デジタルデトックスに最適な、世界のホテル10選

インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。

高速インターネット環境の整ったビジネスホテルはもちろんありがたいけれど、本気で日常からエスケープしたい時は、とりあえず電源をオフにしてしまうのが一番。

ちょっと緊張するかもしれないけれど、テクノロジーにおさらばしやすい魅力的なホテルをご紹介しましょう。

01.
KEEMALA

タイ|プーケット島周辺

Bbd506db0f7f0c717a8398e0dc129a7a91ed0e7d

海と熱帯雨林の境界線に佇む宿にはどうも目がない私たち。でも、“全ヴィラ、プール付き”という「キーマラ」のような場所を見つけたら、それも納得していただけるでしょう。

ハンモックにツリーハウス式の客室、高台になったバスタブに、もちろん客室専用プールが確約されているなんて、やっぱり素敵。もちろんプールにパソコンを持ち込んだりは、しないようにお願いします。

→詳しくはこちら

02.
TRAVAASA AUSTIN

アメリカ テキサス州|オースティン

3166bab9dc106ae1395446a7d78635fd5f7a9f40

限りなく広い印象のオースティンですが、ちょっと中心地を離れれば、正真正銘の高原地帯に。とあれば、自己改善と、地元文化との繋がりを大切にした「トラヴァーサ」のようなホテルがぴったり。

ダンスや乗馬のレッスン、料理クラスに植物研究ワークショップといったアクティビティもたくさん用意されているから、パソコンやモバイルのスクリーンをオフにして、新しい情報を体で吸収してみては。活動的に過ごした日の夜は、館内「ジーンズ・キッチン(Jean’s Kitchen)」の美味しくて食べ応えある家庭料理で、自分にご褒美してあげましょう。

→詳しくはこちら

03.
SPARROWS LODGE

アメリカ カリフォルニア州|パームスプリングス

Ce4a871314a1c75b6fa704e63e4c7299497150e9

携帯電話から目を離せない若者が多く訪れるパームスプリングスですが、「スパローズ・ロッジ」を訪れたら、ドリンクを手にキャンプファイヤーを囲んで、または昔からここにあった納屋を改造した温かい空間で、仲間やほかのゲストと団らん。

館内にはWiFiはあるけれど、テレビもゲスト用の電話も特に用意されていないということだから、とりあえず外に出て、山の景色を楽しみつつ、散歩やサイクリングへ。子供心に戻って、サマーキャンプ気分の滞在を楽しんで。

→詳しくはこちら

04.
TXAI RESORT

ブラジル|イタカレ

819e8df70543c98cf5cf06f545efb2880ab59f3d

カリオカ(リオデジャネイロ出身者)やパウリスターノ(サンパウロの住人)がわざわざ遠出してまで訪れるスポットと聞けば、それだけでも注目度大。

こちらも緑茂る熱帯雨林と大西洋の白い砂が出会う、マジカルな土地。こんなにゴージャズな環境は、最新型液晶スクリーンだって、再現できません。サーフィンや新鮮なシーフード、どちらかとは言わず、両方好きなだけ楽しんで、水の恵みを存分満喫してください。

→詳しくはこちら

05.
CHABLÉ RESORT & SPA

メキシコ|チョコラ

61ea0d24801ca5c5935280ddb2bc1f2477135a36

ユカタン半島のジャングルは、誰もが間違いなく目を見張る、なんとも特別なパワースポット。言葉で説明するより写真を見てもらった方が、きっと納得してもらえるはず。マヤ時代の遺跡と、その周りにうっそうと広がる緑。

さらにそんなロケーションで、ヨガ、スパトリートメント、自転車トレッキングといったアクティビティを中心に、ゲスト一人ひとりに合わせてデザインされるリラクゼーション・メソッドを、スタッフと一緒にトライ。携帯をいじり過ぎの指のエクササイズも、教えてくれるかもしれません。

→詳しくはこちら

06.
PAPAYA PLAYA PROJECT

メキシコ|トゥルム

196639eb42b7c7aea4a89c456d01b79d9ebce9a0

最新設備を整えたデザイナーズホテルも大好きだけれど、多忙な日々の疲れを癒すなら、向かうべくは「パパイヤ・プラヤ・プロジェクト」の素朴でフレンドリーなビーチ。サービスも控えめで、派手な照明もナシ。モダンなデザインの客室カシータでも、電気は照明用に走るのみ(=コンセントなし)。だからこそ、ビーチクラブに足を向けて、地元の食やライブ音楽をたっぷり楽しめるわけです。

→詳しくはこちら

07.
AREIAS DO SEIXO CHARM HOTEL
& RESIDENCES

ポルトガル|ア・ドシュ・クニャドス

87251ba9059025c50af93ecf63ea4670b7726eb5

「アレイアシュ・ド・セイーショ」の部屋は、外の環境を室内へと引き込むかのようにデザインされています。大きめの窓からはたっぷりと自然光が差し込み、流木を利用した家具が落ち着きを、石材のテーブルトップが洗練された高級感を演出しています。

素朴で近代的なこのセンスは、ワイン片手に暖炉のそばに腰を下ろして堪能したいもの。そして外へと足を踏み出して、辺りを散策し始めれば、ビーチで毎晩ボンファイアが焚かれているのに気づくはず。とりあえず、SNSは後でいいでしょう。

→詳しくはこちら

08.
EREMITO HOTELITO DE ALMA

イタリア|テルニ

0734b28ec1f0a73c3d52f770db3a33d7806710ca

ここでの生活スタイルは、テレビなし、電話なし、冷蔵庫なし(と、なんだか昭和のヒットソングのようですが)。もちろんWiFiもありません。

でもご心配は無用です。修道院の隔離された静けさこそ、ここ「エレミート」の売り。ウンブリアの森林の中で、素朴な(がらそんなに厳しくはない)満足度大の滞在を。あのちょっとうっとうしい仕事相手も、ここまでは探してこないでしょう。

→詳しくはこちら

09.
MA’IN HOT SPRINGS

ヨルダン|マダバ

511516b9f78fa92e78abb21cf823653fb5866a3d

死海はまだまだ美しく、まだまだ訪れる価値のある場所。最新設備が整っていようと、ここに来たらその見事な峡谷と滝の眺めを目に焼き付けるべく、じっくりと自然の姿を拝んでください。

そして、ホテルの宮殿的建築は、そんな環境と素晴らしいコントラストを生み出し、この静けさと落ち着き溢れるプライベート感を更にゴージャスなものへと変えてくれます。

→詳しくはこちら

10.
SOUTHERN OCEAN LODGE

オーストラリア|カンガルーアイランド

Bc27ceb1ebdfbe9aa8a058d3df657a6ab993ad5f

モバイルもパソコンも電源を切って、とにかく静かな時間が過ごしたい!というならば、カンガルー島の「サザンオーシャン・ロッジ」へ。テレビが設置されている客室は、ファミリールームのみ。でも、プライベートテラスから眺める南オーストラリアの岩肌ときらめく海は心にグッとくるはず。

しかも国立公園に隣接したホテルだから、野生動植物の観察も楽しみの一つ。探検から戻ったら、ワイン片手にその日体験したことを語り合いましょう。

→詳しくはこちら

ホテルになるべくして造られた新築の建物の中にも、あなたのお気に入りはあるはず。でも、もともと異なる目的で使われていた既存の建物を、ホテルとして生まれ変わら...
桜の便りが届くこの時期になると、ふと南仏の丘に咲く、うすべに色のアーモンドの木立の中を、ヴィンテージのオープンカーで通り抜ける。そんな自分を夢見てしまうこ...
レストランの中には、その土地のユニークな個性を表現する手段として存在する場所もあります。ここで紹介するような、地元の食材をゲストの口元へと届けるべく努力を...
「子連れで楽しめる」を特徴として押し出す宿泊施設がある一方、「子ども禁制」をウリにするところも世の中にはありまして。もちろん、差別だなんだという話でないこ...
2016年もあっという間に年末ですね。今年も、世界中でたくさんの素敵なホテルが誕生しました。年明けを迎える前に、今年オープンした世界の最新ホテル10軒をご...
寝具やバスアメニティといったゲストルームの設備は当然重要だけれど、いつまでも記憶に残るホテルの客室というと、けっこう外の景色がキーポイントになってくるんで...
キラキラの最新ホテルはもちろん大好きだけれど、独特な個性を放つ、ユニークな歴史を歩んできたホテルの魅力はまたとっておき。長い歴史の中で、様々な物語の舞台と...
せっかく素敵な環境の中にホテルを造るのなら、やっぱりそのユニークな美しさを上手に引き立ててあげたいもの。オープンエアの要素を取り入れ、周りの景色を室内にも...
打ちっぱなしのコンクリートに、剥き出しのパイプ。ここ数年、そんなインダストリアル要素をデザインに取り入れたホテルが増えました。確かに、味わいのある質感を持...
友達とわいわい、または大切な人とロマンチックに、大自然の中へキャンプに出かけるのは楽しそうだけれど、ポールを組み立ててテントを張ったり、背に木の根や石ころ...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
春は出会いの季節。老若男女あらゆる人と、おしゃべりをする機会も多いことでしょう。誰もがわくわくする話題に事欠きたくないあなたへ、特別な「地ビール」の情報を...
もし日本に暮らす私たちが、ラグジュアリーホテルを楽しむとしたら──。その舞台としてポピュラーなのは、いつだって東南アジアだった。だからこそ、この「Tabl...
ビーチバケーションも楽しいけれど、もっと落ち着きがある湖畔の宿でゆったり過ごすのも、夏の醍醐味のひとつ。ちょっと離れた場所で人混みを避けて、静かな環境の中...
夏もすっかり過ぎて、外の空気がクールダウンしてきたら、今度はちょっと知的な読書の秋を楽しみましょう。丸一日、読書に没頭するもよし。または、逸品カクテルで喉...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。そこでは、コンピュータやスマホ、タブレットから時計に至るまで、デジタル機器に触れることは...
「日常の喧騒から抜け出し、自然の中でリラックスしたい!」そんな思いから、人は温泉旅行へと出かけますよね。でも、ここで紹介する宿の“自然”へのこだわりは、私...
本当に完成度の高いホテルを訪れると、見知らぬ人が手がけているのにも関わらず、瞬時に旅の疲れを癒し、ほっと心を落ち着かせてくれるもの。いつもとは違う空間でも...
「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマ...
ホテルブッキングアプリ「As You Stay」が、ユーザー体験による独自調査をもとに未来のホテルのあり方を大胆予測。今後どこまでこれに近づくかは別として...