「文章が苦手だから、自分だけの景色をつくったよ」。いざ、見たことのない世界へ

サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目的地や景色」を作ってしまった。

そしてこれが、文章を書くことが苦手なTedさんなりのストーリーの伝え方だという。彼だけが描くことができる世界を、少しだけ覗かせてもらった。

世界中どこを探してもない
「たった一つの景色」

Caa2c2414ae4ada4f8f8062fdf1aae5fb034dc39

朝焼けの中、橋の下を散歩。

765e8dafa4b04a3dc61a3661321b55e9e72ac8bd

まるで海の上に浮かぶお城…。

0679a46178ed60d58e6c7be90c5c5e65d2875e8f

もちろん山にも行くさ。
ロッククライミングならぬマウンテンクライミングに挑戦。

74bddf9f1de03fda7204490d8e1fcb03fc464433

途中で出会った生き物。君はどこへ導いてくれるの?

A104f3e4ed2827e197b23d12508928a272c1260b

ここは水、氷、炎の「交差点」が見れる、とっておきの場所。

Bf35cbe9d8e384724e764fbd5840e5c4b1a82315

砂漠の先にあるのは砂の城か、それとも…。

C1ac06daddee5eeb20705322f05ee2596485500e

魚が見れるのはなにも水の中だけじゃない。雲海でも活きのいいのがいた!

352a41d9856db04f00314a26468a61ef50b8dcab

やっと辿り着いた。ここが「世界の終わり」。

9af8a87dd043800b8fcf01b72b306da5977ec522

ずっと先の景色まで見たいから、日が落ちる前に灯台に登ろう。

3e765638de3c70eb961ed9be0f7cb01b59e7082a

あるビーチに行ったら、三日月が落ちていた…。

C9efce1373b131295624477014e58698985b24d0

空に浮かぶ満月に見守られながら、また次の目的地へ。

Tedさんの「行けないなら作る」という発想には、クリエイティブアーティストとしての強いパワーを感じる。「将来的には、社会に影響を与えられるような、さらに大きいプロジェクトに取り組んでいきたい」と話してくれた。 

Licensed material used with permission by Ted's Little Dream, (Facebook), (Instagram)
押し入れの奥にしまってある、思い出のアルバムーー。最近は、すっかりデジタルカメラやスマホに移行し、アルバムをめくって思い出を振り返る機会も減ってしまいまし...
クラウドファンディングサイトで出資を募り始めたばかりというのに、すでに目標額を320%達成しているイヤホンがあります。じつはこれ、音楽を楽しむためのもので...
「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマ...
シンプルアートが心に響く。複雑なアートがある中で、逆にシンプルすぎるアートに、私たちは惹かれるのかもしれない。それが、彩度の高いInstagramの世界な...
「理想の自分」や「なりたい自分」、それらにふさわしい生き方をするには、まずもってコンセプトづくりが大切です。第一線で活躍するアスリートたちを例に、このコン...
気がつけば、スマートフォン片手に、夢中になって撮影する人の姿で溢れるようになった。インスタグラムに代表されるようなSNSを開けば、撮ったばかりの写真が途切...
「なぜお尻が良くておっぱいが悪いっていうの?見せかけの偽善に息が詰まりそう」デビュー当時より、鋭くフェミニズムの観点で社会的メッセージを発信し続けてきたマ...
1990年代から、パリのグラフィティシーンで活躍してきた、ストリートアーティストJulien “Seth” Malland氏。無機質な建造物の壁一面をカラ...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
一面、銀世界の上にリフトが連なり、なんとも綺麗なスキー場の風景…。しかしみなさん、お気づきですか。じつはこれ、洗濯物干しとタオルで作られたミニチュアアート...
縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスで...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。そこでは、コンピュータやスマホ、タブレットから時計に至るまで、デジタル機器に触れることは...
お花畑みたい?ちょっと食べるのを躊躇する?見ただけではいろいろな意見が出そうなカラフルなパスタですが、ちょっとワクワクします。料理としての味にこだわりつつ...
作品を制作した堀内辰男さん(75歳)は、パソコン画を始めてから15年、今も新作を発表し続けている、海外でも話題のデジタルアーティストです。驚きなのは絵を描...
Maude Whiteの作品の繊細さには理由がありました。彼女は、映像作家と物語作家の両親を持ち、映画と本に囲まれた環境で育ったアーティストです。書物の重...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
アメリカ・ミネソタ州に住むアーティスト、Christopher Cline(クリストファー・クライン)さんの愛犬ジュジは、世界一大きな「子犬」としても有名...
フォトグラファーであり、ロードトリッパーのMolly Steeleさんは、自由をこよなく愛する女性。彼女が行く先々で撮影した写真は、つねに自然体で、旅する...
ハワイを拠点にしたアート集団「POW! WOW!」。展覧会を開いて人を集める従来のスタイルとは異なり、自分たちで世界各地どこへでも行ってしまう。目的地では...
インターネットなしでは、もうまともな生活ができないかもしれない…なんて思うことはあるけれど、たまには完全に離れてみるのもなかなかいい。高速インターネット環...