載されたライターのEmily Church氏の記事を紹介しましょう。彼女は、スマホの電話帳に載っている友だちの数は幸...
いつも側にいてくれる大切な存在、それが親友。移ろいやすい男女の関係とは違って、友情は時を経ても大きく変わることはありません。そんな親友の素晴らしさを「El...
依存性のある薬物を摂取すると、その成分を「もっともっと!」と欲するようになる。それが一般的に考えられている「麻薬中毒」の認識です。しかし、ここで紹介する動...
人生で大切にするべき「キーパーソン」。それは、どんな人なのでしょう?すでに自分の近くにいたとしても、案外気づくのは難しいのかもしれません。そこで、米メディ...
私は様々な恋愛をしてきた。ちょっと他ではないようなハードな体験も。そんな中で、「恋愛とは一体なにか?」を考えてきた。ここからは、私の特異な恋愛経験をもとに...
人生は1度きり。だからこそ、夢や目標にチャレンジすることで「満足できる人生」、そして笑顔が絶えない「楽しい人生」を送りたいですよね。あなたの周りにはきっと...
あなたの家族や恋人、親しい友人・知人に感謝や祝福のメッセージを贈るとき、いつもとは趣向を変えて「ハワイ語」を送ってみると、相手に驚きと感動を与えられるに違...
アメリカの人気webサイト「Spirit Science and Metaphysics」の創設者であるSteven Bancarz氏は、人生には避けるべ...
人間関係の悩みは、いつの時代もつきものです。どこに行ってもすぐに人と仲良くなれる人を見ると、羨ましい気持ちにもなります。「The Smart Dating...
彼氏のいない期間が長いと、男性のちょっとした優しさに心揺らいでしまう女性もいるでしょう。でも中には、見せかけのやさしさを悪用する男もいて、長い目で見ると痛...
友達ならたくさんいるというあなた。その中に親友と呼べる人はいますか? そもそも親友と友達の違いはどこにあるのでしょうか?ここで紹介するのは。友達と親友の間...