「軍の配給食はまずい」という声に、ミシュラン風アレンジで挑んだら…

写真は、第二次大戦勃発直後のアメリカで開発された、軍隊用の野戦食(コンバット・レーション)だ。レトルトパックに入った調理済みの料理や、エナジーバーなどが1食分ずつセットされているものだそう。

そこに記された「MRE」の3文字。
これはコードネームの類ではなく、英語の「Meals Ready to Eat」の略。文字どおり、どこでもすぐに食せて、栄養補給できるというもの。しかし、これが兵士たちからは不人気なんだとか。つまり、マズイということ。

「おいしくない」のは見た目のせい
トップシェフのアレンジでどう変わる?

21179b3ac124a70662f1b5e38d029eade6fa6576

支給が開始された1980年代初期、お世辞にも「おいしい」と言えるレベルではなかったようで、「Meals Rejected by Everyone(誰も見向きもしない食事)」とか、「Materials Resembling Edibles(食べものによく似たマテリアルだ)」など、兵士たちはMREのワードを文字って、揶揄したそうだ。

では、この不人気のコンバットレーションだけ(追加食材一切なし)を使って、シェフが“リアレンジ”すると、どんな科学反応が生まれるのだろう。NYのトップシェフChuck Georgeが、この難題に挑んだ。

ミシュランガイドで「星」を獲得する人気レストランで提供されているような、自由な発想と表現力で、見栄え(もちろん味も)に、はたしてどこまで近づけたのか?以下、各国のコンバット・レーションと、料理人とのコラボを写真で比較してみよう。これならおいしそう?それとも…。

01.
アメリカ軍

A5e3c8a0cf6f16e7470dce1dc5bb6d46448e4938D06e40fc881a098cafed87375e1a7db440c0dac1

【メイン料理】
ベジタブル・タコ・パスタ、クラッカー、ローストピーナッツのつけ合わせ。

1ddf8463555c244f2ed611aa5f9bd4fefe4f58a4

【デザート】
洋梨のコンポート、エナジーバーのローストピーナッツアシェ、ピーナッツバターとチリライムソースを添えて。

02.
フランス軍

B35abb3085608a213051a208d3f56f5442aca5275b99eb4137f3d512f9dba922c128107b123ce07f

【メイン料理】
仔牛のプレート、鹿のパテ、プルーン、ポークリゾットとマッシュルームヌガー、エナジーバー、チーズとビスケット。

03.
中国人民解放軍

397eb2ea2109173987d963ff790239d775083846A865525234001bc3ce45833264da8c17375376b4

【メイン料理】
ツナとスイートチリライムソースの焼きそば。

81ffcd3439ab7a0e45506d431523f615dd91cf8a

【デザート】
パイナップルと仔牛の膵臓レモネードの香り。

04.
リトアニア軍

832e276c3b81f2383cbd6dc5da7d1f003eb4c9e27d85e5796aa6543eebbd1fdf8c8e1ee59fe8d604

【メイン料理】
肉(なんの肉かは不明)のタルタル、刻んだアーモンドとジャムをクラッカーにのせて、紅茶のフレーバーで。

Cbb68b1585c6763ed56a75434549057cdd8af5f2

【デザート】
2種類の食感が楽しめるレモン風味の「エネルギークリスタル」とチョコレートバー。

05.
大韓民国国軍

3e859de880f80901f20a5b8200ed772a63b012e250c4bc5981edc8011bda7899b8c62b2d573c7252

【メイン料理】
チキンと野菜の乾燥ビビンパにお湯をかけて、チリソースつき。

06.
ロシア連邦軍

Dc4854a179d300e24c765dc5714ea0f3108684d9D10cfd1157cdd67c1b438f25368bd0404d28c203

【メイン料理】
豚の脳みそポテトシチューと牛ステーキのレッドソース。

81f7ba01b998da90683622c2018f99c8fb663e2a

【デザート】
プルーンバー、アップルマーマレードにはじけるレモネードと溶けたチーズソースで。

マズイか否かは、さすがに食べてみないことには分からないが、おいしさがどの程度伝わってきただろう。まあ、野戦食ということを考えれば、それこそ選り好みができる状況ではないのかもしれない。

それでもGeorgeのチャレンジによって、普段なかなか目にすることのない兵士たちの有事の食習慣が垣間見えたんじゃないだろうか。続きは動画で。

Licensed material used with permission by Henry Hargreaves
過去にニューヨークでミシュランの3つ星を獲得した「SUSHI YASUDA」。その元オーナーで、現在は南青山に「SUSHI BAR YASUDA」を構える...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
日本のどこかで数日だけオープンする、今注目の幻の野外レストラン「DINING OUT(ダイニングアウト)」。過去には、佐賀県の有田や新潟県の佐渡で大きな成...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
しあわせやよろこびを他人と分かち合うことを、フランスでは「partagé(パルタージュ)」という言葉を用いて表現します。口にしてみると、口角がキュッと上が...
アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。摂食障害の治療は道の...
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...
『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『I...
カフェ・カンパニー代表の楠本修二郎さんと、TABI LABO代表 久志尚太郎の対談、後編は、「和食のもつ可能性」や「そもそも食べるということ」「瀬戸内の里...
食の知恵として古くからある保存法に「塩漬け」があります。肉も魚も野菜も、食材の水分を抜いて、保存性を高めるのに塩。塩分濃度が上がればその分、痛みにくくもな...
その時々の気分に合わせて、好みの食感を3種類から選択できる。そんなベーグル専門店が東京・代々木八幡にあります。もしかして、味だけで商品を選ぶなんて時代遅れ...
食べるときは「いただきます」。食べ終わったら「ごちそうさま」。食事は残さず食べること。使ったお皿は、自分で片付けよう。これらは、私たち日本人が食事をする時...
滞在先に到着したら、街の美味しいお店で食事をするのが醍醐味の一つかもしれません。でも、最初から美味しい料理が楽しめるホテルを予約するのもアリ!ここでは「T...
スイカの選別って意外に難しいもの。よく叩いたときの「音」が肝心なんて言いますが、音を確認してもいざ半分に切ってみると中身がスカスカ…なんてことも、ままあり...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
ダライ・ラマ14世が「戦争の現実性」について語った、言葉があります。人種や宗教を超えた“世界平和”実現に向けて、いま一人ひとりが何をすべきなのか?世界を行...
クリエーターエージェントクリエーター×クリエーターから生まれるコンテンツメディア「嫌なら職場を変えてもいい」。 好きなことを仕事にし、それを続けてきたパテ...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
東南アジアにおいて、香港もまたスイーツ天国のひとつ。お腹いっぱいディナーをした後でも、街を歩けばネオンに惹かれてつい立ち寄ってしまうのがスイーツ専門店です...