よい子のみなさん、これは水じゃなくて「透明なコーヒー」です

今やサードウェーブも完全に凪(なぎ)のごとくおさまり、「コーヒーのある日常」だけがやんわりと、ごく当たり前に定着した感がある。そんな折、第4波とはまったくく意味合いが違うトンデモないものが現れた。

スロバキアのコーヒーギークが研究に研究を重ねて(多分)たどり着いた、ツッコミどころ満載のコーヒーがこちら。

ちょっと、なんで透明なのよ!?

これ、正真正銘のコーヒー
…だそうです。

1fb54cc49ad9960476b1d237482dac1e3bd523e1

ブラックではなく「透明」。何度そう言われたって違和感だらけ。ミネラルウォーターですよ、誰が見ても。これで本当にコーヒーの味がするかは、正直飲んでみないことには分からない。

でも、どうやらカフェインを含んだ正真正銘のそれらしい。良質なアラビカ種の豆と水でつくられていて、その味わいは苦味の少ない“水出し”に近いものなんだとか。

それにしても、気になるのは「なぜに透明?」の一点。摩訶不思議な世界初(最初で最後かも?)の透明コーヒー「CLR CFF」の開発者デイビッドとアダム兄弟は、決して冗談のつもりで色を抜いたわけではないらしい。その着眼点がまたオモシロかった。

好きだからこそ許せない、
カフェインと歯のアノ問題

大のコーヒーラバーを公言するこの2人、日々がぶ飲みするコーヒーにより、歯が黄ばんでいくのが気になって仕方なかったんだそう。赤ワインに含まれるポリフェノール同様、コーヒーにも色素沈着を起こしやすい「タンニン」が含まれている。

歯の汚れを気にすることなく、マグカップをあおりたい。けれど、歯磨き粉のようにタンニンを落とすためのギアは数あれど、沈着しないコーヒーそのものがないことに疑問を抱いたそう。いやいや、そんなものあるわけない。だったらもう「自分たちでつくるしかない」と一念発起し、開発がスタート。

てっきり白い歯を守るための"ケア"に注目するかと思いきや、彼らの情熱はまさかのコーヒーから色を抜いてしまうという常識破りの解決策(驚)。好きが転じて…ということだろうけど、そもそもこれコーヒーって呼んでいいの?

すでにイギリス、アメリカでは販売がスタート、世界各地で物議をかもしているようだ。この衝撃を伝えるには、やっぱりあの芥川賞作品のタイトルを拝借するっきゃないでしょ。限りなく透明に近い“ブリュー”

Licensed material used with permission by Clear Coffee sro.
コクヨが秘密裏に開発したという自慢のクレヨンーーなんと水彩画のような透明感があり、下絵をかき消すことなく色が塗れるのだとか。もちろん鮮明な色使いが可能です...
宅飲み、家飲み派の人がとても増えているみたいですね。確かに、終電の時間や酔い具合を気にせず楽しめるし、気心の知れた人とまったり過ごす時間は、特別なもの。そ...
湿度と温度が保たれた空間で、植物や野菜を育てるコンサバトリー(温室)。全面透明なガラス張りで、燦々と太陽の光が降り注ぐ、あの空間に着想を得て製作したテント...
もともと、香りには興味があったんです。過去には、私がやっている「MINOTAUR」というアパレルブランドで、動くとアロマカプセルが弾ける“香る洋服”をリリ...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
あなたにとって「コーヒー」とは、どんな存在でしょうか。仕事の活力になる魔法の飲み物?それとも知らず知らずのうちにカフェイン中毒を引き起こす悪魔の飲み物?い...
これは、豪・モナシュ大学が肝臓疾患のある1,100人の患者を対象に調査した結果だそう。オーストラリアのラジオ番組「3AW Breakfast」では、こんな...
アメリカ最古の蒸留酒製造所を持ち、2016年には150周年を迎えたアメリカン・ウイスキーの代表格「ジャック ダニエル」。ボリューム感のある四角いボトルに満...
プロジェクションマッピングと聞いても、もう目新しさは感じなくなりました。けれど、それを応用した演出は次々と使われ始めているようです。大阪に「透明回線」とい...
日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があ...
専用のサーバーで注がれる、まるで黒ビールのようなドリンク。これこそが、窒素ガス入り水出しアイスコーヒー「Nitro Cold Brew(ニトロ コールド ...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
ベトナムに行くとアボカドシントー(スムージー)にベトナムコーヒーを注いだ「アボカドコーヒー」なるものに出会う。気絶しそうな組み合わせなんだけど、飲んでみる...
1日の始まりにコーヒーが欠かせない人も、仕事のブレイクタイムにコーヒースタンドで淹れたての香りを楽しむ人も。その1杯をより味わい深いものにするヒントは、豆...
どんなに寒い冬の日でも、コーヒーは必ずアイスで。そんなアイスコーヒー愛飲家の人にとっておきのアイテムを紹介。これなら、普通に淹れた熱々のコーヒーを、ほんの...
ブービーバードのマークでお馴染み、「CHUMS(チャムス)」。春の新作としてリリースされた「Teeshell」が可愛くて機能的にも良さそうで気になっていた...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
この「GINA」は、Bluetoothを搭載したスマートなコーヒーメーカー。機能は非常にシンプル。豆の量を測る。そして、水の量を測る。基本的にはそれだけ。...
この夏、まことしやかに囁かれている新たなコーヒーブームがあるそうな。なんでも、ブルックリンにある幾つかのコーヒーショップで、コーヒーとレモネードをカップリ...