A to Z。食べ物の頭文字を「アルファベット」で彫ってみた。

鉛筆の芯や消しゴムで彫刻をするのもよく見るけど、それならもっとカラフルでバラエティに富んだ「おいしそう」な彫刻だってアリ。

インドのムンバイを拠点にプロダクトデザインを学んでいるSarah Dasさんは、新しくゲットしたエグザクトナイフを使い、食材から頭文字のアルファベット(例えば、BANANAから「B」とか)をくりぬき、インスタグラムに投稿して人気を集めている。

566fccb68126440d0d0426f1c63c3f1233cc3962

丁寧に手作業で彫られたココナッツやレタス、バナナやイチゴはどれも新鮮。見ているとお腹が空いてきて、そのままパクッと食べたくなる…と個人的には思うけど、「食べるのがもったいない!」っていう意見も。

中には日本ではあんまり見かけない食材や、「コレどうやったの!?」と聞きたくなるものもある。でも合成は使ってないのだそう。

どれもフレッシュ!
遊び心を召し上がれ 

0b51402be824f5c6d49ed06a3d7fcb9aef0400f6A9a2cd922874605072679c6ee8293830a31a8b84

Bはバナナだけじゃなく、バターでだって作っちゃう。

7a06e5d0a858668a7b52157eb7a30a182474050b5679dbadffb3617bd9f298f3520ec7190ea87f64

dは大根のd!(なんとdaikonは海外でも通じるところが割とあるし、ウィキペディアのページもある)

E91b6e7cccee7d0c14c3dff73ee4a964c2d36a5d

透し彫りだってお手のもの。

A9598657dd5f34748561ccf3a51b90d0a928dca3

Fはfig(イチジク)。ドライフルーツで作っています。

A69a6746dc9d04a0a2871810c2621e58ebaa08c3Bf143b25ea27e652d142266ca65df2ec7c24dde2E20360063c8734435a1ebc2c60ebddf2223cc901

Iはアイスバーグレタス。

21c01461f62fed3021779a96f2415cf96b633319

Jはジャックフルーツ。南国の果実で、パラミツとも。

74b28d8614b29c41127406942a87ff1085e0788c6267d87118de2bd5126ee2e83479d58abff2f7fe8b3076314b171d431891210193364b0e51f70eb62edccc5c20c51fefb24085d83b30b5614422591f

ゴマかと思いきや、ニオイクロタネソウ(nigella seeds)だそう。ちなみに私は初めて聞いた。

A407ac9dd12c64717dac40c9a2f9dbf61a968765B2d04db2e02a0d2f1059e2d7bd3739c426a1142a68afa3e4dc33e7166d34cf468730ddb83af87880

Qはキヌア(quinoa)。一時期日本でも話題になってた。

236a06fd1b3d534e0e2a8c236be095655585101176c8cbe21cbbe77eb7992eb1634dd33667e8d619B6fab38680b2e0c67cda98aa20c6e386dfa4cf56F706d3a56c6e5c462d275dbc22123fe2b90d9431

uはunpasteurized cheddar cheese(低温殺菌されていないチェダーチーズ)。他にuで始まる食べ物って無い?と言いつつ私が思いつくのもumeboshiくらい。(笑)

12239ed24e0c90c2d199402935369271ce09dd9c

Vはビネガー。白ワインビネガーのゼリーで作ったとのこと。

9fe08232a10b4fb6b64ee4665b5d76f2b9edb4ed

Wはwalnut(クルミ)。これをくり抜くのは至難のワザでは?

E721c3c19ac35aa55ad14aafff1278a37c839b23

Xで始まる食べ物はさすがに難しかったようで、「西瓜(スイカ)」の中国語読み「xīguā(シーグアー)」が登場!

F1daed32275131d8fa9aaef8651666e75aca6d59

yはヤマイモの一種のyam(ヤムイモ)で。

17fa14f51aa626bcfcb2098ccabda0c268184297

Zはズッキーニ。これで全アルファベット制覇!

こうしてみてると「ドレミの歌」を思い出しちゃう。日本語でも、カタカナとかならできるかも…。色々考えるのが楽しそう。

ちなみにSarahさんはかわいい数字も彫っているので、気になる人はInstagramを覗いてみよう。

Licensed material used with permission by @srh.ds
A to Zをデフォルメしたタイポグラフィをよく目にするが、「世界が抱える闇」を誰の目にもわかりやすく視覚化したものとして、これは秀逸。26文字のアルファ...
アーティストDiego Cusanoは、常日頃から他人と違ったモノの見かたを心がけているんだそう。食べ物×イラストで描く、彼にしか見えない世界がユニークすぎ!
今まで、美しく加工された食材を使うフードアートは山ほど見てきた。だけど、Danling Xiaoさんの作品は、変色していたり、イビツだったり。彼女が作り出...
冬だからって、ニオイに油断はできません。ニオイを抑える方法はいろいろですが、食べ物に注意するというのも効果的です。例えば、こんな食べ物はニオイの元になりや...
きっかけは、ある調査で確認した衛星写真。Adam Voilandさんは、カナダで観測された火山灰の影による「Vの字」を見て、NASAの写真を使ってアルファ...
はじめは、あまりにも細かくて、何が描かれているのかわかりませんでした。でも、じ〜っとよく見ると、そこにはあっと驚くミクロな世界が広がっています。もう、「食...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
イギリス出身のアーティストDan Rawlingsさんの作品は、標識や車、ノコギリ、タンクなどといった生活に根付く金属類から驚くほど繊細な草木、人のシルエ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
私の中で刺青イコール怖い人のイメージがある。だけど、アーティストのFabio Vialeの彫刻は、刺青は日本の誇れる伝統芸術であることに気づかせてくれた。...
今年5月に、台湾で開催されたサンドアート世界大会の優勝作品『宮本武蔵』の生みの親である保坂俊彦さん。日本ではまだ認知度の低い砂像(さぞう)の魅力を、保坂さ...
南米最大の現代美術展、「サンパウロ・ビエンナーレ」が開催されるブラジルばかりに注目がいきがちだが、アルゼンチンもまたラテンアメリカの現代アートシーンを牽引...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
インド東部、最貧困州といわれるビハール州の小さな村にある学校で、2010年国際的な芸術祭「Wall Art Festival(WAF)」が始まった。目的は...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
もしも世界がLEGOでできていたら、誰もが知る名画もこんな風に表現されるのかもしれません。ダ・ヴィンチにボッティチェリ、フリーダ・カーロからウォーホルまで...
Natural Resources Defense Council(天然資源保護協議会)によると、アメリカ国内における食料廃棄は、年間3千5百万トン。金額...
まだ卒業シーズンでもないのに「黒板アート」を話題にあげれば、当然季節外れな感は否めません。けれどその黒板アートで、このところアメリカのメディアを中心に話題...
斬新なタッチの油絵かイラストに見えますよね?でも、よーく見てみてください。妙にリアルな部分がありませんか?動きましたね?実はこれ、人に直接絵の具を塗ってい...
多くの人が偏食に対して、マイナスのイメージを持つことでしょう。だけど、その好き嫌いの原因は、どうやら親にあるようです。教育の仕方とかではなくて、もっと根本...