摂食障害の女性を「ファッション」から応援するプロジェクト

アメリカでは約2,000万人の女性が摂食障害に苦しんでいて、女性の約200人に1人が拒食症、100人に1人が過食症だと言われています。

摂食障害の治療は道のりが長く、治療費も高額です。そんな女性たちを救いたいと、少し変わった視点から支援を行っている団体があります。

それは「サイズの書かれていない服を送る」というもの。

治療の一歩は
「体重やサイズを見ない」こと

Ed1611b339f2ab20c0110921292f43d27a3c14b1

プロジェクトの中心となっているのは、自身も摂食障害で苦しんだというErinさん。

過食と拒食を繰り返すうちに、彼女のクローゼットは着られない服でいっぱいになってしまったのだそう。

「でも、治療費が高額だから新しい服も買えないし、そもそもお店で服を選ぶのが苦痛だったの」

服屋へ行けば、当然すべての服がサイズで分けられています。さらにたくさんの鏡に囲まれて、自分の今の体型と服のサイズが明らかにされてしまいます。

摂食障害の治療の第一歩は、自分の体重や服のサイズを見ないようにすること。新しい服を買おうと思うと、それができなくなってしまうのです。

サイズが
書かれていない服を

Bf73dfdbbf58a8aa80a6eb49128b96ec82963bf3036e5ea795110d446b59352e7d2b81dd8b22d82f

「自分と同じように苦しんでいる女性は、たくさんいるに違いない」と思ったErinさんが立ち上げたのが「Garment Project」。

摂食障害の治療を受けている女性が対象で、その治療を担当している医療機関がGarmentに女性の現在の体型などの情報を登録。Garmentは、その情報を元にTシャツやジーンズ、下着などの基本アイテムを送ります。ちなみに服は、すべて寄付された新品。

96e30c2277490139c54d2f8783d5d5324a91f581

その後、登録された女性の好みやファッションのテイストに合わせた服をGarmentがピックアップし、専用ページに載せます。女性はその中から自由に着たい服を選ぶことができ、選んだ服は直接女性の自宅へと送られます。

さらに、気に入らなかった服はいつでも返品OK。着払いの箱に入れて返送できます。

重要なのは、服についているタグなどのサイズの情報が、すべて取り除かれていること。サイズを気にせず、好きな服を着ることができ、治療に専念できるのです。

「自分が自分らしくいられる服を選んで欲しい」という気持ちから始まったこのプロジェクト。摂食障害に苦しむ女性を救う新しい支援として、今後の広がりが期待されます。

「the Mighty」に投稿された、拒食症に苦しむある女性が綴った手記を紹介します。彼女は普段、流動食のチューブをつなぎながら生活していて、かつ鬱病も患...
何らかの精神的理由から、食事をとれなくなってしまう「拒食症」。「Me and My ED(私と私の拒食症)」は、そんな病に苦しむ患者たちの“心の声”をイラ...
全裸でピッチに立つ女性たちは、オックスフォード大学の女子ラグビーチームです。もちろん、このまま試合に臨んだりはしませんが、彼女たちがこの姿でプレイしてるの...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...
『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『I...
世界にはふしぎな食べ物があふれています。日本人にとっては「え?そんなの食べるの?」とびっくりするものもありますが、外国人から見た日本食はどんなふうに見える...
22歳のSonaksha Iyengarさんは、インドのバンガロールを拠点に活動するアーティスト。彼女が描くイラストシリーズ「#AtoZofMentalH...
日本人の食事はカルシウムが不足しがちと言われています。カルシウムは体内で最も多いミネラルで、その99%が歯や骨に存在します。そのため不足すると骨や歯が弱く...
女性からすると「えっ!?」と思うようなファッションを、実は多くの男性が好んでいる。そう主張する「Elite Daily」の男性ライターKevin Schl...
写真は、第二次大戦勃発直後のアメリカで開発された、軍隊用の野戦食(コンバット・レーション)だ。レトルトパックに入った調理済みの料理や、エナジーバーなどが1...
スイーツを中心に日本でも火がつき、今グルメたちの間で高い注目を集めている台湾料理。その中でも歴史と伝統のあるのが「素食」です。素食とは、台湾の精進料理のこ...
花粉症シーズン真っ只中。辛くて薬が手放せない、なんて人も多いのでは? 早速、花粉症の症状を和らげる効果が期待できる食べ物や飲み物を紹介していきましょう。0...
サブスクリプションサービスって、聞いたことがありますか?アメリカでは2012年頃からメジャーになったビジネスモデル。日本語では、定期購入や頒布会がこれにあ...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
キア・ブラウンさんは、ニューヨークに住む25歳の女性。脳性麻痺を抱える彼女は、自分自身の写真に「#disabledandcute(障害があっても私はキュー...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
2016年夏、NYの港に登場する予定のこちらの船は、「Swale」と呼ばれるプロジェクトの一環。船上に設置されるのは小さな森のような施設で、新鮮な野菜やフ...
人との出会いや、金銭的な折半ができるなど、シェアハウスのメリットにも様々なものが挙げられますが、日々の暮らしの中で基本になるのは、やっぱり「食」ですよね?...
日本語の「もったいない」の精神は、今や世界中で意識されるものになりつつあります。農林水産相によれば、世界で毎年13億トンもの食料が廃棄され、これは生産量の...
エネルギッシュで魅力的な女性たちの代表的な「おしゃれ着」といえば黒い服。ライターBrianna Wiest氏の主張はこうです。他人にペースを乱されることな...