水遊びに持参したい「エアバッグつきネックレス」

スタンドアップパドル、カヤック、カイトサーフィン…。ウォーターレクリエーションの幅は拡がり、それらを楽しむ人口も増えている。対して水の怖さは、分かっていても“魔がさす”ということも。世界保健機構によると毎年37万人が水難事故により命を落としているという事実からも、事故を未然に防ぐ心構えは持っておきたい。

さらには、こうしたグッズも。備えあれば憂いなし。

自動センサーで浮き輪が作動
水中エアバッグ

4849d700fbd94e4746e424732f7e7dc0f653c2bf

ドイツ生まれの「PLOOTA」をひと言でいえば非常用のうきわ

あらゆるウォーターアクティビティにおける、いざという時にセンサーが作動し、自動的にエアバックを解放、写真のように頭を水面上に浮かしてくれる仕組み。もしくは、手動でも操作することもできるようだ。これ、泳ぎの邪魔になるような気もするが、動画をチェックすると水中でも全く問題なく使われている。

水まわりで過ごす
あらゆるシチュエーションに

海でも、川でも、湖でも、プールでも。水まわりであれば、シチュエーションを選ばないのがPLOOTAの強み。水中をより安全な場所にすることを目指したデバイスは、様々な使い勝手をイメージさせてくれる。また、幼児から成人まで幅広い年齢層に対応する3サイズ(S・M・L)は嬉しい。

9124058ce1769ab2b9483939698989eb650aaed219e3de77f8103b820e56c879d42a97d0904e7bca4f0e2f67991252c0d50724cb57ab702af1944cc9

現在、「Kickstarter」でクラウドファウンディング中。日本への送料を含めて77ユーロ(約9,560円)なら悪くない 。世界初の自動センサー制御安全装置であるデバイスが水難事故を減らす可能性を秘めているかもしれない。以下の動画も要チェック。

Licensed material used with permission by PLOOTA
パリの老舗デパート、ボン・マルシェの近くにひっそりたたずむ教会って知ってる?“奇跡のメダイ教会”って呼ばれていて、世界中からたくさんの観光客が訪れる場所な...
〈ティファニーT〉 チェーンネックレス。毎日つけてるよ。一度つけたら、基本、外せないんだよね。外すのが大変なんだよ。昔からあるクラシカルなモチーフで、ブラ...
転倒、衝突、接触…、もしもあなたが自転車に乗っていて、不意なアクシデントに遭遇したとする。そのとき、頭部を守ってくれるのは、このエアバッグ「Hövding...
165カ国から計1017のエントリーが集まったドバイのドローン大会で、オークランド大学開発の「ルーンコプター」が見事賞金100万ドル(約1億1,200万円...
練習場所がなかなか確保できないのが、ドラムの悩みのひとつ。ドラムセットは高価だし、なんと言っても音が大きい。日本の住宅事情では、部屋にドラムを用意するのは...
YouTubeでは、変わった挑戦をしている動画が爆発的な再生回数を記録することがありますが、今話題なのがこちら。まずは見てみましょう。1,500ガロン(約...
両手が空くし、ひとつあるととても重宝するバックパック。でも、1年使ったらけっこうボロボロになったりします。だから毎年のように買い換えるけど、それなりにお金...
プール付きの庭のある生活なんて夢のまた夢、という人でもちょっと素通りできないようなエコ・コンシャスなこの話題。水草や葦が生える池、ではなくプールで泳ぐのが...
使いきるのが大変そうなくらい機能が満載で、ガジェット好きな男子にはハマりそうな感じです。とくに、盗難防止と収納にこだわっているようです。僕の場合、バッグの...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
ゴールドやシルバーのリングやネックレス。パッと見は何の変哲もないアクセサリーですが、実はこれらは世界の都市をモチーフにしたもの。たとえば、パリのリング。で...
初対面の人が、直ぐに仲良くなるにはどうしたらいい?人生の疑問をユーモアある技法で解決していくメディア「SoulPancake」が、こんな実験動画を紹介して...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
家族のいびきで眠れない!と発狂気味になっているあなたにとって、スマートデバイス「Nora」は救世主になるかも。もちろん何も装着しなくてOK。何か特別な操作...
サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリ...
海の写真というと水上か水中のどちらかというイメージがありますが、オーストラリアのフォトグラファーMatty Smith氏が捉えたのはそのちょうど真ん中!2...
写真と見間違えるようなハイパーリアリスティックアートの中でも、これは水中を描いたもの。見ているだけで水の音が聞こえてきそう。作者名:Reisha Perl...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...