ハワイ通に聞いた!教えたくないけど教えたいハワイの魅力

ハワイは日本人にとって、本当に“特別な”場所だと思う。

海外旅行にほとんど行かない人でも、ハワイには行ったことがあるなんていうのはよく聞く話だし、まだハワイに行ったことがなくても、「一度は行ってみたいなぁ」なんて思っている人も少なくないのでは?

ハワイの魅力は数あれど、今回はガイドブックとはちょっと違う視点で、ハワイラバーたちから「教えたくないけど教えたい、ハワイの魅力」を、こっそり教えてもらっちゃいました。

インスタをジャックしたほどの
アノ、紫パンケーキはぜひ体験してみて!

8e57b2301582b3ed42b0ae84bca737deff5767ce
Photo by Taemi.H

絶対聞かれるんです。「あの色、ほんとに美味しいの!?」って。紫色のビジュアルが強烈な、ウベパンケーキのこと。でもコレがめちゃくちゃ美味しいんです!ただ、ほんっとに食べた後の口の周りはすごいことになるので、気になるひとは歯ブラシの携帯をオススメします。(20代・女性)

街がSPAM一色に染まる
「SPAMの祭典」があった!

8fd1350c2b621acd74943b5d37baa9195cba8203

ロコたちのSPAMへの愛がはみ出す特別な1日が、毎年4月に開催される「Waikiki SPAM Jam Festival」。ワイキキ一帯がSPAMに染まるそのさまは、日本人からみたら異様なんだけど、SPAMのことを好きにならずにはいられないよ。最近では日本でも食べられるようになったけど、やっぱりハワイで、ロコがつくったスパムむすびが食べたくなる!(50代・男性)

ハワイでタクシーに乗るなら
やっぱりUberがオススメ

Ae6d1116fbd4c8d73c45279ac39c68eee54a4899

世界中でいろんなタクシードライバーに出会ったけど、ハワイのUberは当たりが多かった。ビーチの帰りに乗った車で、冷たいミネラルウォーターをサービスしてもらったときは、分かってるなぁ!って思ったよ。オススメの場所を聞くにも、かなりローカルなレコメンドが期待できる。場合によってはかなり安い!っていうウワサも聞くね。(40代・男性)

2067693f17e278e360f601b1498dfb9709770391

約2000発が夜空に!
独立記念日の花火大会は必見

E5a2a40746b07fc23e5135a57d47849af437b73c

ハワイで一番大きな花火が上がる花火大会。日本のぎゅうぎゅうな花火大会とは違って、アラモアナ・ビーチ・パークでレジャーシートにのびのび寝っ転がって見る花火は最高!「すごく混むよ!」って聞いてたんだけど、都会の花火大会に慣れた私にとっては快適すぎる素晴らしい花火大会だった!(30代・女性)

イケメン4人がつくるバナナスイーツは
絶対に食べに行って!

0ea3d48833c42559e8f5643d69ff961262d0c60e
Photo by Banan

フォトジェニックなのはもちろんだけど、ローカルの青年が立ち上げたBananはぜひオアフで食べて欲しいスイーツ。2014年のオープン当時から乳製品・砂糖フリー、地産地消のサステナブルモデルという意識の高さが好感もてますよね。フードカーの周りに集まっているクールでキュートなロコの女の子たちとも仲良くなれて、楽しかったなぁ!(20代・女性)

日本語通訳のお礼は、最高のサンセット

103ae2f236fb04e49b6c5bd4bcff602801dfdf5b

日本人ばかりを乗せたツアーバスのドライバー。英語で行き先の説明をしたけど乗客がイマイチ理解できていなかったから、見かねて翻訳してあげるととても気に入られ「オレのもとで働いてくれないか?」といって、後日個人的にバーベキューに招待してくれたんだよね。さらに「最高の夕日を見せてやる」といって連れて行かれたコオリナで見たサンセットは、本当に最高だった。

「ハワイは日本語が通じる」なんて思い込んでいたけど、そうじゃないところもたくさんあったし、やっぱりローカルの人とコミュニケーションが出来るように言葉を覚えておくと、いいことがたくさんあった。ハワイ語が話せたらもっと最高なんだろうけど!(40代・男性)

日本人がほとんどいない!
本当の“隠れ家バー”にはこっそりと

32281fa175a140a7c77f1385c3095f85e239f388

正直教えたくない!んだけど、教えます。ハレ コア ホテルはヒルトンとハレクラニのちょうど間という立地なのに、ほぼ知られてない場所。理由は宿泊できるのが米軍関係者のみだから。当然、紹介がないと入れない。だけど、ビーチに面した「ベアフットバー」のみは別で、誰でも入れるんだよね。とにかく日本人がいない!だけどそれ以外にも、かなり骨太なアメリカン・ロックやソウルが生演奏で聞けたり、映画で見るようなアメリカン・バーの雰囲気が存分に味わえるのが良いんだよね。(40代・男性)

「Aloha」と「ハングルース」は
ロコと通じ合える共通言語

F2c0d06186672d5794c322893ec23f08b0b6ef4c

ロコはとにかく「Aloha」と「ハングルース(親指と小指を開いたハンドサイン)」を使うんだよね。いつでもどこでも、「元気?」って声を掛けてもらってるみたい。マネしないのは損だよ。どんどん使おう!話のキッカケにもなるし、もっとハワイが好きになれるはず。(20代・女性)

ハワイに行きたくなってきた?

今なら、あなたが考えた「やりたいこと」が詰まったスゴい旅を、JALカードが叶えてくれるキャンペーンが実施中!普段ではなかなかできない3泊5日の「スゴいハワイ旅」を、1組2名様にプレゼントしてくれるとか。

「Twitter」か「LINE」であなたが考えた「スゴいハワイ旅プラン」をシェアしたうえで、応募フォームから申し込みを!

134975fdb7af2a4cc0b8d26aff19da460a8c0722

入ってチャンス!乗ってチャンス!JALカード入会キャンペーン

さらに期間中、JALカードにご入会のうえ、キャンペーンに参加登録をすると、最大5つの入会特典がもらえる入会キャンペーンも実施中!たまったマイルでハワイにいくことも夢じゃないかも!?詳しくはコチラからチェックしてみて。(キャンペーン期間:2017年4月1日~2017年6月30日)

オアフ島の「あの名所」がついに取り壊し、撤去されました。ガイドブックにも載らない場所なのに、なぜか観光客があとを絶たない理由。それは、超スリリングな立ち入...
ハワイ・オアフ島には、地元のロコしか知らないビーチがまだまだたくさん。そのひとつがここ。金曜日のお昼から週末限定でオープンする、隠れ家的スポット。ため息が...
「観光」「グルメ」「ショッピング」。少し強引かもしれませんが、数年前まで旅の目的といえば、この3要素しかなかったと言っていいでしょう。しかし近年は、人々が...
7月1日より、ハワイ・オアフ島でレジ袋(ビニールバッグ)の配布が全面禁止となりました。有料化ではなく「全面禁止」というところがポイント。法令に違反した小売...
ハワイ旅行に出かけたとき、せっかくなら「かわいい写真を撮りたい!」と思う女性は多いと思います。しかも、まだ誰も見たことがない写真ならなおさら自慢できちゃう...
「Go Local(地産でいこう!)」が早くから生活の中に浸透しているハワイで、2014年のオープン以来、大注目を集めている新感覚デザートがあります。メイ...
あなたの家族や恋人、親しい友人・知人に感謝や祝福のメッセージを贈るとき、いつもとは趣向を変えて「ハワイ語」を送ってみると、相手に驚きと感動を与えられるに違...
海との一体感を味わえる──。ハワイで大流行し、日本でもその認知度が広がりつつあるのが、スタンドアップパドルボード(通称:SUP)を使ったヨガ。その進化版と...
ハワイ語には不思議なパワーが宿っています。言葉があふれている時代だからこそ、古(いにしえ)の言葉=ハワイ語が伝えてくれるメッセージを心に刻み、日々の活力に...
ハワイ語で「曲がった水」を意味するワイピオ渓谷。壁のようにそり立つ崖に周囲を囲まれた谷の奥の奥へと向かって、近頃、観光客が続々と分け入っていくそうです。地...
ハワイ語の特徴のひとつが、独特のやさしい語感と響き。それでいて、伝統と奥深さを秘めています。ここではハワイで古くから伝わる言葉のなかから、心を揺さぶる7つ...
少しずつ暖かくなってきた3月は、卒業旅行シーズン。5月にはお待ちかねのゴールデンウィークもあって、春は海外旅行を計画する人も多い季節。かくいう私もその一人...
「島民16人に対して猫100匹以上」そんなキャッチフレーズがつけられた愛媛県・青島は、いまや猫好きでなくとも多くの人に知られた場所。でも、実はこれに似た「...
毎年、入れ替わりの激しい「ハワイの定番土産といったらコレ」。「ホテル・ハレクラ」のパンケーキミックスは何度もらっても嬉しいし、もちろん「ホールフーズ」でオ...
「卒業旅行は、海外でアートに浸りたい!」思い浮かぶ候補地は、ニューヨーク、ロンドン、パリ、フィレンツェ…あたりだろう。美術館でじっくりと鑑賞する。勿論、そ...
「平和で美しい島、かぐわしい夏の日がずっと続く場所。善人がここで死んでも、同じような天国で目が覚めるだろうから、違いに気付かないだろう」  by マーク・...
ハワイに長く暮らしてきて、僕はハワイ語のすばらしさを実感しています。言葉一つひとつに意味が込められいて、感慨深いものばかり。そのなかから、元気が湧いてくる...
大切な人、仲間、家族に日本語だと言いづらかったり、ちょっぴり恥ずかしいことも、ハワイ語なら気軽に伝えることができます。ここで紹介するのは、基本フレーズ7つ...
サーフィンとグラフティをこよなく愛すハワイ・オアフ島出身のアーティストがおもしろい。独学のペインティングに磨きをかけるべくNYへと移住した青年は、自分の特...
ハワイは現在、深刻な「教師不足」に直面しているそうです。南の国で働けるなんて最高!とはいえ、一体どんなお仕事なのでしょうか?「ハワイ州教育省」によると、と...