よく見ると「絵文字」がある建物。一体なぜ?

新しい建物をデザインする時、「その地域に密着するようなものにできないか」と考えたオランダの建築デザイナーチーム。

そして出てきた案が、まさかの「絵文字」でした。パッと見、主張しすぎない感じで、これまたさり気なくて可愛いんです。

よ〜く見てみてください

C14dda8e92e76fbd803f87b03857a3a88b6603f2

Photo by Bart van Hoek

Cf2fea5d9ed0421cfc770a9cf28caffb3e2f16d8

Photo by Bart van Hoek

Ff0761195bad9be9a6b8bf980889ec01d4efa009

Photo by Bart van Hoek

ね?可愛いでしょ^^

10代の子どもたちが
愛してくれるデザインを

 「近くに学校があって、ここを通るほとんどの人たちが10代だから絵文字にしたのさ」

と、プロジェクトメンバーのChangiz Tehraniさん。

見てくれる人たちと繋がれるようなデザインを考えたら、絵文字にたどり着いたのだといいます。もし、違う地域にある建物を任されていたら「まったく違うデザインになっただろう」とのこと。一番大事にしているのは「クライアントや建物を実際に使う人たち、そして地域の人たちなんだ」と。

このデザインはインターネット上で拡散していて、気に入ってくれた人もいれば、受け入れてくれない人、通りかかったけど気づかなかったという人など、様々な意見が上がっているといいます。さらに、これほど多くの反響は予想していなかったということで、興味を持ってもらっていることが何より嬉しいんだとか。

世界共通語となった
「EMOJI」

Tehrani氏によると、デザインを決める時、最初からポップなアイコンにすると決めていたわけではないとのことです。今の時代に合っていて、面白くて、人に見てもらえるのは何かと考えた時、それが日本発のコミュニケーションツールだったといいます。

「感情は『世界共通語』です。世界中が絵文字でコミュニケーションを取っているのです。これは特別なもの。だからこそ、建築デザインとして使わない手はないでしょ?」

ここまで褒めてもらえると、日本人として嬉しい限りです。

今回話題になったからといって、今後も「表情豊かな建物」だけに特化していくわけではないみたいですが、これからも地域に馴染む、地域のためのデザインを作っていきたいと話してくれました。

Ccf9afa017dea08584fc440f26cfa7d7305fa8e9

Photo by Bart van Hoek

Licensed material used with permission by Attika Architekten Amsterdam
「#WorldEmojiDay(世界絵文字デー) 」の7月17日、それぞれの国がどの絵文字を一番使っているのか、Twitterより発表されました。けっこう...
建築家とパティシエ。これらのスイーツを見て、意外にも両者の親和性が高いことに驚かされた。 ここで紹介するスイーツの数々は、ウクライナのパティシエであるDi...
まるで、ホログラムで虚空に映し出されたかのような幻想的な建物。そこに実体がないように錯覚してしまいますが、これはすべて、ワイヤーで組み立てられているのだそ...
産直野菜のデリバリーサービス企業が、キュートな野菜の絵文字を制作しました。普通に考えれば「何のため?」となるところ。けれど、彼らの絵文字に込められた意味を...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
サンパウロ郊外Vila Matildeという街に建てられた、ある小さなおうちが、栄誉ある国際的な建築賞を受賞しました。それも2つ。幅わずかに4.8メートル...
意外とおしゃれなものが少ないペット用品。部屋に置くのがはばかられるものや、ペットは気に入っているけれども見た目がちょっと、なアイテムも…。しかし、建築家が...
ここに紹介する観光マップは、ある視点をもって集めた都市ガイド。旅の目的は人それぞれだけど、どこか既視感を抱いてしまう名所旧跡に足を運ぶよりも、僕にはこっち...
過去の成功体験に溺れたくない。手持ちのカードは捨て続けて、新しいカードを増やしたい。僕が建築家として仕事をする上で、大事にしているのが“新鮮な気持ちで考え...
私は建築士として、さまざまな方が幸せに住める家をつくるお手伝いをさせていただいています。自著『住む人が幸せになる家のつくり方』から、特に成功した家づくりの...
「人の絵文字の肌の色が一色なのはおかしい!」との声に、ついにAppleが応えました。開発者向けに配布が始まったiOS 8.3 beta2では、従来の絵文字...
家を失った難民たちの仮設住宅として、まったく新しい構造の折りたたみ式テントが登場しました。避難所暮らしの生活を、少しでもストレスなく暮らせるように開発され...
7月30日から、デザイナー・原研哉氏がディレクターを務める展示「HOUSE VISION 2016 TOKYO EXHIBITION」が開催されています。...
「人間は誰にでも温かく、安全な場所で体を休める権利があるはずです。それが、たとえホームレスであったとしても。まるで厄介者のように扱うのではなく、彼らを思い...
水上に浮かぶ住宅(フローティングハウス)は、建築デザインにおいて今や目新しさは無くなっている。が、オランダのデザイン事務所が発表した、このコンセプチュアル...
千葉県市原市の「ふくます幼稚園(学校法人三和学園)」に、あたらしい付属施設が完成した。その名も『フクマスベース』。全体をディレクション、コーディネートした...
世界三大建築家とされるル・コルビュジエ。近代建築の巨匠が生涯で唯一嫉妬していたといわれているのが、アイリーン・グレイ。彼女が手がけた南仏のカップ・マルタン...
建築コミュニティをネットサーフィンしていると、あっという間に時間が過ぎる。Googleマップで新しい場所を探しては、現地へ足を運んで撮るーー。と、ドイツ人...
「家を建てる」というのは、多くの人にとって一生に1度の大切なイベント。家族全員が納得できる家を建てるためには、どのようなことに気を付ければいいのでしょう。...
3年かけてノアの方舟を再現した男性を知っているでしょうか。神はノアに「堕落した人類を滅ぼす」と密告し、方舟をつくれと命じたーーなんて物語のようにお告げがあ...