「廃棄する前に、できることがある」。買い手が値段を決められるスーパーマーケット

まだ食べられるのに、消費期限が近いからという理由だけで廃棄されてしまう大量の食材。誰もが「もったいない!」とは思うものの、具体的に解決しようと思うとそれはそれで難しい。

オーストラリアのシドニーにオープンしたのは、そんな廃棄直前の食料ばかりを集めたスーパー「OzHarvest Market(オズハーベストマーケット)」。

さらに、買い方もちょっと変わっているんです。

買い手が自分で値段を
決められる

C522be09da4beeac24d57b533da9faef4eb63304D72e2ccc65636969a145211f360d001dab9fba13680190a8ae5af2f532afeb82ec2623576dc3dd72

ここには、通常のスーパーなら必ずあるものが存在しません。

それが、値札。

買い手が、自分で商品の値段を決めて買うことができるんです。

B3d415fedab0a5c48a8aa0d9a43f76d64396351d

スーパーを設立した「OzHarvest」は、食糧問題の解決に取り組む、慈善事業団体。

オーストラリアでは食品廃棄のために年間200億ドル(約2,100億円)の費用がかかっていて、400万トンの食糧が埋立地に捨てられているそう。また、644,000人以上の人々が毎月食糧援助を受けていて、その1/3が子どもだと言われています。

このような現状を打破する試みの一環として生まれたのが「OzHarvest Market」買い手が値段を決めるというシステムには「新しいアプローチで食べ物の浪費を最小限に抑え、飢えに苦しむ人を救いたい」という想いが込められています。

売上は、活動資金に

Dd7c681fe52efd7dbd1c5b92fb3155131cc55e6c37d85eb053d22b8a645c1623c0ef0b7cb0be0d71

運営は基本的にボランティアによって行われていて、平日10:00〜14:00までの営業。売上は彼らの活動資金となり、今後もオーストラリアの食糧問題を解決するために使用されます。

787acaaa0c3bb194ec151b299bf739341a2fcd93

食糧を無駄にしないために、そして食糧難を解決するために動き出したプロジェクト。

このシステムが世界中に広がる日はまだ先かもしれませんが、食べ物を無駄にしないよう、改めて意識させてくれる取り組みですね。

Licensed material used with permission by OzHarvest
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
「バターメモ ブロック」は、メモをそのままバターに見立ててパッケージされています。パラフィン紙のパリパリした感じとか、このままスーパーの食品コーナーに置か...
去る6月13日、上海に世界初の次世代スーパーがオープンしました。なんと、自動運転するとのこと。今まで「行く場所」だったスーパーが、「来るもの」になる時代が...
法案は「全会一致」で可決。2016年2月5日、フランスは世界で初めてスーパーマーケットに対し、売れ残り食品の廃棄を法的に禁ずる国となった。今月5日から、廃...
過去に、セルフ精算機がスーパーに並び始めたときにも驚いた。え、自分で精算していいの!?って感じ。でも、お次はそれすらいらなくなってしまった。IDを認証して...
2016年2月22日、デンマークの首都コペンハーゲンにオープンした、賞味期限切れの食品を専門に扱うスーパー「Wefood」が話題を呼んでいます。通常のスー...
食料廃棄を減らすムーブメントは、これまでにもいくつか紹介してきましたが、ロンドンでリリースされた「OLIO」は、ユーザー間で余った食料を「おすそわけ」する...
食品ロス削減に向けた大胆な施策が続くフランス。2015年5月、満場一致で可決されたのが、スーパーマーケットの食品廃棄処理を禁止し、売れ残りの食品を慈善団体...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
2016年3月22日、スターバックス社が売れ残った食品を寄付するプログラム「FoodShare」の開始を公式リリースで発表しました。安全な食料の廃棄を削減...
産地直送野菜──。収穫したての鮮度をいかに保ちながら、それを商品として売り場に陳列するか?これは、ブラジル大手スーパーチェーン店の企業努力を紹介した動画で...
Sit, Eat, Enjoy.When you are happy & full,pay as you feel in our Magic Mo...
2016年5月10日、NYのユニオン・スクエア・パークで開催されたとあるフードイベントで、5,000食のランチが無料で振る舞われたそうです。調理を指揮した...
いまやビールに求められるものは、のど越しよりも、ワインでいうところのテロワール(産地の個性)や、つくり手のアイデンティティのようなもの。クラフトのなかでも...
あなたは、冷蔵庫の中身をすべて把握できている?いつ買ったかも覚えていない、いつ食べるかも分からない食料がゴロゴロしている。そんな人にこそ見てもらいたいのが...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
知っているだけでお得感が倍増し、さらには節約にもなるスーパーでのお買い物ハックを「LittleThings」ライターAngel Chang女史がアドバイス...
ノルウェーの首都・オスロに来たなら、ぜひ訪れたいのがグリューネルロッカ地区。アーティストや芸大生たちが好んで住まい、ヴィンテージやユーズドショップが通りに...
都心では、スーパーのレジ袋が有料化となる店舗が次第に増えてきています。それでも、ご自慢のエコバッグの中はといえば、食材を抜いた後で結局、ゴミ箱へと向かう包...
和紙や木の薄皮にも見えるこの素材、実は肉!しかも、賞味期限が過ぎたもので作られているんです。これはベルギー人デザイナーのIssac Monteさんが始めた...