「アメリカで就活予定」の人にだけ、チェックしてもらいたい記事です。

もしもアメリカで働けるとしたら?と想像してみたら、仕事探しに最適な街はそもそもどこなんだろう?と考えた。勢いで行ったのはいいけれど他の街にすれば良かった…なんて思わないよう、興味がある人は大手求人検索サイト「Indeed」が初めて出した、「職探しに最適な街リスト」の記事を参考にしてみてほしい。

リスト作りに活用した
「4つの質問」

「職探しをする人たちにとって、一番良い街はどこだろう?」

これは答えるのが難しい質問だ。人はそれぞれ違うわけで、どこへ行ってもホームと呼べる場所なんてないと思う人もいれば、どの街へ行っても隣の芝生が青く見える人もいる。

そうは言っても、ほとんどの人が賛成するであろう重要な事柄がいくつかある。そして現代は、住んだり仕事をしたりするのに際立って良い街はどうしてそう受け止められるのか、理由を知りたい時に参考にできるデータが今まで以上にある。

では、職探しに最適な街とは?私たちは4つの質問を聞いてみた。

・地元の労働市場が職探しをしている人に対してどれほど好意的か?
・その土地に必要な生活費に合わせると平均的な給料はどれくらいか?
・雇用者がワークバランスをどれくらい評価しているか?(Indeedのレビューデータベース上)
・雇用者が仕事の安定や昇進の機会についてどれくらい評価をしているか?(Indeedのレビューデータベース上)

Indeedに最も載っている50の主要都市のデータを分析し、その後それぞれの重要項目のパーセンタイルを計算。次に、データサイエンスチームが計算を行い、Indeedシティースコアとして結果をまとめた。

職探しに最適な街(2017)

68fc001b51a0f3121263f63f1c78a1729e789196

1. フロリダ州、マイアミ (89.2)

2. フロリダ州、オーランド (85.5)

3. ノースカロライナ州、ローリー (84.5)

4. テキサス州、オースティン (82.1)

5. カリフォルニア州、サクラメント (81.8)

6. カリフォルニア州、サンノゼ (78.6)

7. フロリダ州、ジャクソンビル (76.5)

8. カリフォルニア州、サンディエゴ (75.1)

9. テキサス州、ヒューストン (74.6)

10. テネシー州、メンフィス (72.6)

11. ネバダ州、ラスベガス (72.5)

12. カリフォルニア州、サンフランシスコ (70.0)

13. カリフォルニア州、リバーサイド (69.7)

14. ジョージア州、アトランタ (68.6)

15. カリフォルニア州、ロサンゼルス (66.6)

16. テキサス州、サンアントニオ (64.9)

17. ワシントン州、シアトル (63.6)

18. コネチカット州、ハートフォード (62.3)

19. ノースカロライナ州、シャーロット (61.7)

20. フロリダ州、タンパ (57.3)

21. ロードアイランド州、プロビデンス (56.6)

22. バージニア州、バージニアビーチ (52.7)

23. アリゾナ州、フェニックス (51.8)

24. テキサス州、ダラス (51.8)

25. バージニア州、リッチモンド (50.5)

※(   )はIndeedシティースコア

上位5都市の特徴

1. フロリダ州、マイアミ:

マイアミにだってもちろんマイナス要素はあるが、4つの要素のスコアをまとめるとランキング1位に輝いた。Bureau of Labor Statistics (BLS・米労働統計局)によると、一番大きい産業に、貿易や交通、そして電力会社などがある。

2. フロリダ州、オーランド:

多くの人にとって、オーランドはテーマパークやリゾートのイメージを思い浮かべるだろう。BLSによると街の一番大きい産業はホスピタリティ&レジャーだということだ。ディズニーリゾートやチェーン店の存在感が大きいので、驚くこともないだろうが、2番目には貿易がくるので仕事の機会は多岐にわたる。

3. ノースカロライナ州、ローリー:

仕事を探している人にとっては、リストにある街の中で最もフレンドリーな労働市場があるのがこの土地。給料の面でも良い。

主な雇用主には、デューク大学やヘルスシステムなどがあり、一方でBLSのデータによれば、専門的なサービスやビジネスが挙げられている。 

4. テキサス州、オースティン:

国勢調査によると、2011〜2014年の間アメリカ国内で最も急成長していた都市だ。オースティンはテクノロジーのハブであり、Apple、Dell 、Indeedの本社などがある。しかし、州会議事堂もあるので政治もオースティンの主な産業に入るのだ(BLS)。

5. カリフォルニア州、サクラメント:

一部にとっては驚きの結果かもしれないが、サクラメントはカリフォルニア州の中でもリストの中で、一番上だ。州会議事堂があり主な産業は政治で、25%近くにのぼる人がこの関連の職に就いているのだ!また、大手の出版社を始めとする様々な業界の、地域の中心的な場所となっている。

ニューヨークなどの大都市から
人が離れている現実

638772050023be956c26eaadc0a9e29299097cc2

これまで数十年間にわたって多くの人にチャンスを与えてきた、ニューヨークやシカゴなどの大都市がリストから落ちた。これは、人々がこれらの都市から離れているという、国勢調査が出したデータと一致している。

事実、近年リストから落ちているクリーブランド、ピッツバーグ、バッファローのような大きな街でも人口が減少してきている。また、セントルイスなどの街は人口の変動があまりないがリストに入っていない。とはいえ メンフィスでもあまり増えてはいないのだが、リストのトップ10に入った。

Indeedのシニア バイス プレジデントは「製造業の仕事は確実に減少していて、一世代昔のようにキャリアの成長を見込めない」としている。結果として、以前は集中していた州が今、働き手を引きつけるために経済を多様化させていて、自分たちの場所から能力がある人材を逃さないようにしているのだ。

だから、たとえ「最もチャンスを得られる都市」ランキングが昨日発表されたとしても、今日には違う結果になっているなんてことが起こりうる。そして時間が経つにつれ、このIndeedのリストも変わるだろうが、2017年版はひとまずこの通りといえる。

Licensed material used with permission by indeed
学生生活も後半に差し掛かると、就職活動が始まります。中には、何社も内定に落ちてしまい気分が落ち込んでなかなか次に行けないという人も。ここでは、就活あるある...
新しい仕事を探して、ポートフォリオの準備をしたり、面接のシミュレーションをするのは、胃がキリキリするもの。不安でいっぱいになり、手は汗ばみ、吐き気すら催す...
2016年はみなさんにとって、どんな1年だったでしたか?不完全燃焼でしたか?充実していましたか?結果はどうにせよ、それぞれ素敵な瞬間もあった1年だったはず...
就活がうまくいかないこと、でも諦めないことをLinkedInに投稿したJasmine Pakさん。この投稿がLinkedInのCEOの目に止まり、多くのシ...
ビジネス環境がめまぐるしく変化する現代。社員の働き方を変えることで生産性が向上し、仕事と生活の両立を図るワークスタイル変革がアメリカで注目されている。何で...
今年も国連の世界幸福度報告書による「世界で最も幸せな国ランキング」が発表されました。このランキングは、2012年から毎年リリースされているもので、世界全体...
いま、アメリカでは「理想の人生像」を求めるあまり、命に関わる問題にまで発展する事象が起きているそうです。その原因の発端にあるものを一言で表現すれば「完璧さ...
北カリフォルニアでニュースキャスターをするFrank Somervilleは、ある日、Facebookにこんな疑問を投稿しました。「もしも僕がアメリカに来...
幸せ。それは誰もが願うことですが、意外と日常に転がっているものだとも言えます。コーヒーがおいしかったとき、お散歩に出かけたらいい天気だったとき、洋服がキマ...
仕事をするうえで、上司から「デキる人」と思われることには、大きな意味がありますよね。社会人2〜3年目の“伸び悩み”を感じ出した人に届けたいこの記事。「お前...
これから登場するのは、21の質問です。どうぞ正直な心で、それぞれの問いに答えてみてください。自分でも気づいていない心の声に耳を傾けるきっかけに。01.毎週...
世界中の旅人の口コミをもとにしたトリップアドバイザーによる「外国人に人気の日本観光スポット2017」が発表された。普通なら、10位あたりから徐々にランキン...
この記事にたどり着いたアナタ。少しスマホを操作する手を休めて、じっと手を見つめてほしい。あなたの手で、中指の次に長いのはどの指?なんと、こんな簡単なことで...
近年アメリカでは、「小さな家で無駄なく豊かに暮らす」新たなライフスタイルが流行。トレーラーハウスやタイニーハウスで、自分らしく生活する文化に注目が集まって...
たとえ二人が一緒に過ごしていても、その理由が「愛」か「執着」かでは大きな違いがあるもの。でもコレって、自分ではどちらなのか判断しにくいですよね。そこで、大...
社会的、経済的な側面から「ミレニアル世代」と呼ばれる18歳〜34歳。この世代特有の価値感の変化がさまざまなメディアで伝えられますが、ここで紹介したいのは、...
「海外に住んでみたい」「日本を出て自分を試したい」。みなさんの中にも、世界へ飛び出して仕事をしてみたい、と考えている人がいるでしょう。しかし、海外在住の人...
私は17年間のサラリーマン時代、10年以上をプレイングマネジャー(中間管理職)として働いてきました。そこで気づいたのは、実はマネジャーには、みんなをグイグ...
カリフォルニア州の動物病院に勤務するEvan Antin医師。彼がとにかくイケメンなんです。大人のセクシーさには、病気だったはずの動物たちも思わずうっとり...
世界的なクラフトビールブームの火付け役と言われているアメリカで、その歴史をアーカイブするための人員が募集されています。求人を出したのは、同国を代表する研究...