マジシャンの手にかかれば、「技術力」もイリュージョンと化す(動画がすごい)

テクノロジー全盛の時代に、マジックはボクたちに何を示してくれるのだろう。仮想現実や拡張現実の登場は、「イリュージョン」という何となく子供だましのようで、あいまいな錯覚を、どんどん窮屈な世界に追いやっているようにも思えます。

が、必ずしも技術の進歩とイリュージョンは、相反する関係でもないようで。両者を見事に融合させるマジシャンがいました。

テクノロジーが
テクニックと相まみえる

ヴァーチャル・マジックの第一人者マルコ・テンペストによる、小型ドローンを使った“イリュージョン”を紹介します。これまでにも、iPadやロボットなどテクノロジーをマジックと融合させてきたトップマジシャンの最新作。

ドローンの性能を知っていれば、これを「手品」と呼ぶには抵抗がある。それでもマルコのジェスチャーや指示に操られて動くドローンは、目の前にある「現実」が言葉の意味ほどのリアリティをもっていない事実に気づかされます。

7e3328fb22c8205d89d34dd278095d91fc02adb0

ドローンをひとつひとつ均等にフロア並べていくマルコ。これがマジックならば、見る側は準備段階をとくに注視することでしょう。でもここではその必要もなし。ざっくり言えば、これから始まるのは小型ドローン飛行だから。

2de96d15c52caa6a76d22af96542ee155fab9698

準備完了、計10機のドローンに魂が宿る時間がやってきました。

A131275967b290b6c31ae36806b4f9f603a02cc9

「およそ100年前、マジックの世界で『空中浮遊』が登場しました。だけど、こんなに長く浮かんでいられたか?もちろんNO。これはテクノロジーが生み出した結果。でもね、それだってイリュージョンになるんですよ」。

たとえ、これが技術によるトリックだったとしても、それすらもボクたちの想像を超えているように見せることができる、とマルコ。

それにしても、どうやってドローンを1機ずつ操作しているのだろう。なんて、疑問は野暮ですね。

イリュージョンは
テクノロジーの道標

0bed378c104636a298b22d024fc8e53220acbdea

現実世界でボクたちが感知する方法に、“別の情報”を加えることで、あたかもそこにあるように見せる。思えば拡張現実がつくり出す「非現実」も、マジックが見せてくれる「イリュージョン」も、どちらも驚きを与えてくれることには変わりません。

錯覚や幻想を目に見えるかたちで示してくれるのがテクノロジーだとしたら……両者の関係はこれから先の未来も、持ちつ持たれつなのかもしれませんね。

それでは、マルコ・テンペストにしか表現できないテクノロジーとテクニックの融合したイリュージョン、どうぞご堪能あれ。 

Licensed material used with permission by Marco Tempest
この結婚式の動画がすごい!とYouTubeで話題を集めているのは、プロのマジシャンとして活動する新郎のジャスティン・ウィルマン氏が自身の結婚式の冒頭でパー...
その顔には、「一体どうなってるの!?」と書いてあるかのよう。ドイツ人マジシャンのサイモンさんがiPadを使って繰り広げる手品に、チンパンジーのモナちゃんは...
ここで紹介するのは、海外で話題のカーディストリーを披露する動画。カーディストリーとは、手とトランプだけを使った曲芸。マジックとは異なるのは、いわゆる“タネ...
テクノロジーは日々目覚ましい進歩を遂げていますが、じつは釣りの世界にも新しい風が吹いています。例えばマグロ。通常マグロを釣るなら船に乗って沖に出なければい...
「2015年は、アメリカのおもちゃ業界がここ10年で一番盛り上がった年」。と、MOTA社。そして、その中でもドローンは人気だそうですが、たしかに種類がもの...
飛行中のドローンに雷が落ちたら…。ありえるケースですが、実際どうなちゃうのでしょう?こんなギモンを解決する実験が行われました。一部始終を動画でどうぞ!
2016年7月、ルワンダで輸血用血液などを含む医薬品を、ドローンで輸送する取り組みが始まる予定です。「The Verge」によれば、将来的には各病院からテ...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
まずはこの動画を見てみよう。これは新たにオランダ国家警察が採用を検討している、猛禽類によるドローン捕獲訓練の映像だ。「IEEE Spectrum」にその詳...
レーザーでも放つんじゃないだろうかというSF的なビジュアル。あながち間違いではありませんでした。これは、ドローンを撃ち落とさずに捕獲できる画期的な銃。2キ...
これまでにも幾度かドローン技術を使った「植樹」のチャレンジが話題となっていましたが、、米オレゴン州でついに、本格的なビジネスとして動き出しているようです。...
つい先日、Facebook社が空からネット環境を届けようと開発を進めているソーラー飛行機、「Aquila(アキラ)」の初フライトを成功させました。一方、通...
そのサイズ、わずか2.2cm×2.2cm!重さはたったの7グラム!驚異的にスリムなミニドローン「SKEYE Pico Drone」がとにかく凄いんです。め...
いわゆる「絶景本」などの影響もあり、近年、一気に知名度を上げた「ウユニ塩湖」。でも、どれだけ情報が溢れようと、こんな「空撮映像」はなかなかお目にかかれない...
「白クジラ」は、日本で言えば白いヘビのようなもので、ヨーロッパでは「もし見ることができたら幸せになれる、と言い伝えられている、幻の生き物のひとつだそうです...
テレビゲームでやっていたようなことが、現実世界で実現!最近話題のドローンを使った「レースゲーム」が、未来すぎてめちゃくちゃ楽しそうなんです。仕組みは簡単。...
1億──。これは、いまだ世界中に眠ったままの地雷の数。さらにいうと、この負の遺産のせいで、毎日10人もの一般市民が死亡・負傷する事態となっている。この状況...
現在、死海のまわりには、死海の塩やミネラルを利用したプロダクトを製造する工場が乱立。その結果、海水面が低くなっていき、シンクホールができるようになってしま...
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
世界一小型なカメラ搭載ドローンだという「SKEYE Nano 2 FPV」は自撮りに特化した「セルフィードローン」。手頃な価格とコンパクトさ、高度な操作性...