父の死と向き合い、蜷川実花が撮影した「うつくしい日々」

「死がもたらすのは、終わりだけじゃない」。写真から、そんな言葉が聞こえてくるような気がします。これは、蜷川実花さんが昨年の春、父・幸雄の死に向き合う日々を撮影したもの。見ていると、胸の奥がギュッと締め付けられるような切なさを感じます。しかし、伝わってくるのは悲しい気持ちだけではありません。

これまでの展示は、人々の目を楽しませるような色彩豊かなイメージが強くありました。だけど今回は、心にぽっと光が灯るような柔らかい優しさで溢れているのです。

「さよなら」をした
父の目から見た世界

132d1a4c561f01b0db08a1fef65c5e6f58eff996
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

朝起きたら信じられないくらい空が青くて、あまりにも綺麗だった。 どうせ逝くならこんな日がいいよね、って思った。

「うつくしい日々」と、名付けられたこの作品。父親である蜷川幸雄さんの死と向き合うために、この世を去ろうとする「逝く人の目線」で撮影されています。

キラキラと輝いていて、どこか希望を感じるのです。

「死」との出会いが
景色を変えた

1e7fd6acf947515de4b253ea2f651aef04d35aad
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery,

実花さん自身も、「どうしてこんな写真が撮れたのかわからない」と語っています。

そんな作品から見えるのは、大切な人の死と向き合った時にしか出会えない景色。尊い命を失うと、悲しみや不安で心はいっぱいになります。そんな時に、ふと周りを見渡すと、青く広がる空や力強く芽を出す植物など、目に入った全てのものから、あたたかい「生」を感じることができたそうなのです。

「うつくしい日々」は、亡くなった父と今を生きる娘の視点が重なって撮影されています。止まってしまったように思えた命は、実はそのまた子どもへと引き継がれていることが伝わってきます。

Df020844c19868f731d40b5e2293d84f2c2484ce
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
62f33a2ab390f6b5ee9b9f4c1473886ac68d03f6
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery
0f6ccf5526d03da24271d2f99f3d018e3f243bac
©mika ninagawa, Courtesy of Tomio Koyama Gallery

【開催要項】

◾️展覧会名:蜷川実花 「うつくしい日々」
◾️会期:2017年5月10日(水)〜5月19日(金)(会期中無休)
◾️時間:11:00〜17:00(水曜は20:00まで/入館は閉館時刻の30分前まで)
◾️会場:原美術館
◾️住所:東京都品川区北品川4-7-25
◾️当日券:一般1,100円

Licensed material used with permission by 原美術館
道後温泉といえば、『日本書紀』にも登場する日本最古の温泉。 夏目漱石の小説『坊っちゃん』にも描かれるなど、愛媛県を代表する観光地として知られている。そんな...
蜷川実花といえば、映画『さくらん』や『ヘ ルタースケルター』の監督を務めた人物として広く知られている。最近では、愛媛県・道後温泉とのコラボレーション企画「...
日本最古の温泉である道後温泉と蜷川実花氏のコラボレーション企画「蜷川実花×道後温泉 道後アート2015」。グランドオープンから約2ヶ月が経過した現在、In...
従来、新幹線といえば、我々を目的地へと移動させる「手段」でしかなかった。だが、もしかすると、そうした考えは終わりに近づいているのかもしれない。このアーティ...
幻想的なイルミネーションが各地で楽しめる冬は、カップルにとって楽しみな季節。とはいえ、どれだけライトアップが鮮やかなものだろうと、ひとつだけ問題があります...
誰にだって、生きていればどうしようもなく落ち込む瞬間が訪れます。そのなかでも最もつらい経験のひとつが「身内の死」かも知れません。ここで紹介するのは、大学時...
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
六本木・森美術館で6月11日(日)まで開催中の『N.Sハルシャ展-チャーミングな旅-』が、SNSに特化した(とも思える)独特の手法で展示をし、観客を集め、...
犬は、人間よりも早く歳をとるもの。だから歳を重ねる毎に、なるべく長生きして欲しいと祈りつつも、覚悟はしておかなければならないと自分に言い聞かせる。犬と一緒...
人生は旅のようなもの。旅で大切にしたいのは、どこに行ったかよりも、何を感じ何を考えたか。だからこんな「トリップ体験」ができたら、どんな国を訪れるよりもよっ...
クレマチスの丘にある「IZU PHOTO MUSEUM」に行こう!そこは、静岡県三島市に隣接する、花・アート・食がコンセプトの複合文化施設。庭園やミュージ...
夜、みんなが寝静まったころ、おもちゃたちが勝手に動きだして、おしゃべりをし始める。子どものころ、そんな空想を思い描いたことはないでしょうか。普段、モノとし...
どんな人でも、「死」から逃れることだけはできません。一般的には「静かに、穏やかに、眠るように死にたい」という人が多いようですが、実際のところ、人はどのよう...
愛する人の死に直面したとき、その事実を受け入れることは本当に難しいものです。亡くなった後でも、大切な人とはどこかで繋がっていたい。その一念が、無意識のうち...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
女性ライターのDana Michは、米ヴァージニア州で夫と愛犬と共に暮らしている。そんなDanaは、9ヶ月前に父親を亡くした。ここで紹介するのは「Wash...
2015年の訪日外国人の数は約1,970万人。2016年は2,000万人を超えることが期待されています。そうすると、訪日観光の目的としての「アート」はま...
「赤ちゃんポスト」に「ゆりかごプロジェクト」。赤ちゃんの虐待死を防ぐため、これまで多くの施策が打たれてきました。しかし、今でも2週間に1人、生まれたばかり...
ラブラドール・レトリバーは、数多い犬種の中でも知能が高い犬。人間が思っている以上に表情や言葉から状況を理解し、心にそっと寄りそってくれます。アメリカ・アイ...
2014年の4月に父親が、ステージ4の肺癌末期であることを医師から告げられた写真家のShin Noguchi。彼の人生で初めて、「父の知らない父の秘密」自...