国立公園を巡って全米縦横断!『オン・ザ・ロード』な写真シリーズ

アメリカには、現在、59もの国立公園がある。

そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をかけたそうだ。まさに小説『オン・ザ・ロード』を地で行く移動、移動、移動の日々だったことが想像できる。

この「国立公園シリーズ」少々、枚数は多いが、どの公園も個性豊かなのでつい見入ってしまう。現在、49までアップされていた。では、日本の約25倍といった広大な国土に拡がる絶景、美景、奇景を見に出発しよう!

01.
アイル・ロイヤル国立公園(ミシガン州)

02.
アーカディア国立公園(メイン州)

03.
アーチーズ国立公園(ユタ州)

04.
アメリカン・サモア国立公園(アメリカ領サモア)

05.
イエローストーン国立公園(アイダホ州・モンタナ州・ワイオミング州)

06.
ウインド・ケープ国立公園(サウスダコタ州)

07.
エバーグレーズ国立公園(フロリダ州)

08.
オリンピック国立公園(ワシントン州)

09.
ペトリファイド国立公園(アリゾナ州)

10.
カトマイ国立公園(アラスカ州)

11.
カールズバット洞窟群国立公園(ニューメキシコ州)

12.
キーナイ・フィヨルド国立公園(アラスカ州)

13.
キャニオンランズ国立公園(ユタ州)

これ見たかったなー、残念!

14.
キャピトル・リーフ国立公園(ユタ州)

これもか、残念!

15.
キングス・キャニオン国立公園(カリフォルニア州)

16.
グアダルーペ山脈国立公園(テキサス州)

17.
クヤホガ・バレー国立公園(オハイオ州)

18.
グランド・キャニオン国立公園(アリゾナ州)

19.
グランド・テイトン国立公園(ワイオミング州)

20.
グレイシャー国立公園(モンタナ州)

21.
グレイシャー・ベイ国立公園(アラスカ州)

22.
クレーター・レイク国立公園(オレゴン州)

23.
グレート・サンド・デューンズ国立公園(コロラド州)

24.
グレート・スモーキー山脈国立公園(ノースカロライナ州・テネシー州)

25.
グレート・ベースン国立公園(ネバダ州)

26.
コバック・バレー国立公園(アラスカ州)

27.
コンガリー国立公園(サウスカロライナ州)

28.
ザイオン国立公園(ユタ州)

29.
サワロ国立公園(アリゾナ州)

30.
シェナンドー国立公園(バージニア州)

31.
ジョシュア・ツリー国立公園(カリフォルニア州)

32.
セオドア・ルーズベルト国立公園(ノースダコタ州)

33.
セコイア国立公園(カリフォルニア州)

34.
チャネル諸島国立公園(カリフォルニア州)

写真がないと逆に気になる!

35.
デス・ヴァレー国立公園(カリフォルニア州・ネバダ州)

36.
デナリ国立公園(アラスカ州)

37.
ドライ・トートゥガス国立公園(フロリダ州)

珍しい名前だなー。発音がムズい!

38.
ノース・カスケード国立公園(ワシントン州)

39.
バッドランズ国立公園(サウスダコタ州)

40.
ハレアカラ国立公園(ハワイ州)

これは有名。見たことあるでしょ?

41.
ハワイ火山国立公園(ハワイ州)

これも有名。テレビでもやってた。

42.
ビスケーン国立公園(フロリダ州)

43.
ビッグ・ベンド国立公園(テキサス州)

44.
ピナクルズ国立公園(カリフォルニア州)

カリフォルニアって、一番、国立公園が多いんだよね!

45.
ブラック・キャニオン国立公園(コロラド州)

46.
ブライス・キャニオン国立公園(ユタ州)

47.
ボエジャーズ国立公園(ミネソタ州)

48.
ゲート・オブ・ザ・アークティック国立公園(アラスカ州)

49.
ホット・スプリング国立公園(アーカンソー州)

いわゆる温泉か?

50.
マンモス・ケーブ国立公園(ケンタッキー州)

マンモスが住んでいたのかな?

51.
メサ・ヴェルデ国立公園(コロラド州)

52.
ヨセミテ国立公園(カリフォルニア州)

53.
ラッセン火山国立公園(カリフォルニア州)

カリフォルニア、アゲイン!

54.
ランゲル・セント・イライアス国立公園(アラスカ州)

55.
レイク・クラーク国立公園(アラスカ州)

56.
レッドウッド国立公園(カリフォルニア州)

57.
マウント・レーニア国立公園(ワシントン州)

58.
ロッキー・マウンテン国立公園(コロラド州)

59.
ヴァージン諸島国立公園(アメリカ領ヴァージン諸島)

気づいたかもしれないが、確認できるのは49の国立公園。Jonathanに問い合わせたところ、残りは、鋭意編集中とのこと。間もなくすれば、彼のInstagramで確認できるはずだ。

余談ではあるが、Jonathanはこの旅をパートナーとしたようだ。52.と55.には、それらしき女性を確認することができる。二人で一緒に国立公園巡りか〜。羨ましすぎる!

Licensed material used with permission by Jonathan Irish
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
フォトグラファーであり、ロードトリッパーのMolly Steeleさんは、自由をこよなく愛する女性。彼女が行く先々で撮影した写真は、つねに自然体で、旅する...
「どうやったらそんな瞬間撮れるの?」という猫写真が満載の、沖 昌之さんによるインスタグラム。家ににゃんこがいて、毎日シャッターチャンスがあってもこうはいき...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
「世の中には、マジメすぎる写真が多いんじゃないかと思うんだ。僕の写真は作品っていうより、遊びって感じだね」これは、ロンドンやシドニー、ニュージーランドなど...
猫マニアの間でチェック必須なのが、沖 昌之さんのInstagramアカウント(okirakuoki)。下町に暮らす猫を独自の視点で撮影し、ほぼ毎日アップし...
SNSでよく目にする、キュートなペットの写真。なかでもInstagramでは、愛犬の写真を毎日アップしているユーザーをたくさん見かける。フォロワーが250...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
白い肌、白い髪、白い背景。白一色でまとめられたこれらの写真を撮ったのは、フォトグラファーのYulia Taitsさん。彼女はアルビノの人たちにフォーカスし...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...
もしも、一流のフォトグラファーが、本気で昆虫標本を撮影したら──。ここで紹介したいのは、そんなちょっとマニアックな話。でも「撮影にふさわしい1%の昆虫を見...
オーガズムに達するのは、とても解放的で、とてもプライベートな瞬間。もしもその一瞬を、写真で捉えたら…。フォトグラファーのAlina Oswaldさんが「M...
被写体にしたのはきっと、"日本の春色"。モスクワの写真家、Kristina Makeevaさんの作品に目を奪われてしまうのは、一度見たら忘れられなくなるく...
クリスチャン・リヒターは、1979年にドイツ民主共和国で生まれました。ベルリンの壁が崩落したときはまだ子どもで、当時から古い建物を駆け回って遊んでいたそう...
ブダペストのフォトグラファー「Márk Mervai」氏は、写真について「Boredpanda」でこうコメントしています。「わたしにとって最も美しいひとと...
「彼らがこの世から消えてしまう前に、その記録を世界に残しておきたい!」。イギリスのフォトグラファーJimmy Nelson氏は、2009年からプロジェクト...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...