エマ・ワトソンが教えてくれた『美女と野獣』に見るジェンダーイシュー

小さい頃から大好きだった『美女と野獣』。実写版を見に行ったけれど、映像や音楽がとにかく綺麗で、2時間があっという間に過ぎていった。先日の「2017 MTV Movie & TV Awards」では、主演のエマ・ワトソンが俳優賞を獲得。

そこで彼女が行ったスピーチがジェンダーイシューの問題を提起する形になっていて、海外メディアが注目した。この機会に、『美女と野獣』を社会的な観点で見てみたい。

性別を分けない初の俳優賞
「受賞理由はベルの人間性」

受賞の発表を受け、感極まった表情でステージに立ったワトソンは、「はじめに、この賞について何か話さなければいけない気がします」と切り出した。

「性別に関係なく演技の賞を与えるMTVの動きは、皆さんにそれぞれ違う意味をもたらすことでしょう。私にとって演じることは、誰かになり切ることを意味しているのです。そしてこれは、2つのカテゴリーに分けられる必要がないことで、私にとっては凄く意味があります」 

「でもさらに言うと、この賞を与えられた理由には、ベルという人間性と彼女が象徴するものにあると思います。このストーリーの中に出てくる村人たちは、世界はチャンスが少なくて狭いものだと彼女に思わせようとしていました。知識を得たいという彼女の好奇心や情熱は、村で疎外感を感じる理由になっていたのです」

「そんなことには耳を傾けないキャラクターを演じることが、私は大好きでした。ダイバーシティや知識、多様性の受け入れ、喜び、そして愛を世に知らせる、このような映画に関われたことを誇りに思います」

ワトソンのスピーチに会場からは歓声が上がった。世界に向けて発信できるこの場で、与えられた賞の特徴について語り始めるところが、フェミニズムを推進している彼女らしい気がする。演技の能力は性別で分ける必要がないと話したことで、この新しい動きを大衆に受け入れてもらおうとする彼女なりの配慮、そして男女を平等な目で見るにはどうゆう心構えがいいのかという、訴えが垣間見えた気がする。

村人たちとの間にある考え方の違いや、それがきっかけで嫌な思いをさせられても負けないベルの強さや美しさは、ワトソンにも似通ったものがあり、まさに適役だったのではないか。

『美女と野獣』は問題作!?
国によって受け止め方は様々

実はこの映画、上映開始当時からあることについて海外でずっと注目を集めてきた。それはセクシュアル・マイノリティに対すること。自信家で闘争心に溢れ、ベルを追いかけ続けるガストンの子分ル・フウは、ディズニー映画で初めてのゲイキャラクターとして、海外のメディアに報じられ話題となった。

ビル・コンドン監督は以前、英紙「Attitude」のインタビューで

「ル・フウはある日はガストンのようになりたいと思っているし、またある日はキスしたいと思っている」

「彼は自分自身が何を欲しているか混乱しているんだ。異性に気があるということをまさに気づき始めた人なんだよ」

と、明るく見えて実は複雑なキャラクラーの心情を明かした。このような設定があることに対し、ロシアやマレーシアなどのように、年齢制限を設けたり、一部シーンカットの要求に伴い公開を延期したりする国もあった。文化や宗教、思想が違う国では「問題」として受け止められたのだ。

他にもオリジナルにはないシーンがいくつか追加され、ストーリーにより深みが増した実写版『美女と野獣』。大人の視点で観れば、子どもの時に見たようなただのフェアリーテイルではない、国際的な社会問題を深掘りする見方ができるのだと、エマ・ワトソンが率先して教えてくれた気がする。

Top Photo by Kevin Winter
Reference:MTV, Attitude
女優業のかたわら、米アイビーリーグの名門校ブラウン大学を2014年5月に卒業したイギリス人女優エマ・ワトソン。彼女が英オックスフォード大学のカレッジのひと...
映画『ハリー・ポッター』シリーズのハーマイオニー役でデビューした彼女は、女優としての道を駆け登る傍ら、名門ブラウン大学を卒業。さらに国連親善大使を務めるほ...
聴いているだけで思わず踊りだしたくなっちゃう『ラ・ラ・ランド』のオープニング曲、『Another Day of Sun』。アリゾナ在住の高校生・ジェイコブ...
「Venture Beat」によれば、アウトドアブランド「THE NORTH FACE」は、2016年4月に新しいモバイルアプリをローンチする予定。その機...
人工知能の凄いところは、人間にはとても抱えきれないような情報量を一挙に、かつ正確にさばけるところにあるでしょう。これは、その特性が生かされた一例と言えます...
ディズニーのキャラクターたちが現実に実在していたら…。そんな切り口から劇画タッチでイラストに起こしたのが、オーストラリア、メルボルン在住のアーティスト J...
1937年の『白雪姫』を皮切りに、これまで50以上の作品を世に送り出してきたディズニー。その多くには、ストーリーに彩りを加える「プリンセス」の存在が欠かせ...
もう使ったことがある人は多いかも。リリースからたった5日間でユーザー数が65万人に急増したフィルターアプリ「Prisma」を使うと、スマホで撮影した画像が...
このメイクをしていたら、間違いなく熱い視線を集めることになると思う。女性たちの憧れの的、映画『ティファニーで朝食を』のオードリー・ヘプバーンと目が合って、...
これまで10万人のキャストを育てたという櫻井恵里子さん著『3日で変わるディズニー流の育て方』では、同園の人材育成術について触れており、これらを参考にすれば...
申し訳ないけれど、正直、今までに聞いてきた卒業スピーチの内容は頭の片隅にもない。でも、こんなスピーチをされたらずっと記憶に残るかもしれない。 舞台はニュー...
『エターナル・サンシャイン』で監督を務めたミシェル・ゴンドリー。彼がiPhone7のみで撮影した11分の短編映画「Détour」が、Apple社の公式Yo...
平面のキャラクターに自分の好きな色を塗って楽しむ「塗り絵」。あの塗り絵が、最新のデジタル技術を応用し、超未来型のツールに生まれ変わりました。開発を手がけた...
2014年、63歳という若さで人生の幕を閉じた「ロビン・ウイリアムズ」は、幅広い役を演じ、その高い演技力が評価されていた世界的に人気のあるハリウッド俳優。...
ほぼ同じ内容をプレゼンしているのに、「あのプレゼンは良かった」と褒められる人と、ちっとも話を聞いてもらえない人がいます。なぜかというと、プレゼンの成否は「...
「Elite Daily」のライターBobby Boxさんは、とにかく映画を見るのが大好き。でも彼が好きなのは、映画館に行くことではなく、家で見ること。自...
ビーチに設置された300インチの大型スクリーンで、星空の下、海風を感じながら映画を見る──。ゴールデンウィークにいつもとちょっと違う体験がしたい人には、開...
世界中の小さな部屋を紹介するYouTubeチャンネルがある。『Living Big in a Tiny House』だ。この番組史上、最も小さい部屋の1つ...
95年のヒット作『スモーク』が、デジタル・リマスター版で蘇った!と話題になっていますよね。でも、知らなかった人も多いはず。80年代後半から90年代に起きた...
チームがひとつの目標へ向かい、スタッフそれぞれが、やるべきことを懸命に取り組むことは、ほんとうに大切なことです。ディズニーが夢の国であり続けられるのは、そ...