初夏の間だけ水に沈む、オーストリアの公園が神秘的。

オーストリア・シュタイアーマルク州トラゲスにある湖「Gleenlake」

アルプスを望む自然公園にあるこの湖、冬場は1~2mの水溜まりなのですが、雪解け水が流れ込む夏場にだけ、神秘的なダイビングスポットとなるのです。

世界中のダイバーが魅了される理由は、公園の姿そのままが残ったエメラルドグリーンの湖底にあります。

エメラルドグリーンを生み出す
「草原の輝き」

4066ae76b3f6937ab3f8e4dcb050d9dccb3785e534f3988a5e7cb93f96771dcb143ce91898b5c4ef

「Gleenlake」は夏の間だけ、自然公園になっている場所に出現します。つまり、普段は公園になっている敷地が水の底に沈んでしまうのです。

湖面が美しくエメラルドグリーンに見えるのは、湖底に沈んだ草原が光を反射しているから。

草も木も花も、すべてが澄んだ雪解け水の中で息づいているのです。

8af67e367cb238b1ccec2b9f785bed42d0f40b08Cd38692b0f88cadec69ac17be81d2d3465eeb45553c3833f8af90efd030ae307f3ba1983b10f9251

7月には雪解け水が蒸発してしまうため、最適なダイビングシーズンは5月~6月。

水深は、10m以上にもなるそうです。

水底にはカニなどの水辺の生き物も生息していて、雪解け水は透明度が高いので、小さな生き物も見つけやすいかもしれません。

C00f974bb64a8162f36379477db8b407f29d0ce6

植物だけではなく、公園の遊歩道も湖底に沈んでいて、不思議な世界観。泳いでいると、宙を浮いているような錯覚を起こしそうですね。

「Gleenlake」のあるシュタイアーマルク州トラゲスは、ウィーンからアルプス方面へ向かって約180km離れた場所。車で大体90分ほどの道のりだそう。

もしくは電車を使うなら、ウィーン・マイドリング駅で乗車、ブルック・アン・デア・ムーア駅で下車。駅からトラゲスまでバスで40分ほどかかり、さらにトラゲスの街から湖までは徒歩30分ほどかかるので、レンタカーを借りて向かうほうがいいかもしれません。

Licensed material used with permission by Global Dive Media
ハンガリー出身のフォトグラファーTamas Toth氏。彼がクロアチアで撮影した写真は、この世のものとは思えないほどに神秘的だ。撮影場所は、クロアチア最大...
18世紀オーストリアにおいて絶大な政治力をもった女帝マリア・テレジア。あのマリー・アントワネットの母親です。大のコーヒー好きだったとされるマリアを、この国...
「普通のサッカーなんて退屈だ」そんな強気な発言とともに、まったく新しいスポーツを開発してしまった男たちがオーストリアにいる。競技の名は「アルパインサッカー...
スペインの海岸沿いにある、Vilassarという街にある公園は少し変わった特徴をもっています。その公園には、滑り台やシーソーといった遊具で遊ぶ“子ども”た...
色鮮やかな紅葉を紹介する記事は、なぜだか京都に偏りがち。「キレイだけど、遠くて簡単には行けないし…」とお悩みの、関東在住の方も多いのではないでしょうか。今...
コーヒーとドーナツを手にした男性2人が、路上に座り込んで朝から談笑しているこの写真。見たまんまですが、注目して欲しいのは彼らが腰を下ろしている場所。脇すれ...
海の近くの、花の楽園。そんなキャッチフレーズがピッタリの国営ひたち海浜公園では、現在、コキア(ほうき草)の紅葉が見頃を迎えているのだそう。園内の「みはらし...
アメリカには、現在、59もの国立公園がある。そのすべてを周って写真を撮り続けたのは、フォトグラファーのJonathan Irish。じつに、1年の月日をか...
33年後の未来を描いたポスターが、大きな物議をかもしている。描かれているのは、米国にある7つの国立公園。いずれも、本来は美しい景観の超人気観光スポットだ。...
あたり一面に広がるのは、目にも鮮やかなピンク色の絨毯。ここは埼玉県秩父市にある羊山公園です。武甲山のふもと、羊山公園内の「芝桜の丘」には約40万株の芝桜が...
南アルプスのふもとにある、大間ダムによってせき止められてできた人工の湖。ここでは、自然の景色とはひと味ちがった絶景が「夢の吊り橋」から楽しめます。全長90...
大人になってから、森林公園に行く機会ってほとんどない。もし、行ったとしても癒しを求めて散歩をしたり、健康を維持するためにランニングしたり、子どもの頃みたい...
台湾の台北市の高架下に設置された、長いパイプ状のユニークな遊具。この遊具の材料には産業廃棄物として出た鉄材や、廃タイヤなどが利用されているとのこと。なんだ...
茨城県ひたちなか市にある「国営ひたちなか海浜公園」は、世界有数の絶景としてしばしば紹介されるほど国内外問わず人気の場所。2016年は、例年GWに見頃を迎え...
軟膏薬タイガーバーム (虎標萬金油) をつくって大成功した、胡文虎と胡文豹の兄弟により建設された公園。主にコンクリートを用いて造形された1,000以上の像...
淡いブルーで描かれた美しい抽象画…と思いきや、実はこれ上空から塩田を捉えた風景写真。撮影したのは、スコットランドの風景写真家Simon Butterwor...
『National Geographic(ナショナルジオグラフィック)』は、アメリカに本部を置く非営利団体「ナショナルジオグラフィック協会」の公式雑誌とし...
マンハッタンに眠る廃線になった地下路線を応用して公園を作る計画があります。いまだテスト運用中ですが、2015年10月から土日に限り一般公開されており、イベ...
大人になり都会で生活をしていると、自然に触れる機会は減ってしまいがちです。しかし、たまにアウトドアでキャンプなどをすると、代謝が上がったり、気持ちが晴れや...
この映像は、2016年2月13日にミネソタ州スペリオル湖で撮影されたもの。凍っているのは湖の表面だけ。とても薄い層だったために、波に揺られながら岸へと打ち...