チャンスを掴むなら、この5つの言葉を「上司」にぶつけてみては?

もしも、今の上司に不満があるのなら、それはチャンスなのかもしれません。相手がどんなにやり手のビジネスマンだったとしても、何もかもが完璧な人間なんて、見たことありません。

だからこそ、相手に足りないものを自分が補えれば、きっとそれは評価に繋がります。

そう教えてくれたのが、「The Muse」の掲載されたPaolina Milanaさんの記事。コミュニケーション戦略に詳しい彼女によれば、いつも忙しくしている上司が、部下に言われると嬉しい5つのフレーズがあると言います。このポイントを押さえるだけでも、今後の仕事にやりがいを感じられるかもしれません。

01.
「この件は、私に任せてください」

9ee0b7de38cea4f1e287f60fb3819ca4e0b35753

上司といえども、まだ着任したばかりの場合は、重役たちからの要求や部下からの質問にうまく答えることができない可能性があります。対処法の分からない彼らが、あなたの進めている仕事を優先して見てくれるとは限りません。

こんなとき、どうしますか?

実は答えは簡単で「この件は、私に任せてください」と、伝えるだけ。

なぜこれが重要かというと、優先順位をつけることこそが社会で成功する秘訣だからです。これは、仕事ができるビジネスマンなら誰もが知っています。

つまり、あなたの上司はすべてのプロジェクトをひとりでは抱えきれないので、他の人間に管理を任せようとします。でも就任して間もないうちは実行に移すのが難しく、もしかしたら、現状が把握できなくなるのを懸念しているのかもしれません。

だからこそ、自分から申し出ることがチャンスに繋がるのです。こういうケースにも対処できる仲間だと思われれば、相手は安心します。

これは、自分の力を発揮できる絶好の機会なのです。

02.
「これは、私の責任です」

A14d78cf3d7f86c9ad5919f3845aedffaeca304d

もちろん、最終的な責任は上司にかかるものです。仕事で失敗をしたときは、誰だって責任を負うのが怖いもの。だから言い逃れをしたり、問題の矛先を別のところへ向けようとし、なんとしてでも拒もうとする人が多いのです。

誰だってミスをすると、罰を受けるかもしれないという不安な気持ちになります。ただし、その恐怖が常にある環境ならば、転職を考えたほうがいいかもしれません。

その場合を除いて、自分が起こした問題への責任を取ることや、会社の危険に繋がる何かを発見した際、それを迅速に伝えるのは必要不可欠です。

なぜか?自らのリーダーとしての素質を広めるチャンスになるからです。

素直に間違いを受け入れることで「勇気のある人間だ」と周囲から認められるようになります。

それと同じくらいに大切なのは、「もっと早く打ち明ければ良かった…」と、後悔しないことです。何かをごまかしたり、無関心になると、必ず悪い出来事につながります。自分が得する方法だけではなく、組織全体の利益を考えてみてください。

それが、人格を磨いて成長することになるのです。

03.
「私は、こう思うので賛成できません」

278cb34f5691543fbd0fa5e935ed3bb7811dcd60

上司が、いつでも自分の意見に賛成するとは限りません。しかし、イエスと答えるだけの人が集まるより、恐れずに主張できるチームで働けるのは幸せなこと。

判断力や物事を考えられる能力を持つからこそ、あなたに仕事を任せているのです。会社や目的の為になるのなら、敬意を払いながら必ずそれを主張しましょう。その人が真のリーダーなら、話に耳を傾けて尊重してくれます。

それは、誰もが裸の王様になりたくないからです。たとえその内容が素晴らしいものではなかったとしても、自信を兼ね備えた立派な上司なら、相手を委縮させたりしません。むしろ、彼らは事実をいつでも率直に伝えられる人材が欲しいと思っているはず。

04.
「その仕事、やってみてもいいですか?」

F0ecb59c02e0aed2c1b66c25b9d95ebca1d71fa6

定時で上がることばかりを気にして働く人や、必要最低限の仕事しかしない人はどこの環境にもいます。

実際、依頼を引き受けるだけの部下をわざわざ探すよりも、自分から申し出てくれる仲間と働くほうが、はるかに仕事がスムーズです。

確かに仕事を引き受けてくれる部下には好意的な印象を持つかもしれませんが、自分から仕事を取りに行く人のほうが、役職に空きが出た際は明らかに有利となります。

見返りを求めるわけでもなく「給料以上の働きをした人物」として、評価されることでしょう。

05.
「なにか手伝えることはありますか?」

30ba15ea317257f7749e1d0b62f0fdf787357bd6

何かを成し遂げたいと思ったとき、費やす時間や情報は、常に不足しているもの。大量の未返信メールや立て続く会議に追われる上司は、仕事の海で溺れていてもおかしくありません。

だからこそ、彼らに定期的に「救命道具」を渡すような存在になってください。自らサポートできる仕事がないかを聞きにいくと、上司も依頼しやすくなるでしょう。それに、支えてくれる存在であることや、あなたとなら仕事を分担できることに気づきます。

なぜこれが重要かというと「手伝いましょうか?」と尋ねることで、相手への気遣いが自然と伝わるからです。

上司だってひとりの人間ですし「誰かの上に立つのは孤独だ」と思うときもあります。でも、これが紛れもない事実だからこそ「私がやります」と伝えることが、相手にとって大きな意味を持つのです。つまり、必要なときに頼れる人物、として認められるはず。

Ad4385604c9a1d4210ad0051137d369d2d058868

意見をせず、黙々と働くことが「最も安全」だと考える人は多いものです。もしかしたら、それが賢い選択なのかもしれません。でも、自分から何か行動をすることで職場に良い影響を与えられる、と信じてもらえるなら、ためらうことなく、ここで紹介したことを試してみてください。

Licensed material used with permission by Paolina Milana, ,HP
なんとかして、上司の期待を超える結果を達成したいと願っているビジネスパーソンの皆さんに向けて、その具体的な方法を7つに厳選してご紹介していきます。正しい方...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
2014年にアメリカで行われた調査によれば、2020年までにミレニアル世代(1980年前後から2005年ごろにかけて生まれた世代)が労働人口の40%を占め...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
どうせ働くなら「あの人のために働きたい」「一緒に働きたい」と思われたいもの。でも実際、慕われる上司とそうではない上司の違いって何だろう?「inc.com」...
誰でも「デキる上司」に、1度は憧れるもの。「自分もいつかああなりたい」と尊敬できるし、多くのことを吸収して自分の成長にも繋げられるから。ただ、社会人になっ...
記憶に残るような上司はみな、いくつかの資質を持っているものです。そしてその資質は紙上には表せるものではなく、本当に必要なときに心の中にあらわれるのもの。「...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
信頼を集め、部下から慕われる上司。逆に誰からも好かれず、嫌がられる上司。その違いは、一体どこにあるのでしょうか。自身もCEOであるElle Kaplan氏...
ビジネスを成功させたいなら、やっぱり「人間関係」がキーワードになってきます。そこで、ポジティブな自分になって、人を巻き込み、いい流れつくるためのちょっとし...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
 できる社員を育てあげるには、何よりも上司のコミュニケーション能力が重要。これはコラムニストMarcel Schwantesの意見。優秀な部下の質を見極め...