男手ひとつで育ててくれたお父さんへ。娘が「母の日」に送るメッセージ

うちのお父さんは、よく自分のことを「レディーなパパ」って呼んでいた。シングルファザーって、他の人からしたら同情しちゃうような笑えない話かもしれない。でも甲高い声で「私はレディーなパパよ!」って言ってくる姿に、私はいつも大笑いさせられてきたの。

たしかに、おかしな光景なのは間違いないかもね(笑)。でもきっと、男手ひとつで私を育てないといけない大変さや、不安を乗り越えるための陽気なやり方だったんだと思うの。

自身とお父さんの思い出を「Elite Daily」の記事でこう語る、Alexandra Stricklersさん。5歳のときに両親が離婚してから、ずっとお父さんに育てられてきたそう。

今年大学を卒業して23歳になった彼女は、"母の日"だからこそ、お父さんに伝えたい感謝の言葉があるそうです。

「はちゃめちゃだけど、どんな場所でも
生きていけるようにしてくれてありがとう」

5c8319f9303f88d7a39d5933424b03211b673512

「家をきれいに保つためのスキル」なんて、うちにはまったくなかった。シンクはいつも汚れたお皿で溢れていたし、洗濯機は事実上存在していなかった。おまけに2匹の猫と2匹の犬がいたものだから、私たちの家はいつもおしっこの匂いが漂っていたの。

普通なら「最悪の家庭環境!」って思うかもしれないけど、おかげでどうしたら改善できるのか、と自分で考えて動けるようになった。もう今は、どんな状況だって自分の過ごしやすい環境にできる自信がある。

「料理は苦手なのに、いつもパスタを
作ってくれてありがとう」

お父さんは掃除だけでなく、ほとんど料理経験もなくて、パスタ以上のものを作ることができなかった。おかげで私は、多少料理もできるようになったんだけどね。

作ってくれるパスタと言えば、茹でた麺に瓶詰めのトマトソースをかけたもの。私はその味が大好きで、今でも自分で作るパスタはこのスタイル(笑)。

「世界で起きている色々なことを
教えてくれてありがとう」

9ea7fb872b08b0bfc67e7c98a7cd1fa6d81c4ac9

お父さんはいつも政治に関心があって、「MSNBC」でクリス・ヘイズを見るために、Netflixを見ていた私を何度もリビンクから追い出した。だけどその環境がなければ、私はこれまでライターとしてのキャリアを追い求めなかったと思う。

おかげで好奇心旺盛になったし、たくさんの知識を身につけられた。いつも私が知らなかったことを教えようと、一生懸命になったくれたおかげ。今は、ソファに座って政治を楽しむのが、私の趣味にもなってるの。

「運動することの楽しさを
学ばせてくれてありがとう」

お父さんはいつもジムに行ったり、友達とクタクタになるまで運動をしたあと、スポーツの素晴らしさを私に語っていた。

幸せで健康的な人生を送って欲しいっていう思いで、小さい頃から私もジムに連れられるようになったし、その楽しさをたくさん教えてもらった。

「言葉にしなくても
わかってくれてありがとう」

65cbdcda6fcba15052fcbbd5fe4351563b5e05a7

私にはふたりの兄がいて、家族の中で唯一の女の子だった。男同士はわかり合えることがたくさんあるみたいだけど、私とお父さんもすごくユニークな関係だった。どれだけ仲のいい友だちにも「冗談でしょ?」って笑われるけど、これは本当の話。

私とお父さんは、いつも心と心で会話しているの。

学校の話も仕事の話も、直接話したことはないのに、なぜだかいつもわかってくれている。本当なの。ちょっと変わったコミュニケーションだけどね。

本当に、いつもありがとう。私にとって母の日は、"陽気なお父さんの日"

Licensed material used with permission by Elite Daily
お父さんが無性にイヤになってしまう時期は、女性ならきっと誰にでもある。一緒に洗濯しないで!先にお風呂に入らないで!…なんて気持ちもわかる。だけど、一生懸命...
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
大好きだったり、ちょっと複雑だったり、一緒に住んでいたり、今は離れて暮らしていたり、お父さんへの想いはきっと人それぞれでしょう。「The School o...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
ネクタイってどうやって結ぶんだっけ?うまく髭の手入れができないけど、どうしよう?こんな疑問が浮かんだとき、ついすぐにスマホを手に取ってしまう。お父さんに聞...
父の日が過ぎた途端、あの日の感謝モードはなんだったのか…というほど通常運行に戻っていないでしょうか。お父さん、悲しんでいるかもしれませんよ。積極的に話しか...
「父の日」「プレゼント」と検索を入れると、関連ワードには「人気」や「定番」、これと並んで上位に来るのが「健康グッズ」です。世のお父さんたちのカラダを心配し...
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる...
ある日、森の中で行われたプロポーズ。結婚を申し込まれた女性は、自分が一番大切にしているモノも全てひっくるめて受け入れてくれた彼の思いに、思わず号泣してしま...
ここで紹介するのは、「Lessons Learned in Life」で掲載された、年老いた母が、娘に贈った手紙という記事。すこし物忘れをしやすくなってし...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
家族は、何にも変えられないかけがえのない存在。知らないうちに自分に染み付いていた癖が両親そっくりだったりして、成長していくにつれて、その計り知れない影響力...
子どもの目線で日常を見るために、小型カメラ付きのサングラスをかけさせてみました。そうして気づいた、いろいろなこと──。お母さんって、予測不可能な子どもの行...
親バカのお父さんのもとに生まれると、時には「うっとうしい」なんて思うこともあるけれど、最終的には立派なお父さんっ子になっているのでは?自身もそうだったと話...
明日は「父の日」。でも、僕にはもう父親はいません。6年前に他界したからです。毎年どんな風に過ごそうかと悩んでいましたが、「Elite Daily」の女性ラ...
学校に持っていくお弁当には、両親の愛情がこもっているものです。ロンドン在住のイラストレーター、Rob Biddulphさんは、末娘のPoppyが保育園から...
父と娘の絆を描いたイラストをInstagramに投稿するウクライナ人アーティストのSnezhana Sooshさん。いま、多くの人たちが静かにその絵に共感...
もうすぐ母の日。世間ではさまざまなキャンペーンやCMがあふれる時期ですが、一風変わったこんな動画はいかがでしょう。病気と闘う幼い子供たちをサポートする、カ...
これから紹介する90秒のアニメーションは、マルコメ株式会社のTVCM「料亭の味 カップみそ汁 夜食篇」。素直になれない受験生の娘と不器用に娘を思いやる父の...