彼らはいま、「世界最小の公園」でくつろいでいる

コーヒーとドーナツを手にした男性2人が、路上に座り込んで朝から談笑しているこの写真。見たまんまですが、注目して欲しいのは彼らが腰を下ろしている場所。脇すれすれを自動車がすり抜けていきます。ここは片側2車線、目抜通りのど真ん中。だけど…公園!?

直径わずか60センチ!?
「Mill Ends Park」

フツーならば、これは中央分離帯の「植え込み」です。けれど、れっきとしたポートランド市の公園だというんだから。しかも厳密にいえば、公園とされるのは直径わずか2フィート(60.96cm)の円形の穴のみ(驚)。

この植え込みが、いかにして公園と呼ばれるようになったのか。ポートランド市のHPにこんなストーリーが紹介されていました。はじまりは70年前のこと。ひとりの男性のある行動に端を発した、中央分離帯にできた穴とポートランド市民のほのぼのする物語をどうぞ。

置き去りにされた「穴」を舞台に
人気コラムがスタート

およそ70年前の1946年、第二次大戦の帰還兵としてこの地に戻ってきたDick Faganさんは、地元紙「オレゴン・ジャーナル」で新たな人生をスタートさせました。オフィスはちょうどこの通りの目の前。

あるとき、中央分離帯の真ん中に街灯建設のための作業が始まりました。ところが、なぜかDickさんがオフィスの2階から見下ろす、この場所だけは最後まで街灯が立たず、台座と口をぽっかり開いた穴だけが残ってしまいました。

Dickさんは雑草だらけになった穴をきれいにして、花を植えることに。さらに当時、担当していたコラムの題名『Mill Ends』にちなんで、この穴を公園に見たて、架空の物語を紹介、1969年にDickさんが亡くなるまで、町の人たちに人気のコラムだったようです。

Dickさんが大切に育て、物語の主要な舞台であり続けた架空の公園は、彼の死後、町の人々によって大切に守られ、季節ごとの草花で美しく飾られていたそうです。そうして1976年、市は正式にこの穴を公園と制定。こうして「世界でもっとも小さな公園」は誕生しました。

ちょっぴりキケンな場所にある
町の象徴

地元の人たちから大切に愛され続けるポートランドのアイコン。毎年、ここでコンサートやピクニックが行われるというのですが、きっと歩行者天国にしてのことでしょう。

世界最小のミニマルパークを前に記念撮影、ただしくれぐれも道路の真ん中だということはお忘れなく。

Licensed material used with permission by @thelistroadtrip
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど、国内外問わず人気の場所。ここでは、インスタグラムに投稿さ...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
オーストリア・シュタイアーマルク州トラゲスにある湖「Gleenlake」。アルプスを望む自然公園にあるこの湖、冬場は1~2mの水溜まりなのですが、雪解け水...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
始まりは1944年。セーレン・ポールセンさんは20年間海外で生活をしたあと、故郷デンマークに帰ってきました。クライトロプ湖付近にある実家は酪農を営んでいる...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
鹿児島県にある神話の里の敷地内にある「道の駅 霧島」を紹介します。ご当地グルメを味わう、お土産を買うといった「道の駅」の魅力はもちろん、標高690mの立地...
カリフォルニア州、クパチーノ。通称、シリコンバレー。この土地に建設中のApple社の新オフィスが、まもなく完成の見込みだという。その名も「Apple Pa...
ポートランドを実際に訪れたことがなくとも、「DIY」のイメージを持っている人は多いはず。でも、たかだか人口61万人程度のこの街に、約70軒ものブリュワリー...
ニュージーランドのテ・ウレウェラ国立公園内でハイキングをしていた4人のフランス人観光客。彼らが公園内のつり橋を渡る時に撮影した動画が、大きな反響を呼んでい...
自由と自然が共存する「バラの都市」。毎週500人が移住する住みたい街全米No.1。DIYでクリエイティブ。サードウェーブコーヒー。etc...さまざまなキ...
世界一背が高くなる樹、通称「レッドウッド」(正式名称セコイアメスギ:スギ科セコイア属)が自生することで知られる、アメリカ・カリフォルニア州の「レッドウッド...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
空港での待ち時間って、どう過ごすか迷いませんか?ショッピングや食事をするのもいいけど、米・ポートランド空港は、ミニシアターで映画が楽しめるようになったんで...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
手の平に収まる程度のキューブ、小さなカメラに、薄いひし形のデバイス・・・実はこれ、世界最小クラスのIoTホームセキュリティシステム『Cube(キューブ)』...