この「よろこび」に共感できるのはクリエイティブな人間だけ

2017年4月25日、女性ライターErin Chackさんに待望の赤ちゃん(?)が生まれました。出産のまさにその瞬間をTwitterで投稿(のちにInstagramにも)した彼女の写真には、こんなコメントが添えられていました。

「一週間前の今日、私のかわいい、愛おしいわが子が生まれたなんて、まだ信じられない!」

実をいえば、彼女の言葉にはまだ続きがあるのですが、それは壮絶な出産シーンを失礼して覗かせていただいた後にしましょうか。

分娩台の上で必死の形相のJoanneさん。いま、まさに赤ちゃんが出てこようとしています。助産師の声に息遣いを合わせるErinさん。

0893b4b9d04085fd3251c9dacf75b5f9d3b76db8

助産師のかけ声とともに「う〜んっ」。見守る夫の握る手にも力がこもる。

Be7ed3ff6388f59de49c47f512aa764f61ecd7ee

「さあ、ママもう一息。ガンバって!」

E5ea222870e3392f785ed4933bcbad53a0ed83f7

「ハァ、ハァ、ハァ…Come Onnnn...!!」

63e0e0e95ac25d1128c2ec9ceee59fd334335122

「頭が見えてきた。さあ、いきんで!」

332f4df07de61b0eb9d9ddbdb6c8487af216d3b8

「おめでとう!よくがんばった。元気な“新刊本”よ」

…はい?

これが、「産みの苦しみ」

614483950abac81c6be8f7abf9a87c75be43d417

「……600グラム、234ページの元気な小説。ママはあなたを愛している」。

と、彼女の一連のコメントは、ここまでがフルセンテンス。2週間前、Erinさんは自著『This Is Really Happening』が上梓したよろこびを出産に喩えて表現したっていうオチ。

はい、不謹慎といえば不謹慎でしょう。でも、彼女の産みの苦しみが分からなくないのです。クリエイティブに携わる同じもの書きとして。それこそ生き血を通わせて、苦労して、そうしてつくりあげた自分の作品。

苦しみから逃げ出したら、幸せまで逃してしまうってことですよね、Erin。

00c4ef01d9ce7e0ff5393d4f246d8dcc66c008b7

ということで、ここは最後まで革新的でクリエイティブな彼女のジョークに乗っかって、こんな言葉でしめたいと思います。

Erin、よく頑張ったね。お幸せに。

Licensed material used with permission by @erin.chack
出産は人生の一大イベント!妊娠すると、自分の体がどんどん変化していくのを感じ、喜びを感じたり、ときには不安になったりしながら出産の日を迎えます。さらに、無...
つい先日、動物園で産まれた人間の赤ちゃんについて紹介しました。お母さんが園内で破水し、そのまま出産したというお話。世界中のメディアが注目しSNSでも話題を...
高速道路で出産した人のドキュメンタリーを見たことがある人はいると思う。では「動物園で赤ちゃんを産んだ人」はどうだろう?先月、アメリカのネブラスカ州の動物園...
大人になり社会へ出ると、クリエイティブ力を求められる場面が増える気がする。新しい商品開発やイベントの企画、プライベートでも結婚式の2次会やプレゼントの準備...
世界一、ビビリなパパを発見。どうやってもパパに爪を切らせてくれない彼女の名前は、マルセリーナちゃん。「Jukin Media」が紹介するこの動画のタイトル...
米ダラスの書店The Wild Detectivesが、毎週水曜日Facebookに投稿する4コマ漫画「Reading Quirks」を楽しみにしている人...
夫婦2人の出版社「アタシ社」は、神奈川県逗子市にあります。ミネシンゴさんは美容文藝誌『髪とアタシ』の編集長、三根かよこさんは30代向け社会文芸誌『たたみか...
時代が進むに連れて、必要とされなくなっていく職業がある。世界の歴史を紐解くと「こんな仕事が昔はあったんだ!」と驚くものがたくさんあった。ここでは、世界から...
2014年9月。ジェレミーさんの妻・シェリーさんは、めでたく女の子リランちゃんを出産。しかし、その直後に容体が急変し、意識不明の昏睡状態に陥ってしまいまし...
2014年、10月4日「子宮移植手術」を受けた女性の出産が初めて成功した。今回、取り上げられている36歳の女性はメイヤー・ロキタンスキー・クスター・ハウザ...
公式HPに飛ぶと、メガネをかけた男女二人の外国人モデルが登場。彼らはそれぞれ、電車の中、喫茶店で本を読んでいる。ただそれだけなのに、なるほどたしかにセクシ...
妊娠ママのお腹と一緒にすくすく“成長する”本があります。タイトルは「MOTHER BOOK」、産まれてくる赤ちゃんに今の気持ちを書き残したり、妊娠記録とし...
自分が言っていることは間違っていないはずなのに、なぜかスムーズに物事が運ばない...。そんな悩みを抱えている人は、ひょっとすると「共感力」が足りないのかも...
スコットランドのビールメーカー「BrewDog」。ある日社員たちに、オドロキのお知らせが届きました。2017年02月【犬のための産休制度ができました】Br...
奥さんに対して「子どもと一緒に自宅でゴロゴロしてるだけなのに、なんであんなに疲れてるんだろう。理解できない…」なんて思っていませんか?口にしないまでも、心...
図書館で借りた本が、うっかり返却期限を過ぎてしまった…。誰しも一度は経験したことがある過ちではないでしょうか。アメリカ・コネチカット州にあるハートフォード...
夏の暑さと梅雨の湿気で体が重い…というあなたへ。気軽にクスリと笑える「1コマ漫画」をお届けします。描いているのはLonnie Easterlingさん。約...
この感動の動画は、妊娠わずか24週目の早産で生まれた息子の初めての誕生日を祝って、母Mary  Coleen Grierさんが息子に送った1年間分の記録映...
「赤ちゃんは泣くのが仕事」なんて言われますが、やっぱり笑顔を見たいものですよね。そこで、イギリスの企業「C&G baby club」は、赤ちゃんの...
連続で撮影した写真を繋げ、動画を創りだすタイムラプス。これを、マタニティダイアリーのように思い出づくりに生かそうじゃないか!と、ラトビアで暮らすアルプス一...