「あぁ、ママの娘に生まれて良かった!」

楽しみたいときは、まるで親友のように一緒にショッピングではしゃいで、ゆっくりしたいときは海外ドラマを見ながらグータラ。悲しいときは、黙って胸を貸してくれる。

ママと“超”がつくほど仲良しなあなたは「Elite Daily」のAlexa Mellardoさんの記事につい共感しちゃうはず。

3fcc5dfd5ee04634642c2154831dc846b0f589a3

01.
誰よりもマメに連絡を取っている。

02.
頼もしい相談相手。

自分より長い年月を生きている分、経験も豊富なの。

03.
受け入れがたいことも思い切って指摘してくれる。

04.
いつでも恋バナに付き合ってくれる。

05.
失恋したときには、肩を貸してくれる。

F7bca250c73ea4c5c0560f677462737d9603ad0f

そして、かわいい娘を傷つけた男の“あそこ”を蹴飛ばしそうな勢いになるときも…でも、その話はいったん置いておくわ。

06.
サイズが同じなら、靴の貸し借りも自由。

07.
最高な週末の過ごし方といえば、ラブコメを観ながら一緒にワインを嗜むこと。

08.
娘のファン代表。

Facebook上でも、熱狂ファンぶりを発揮してくる。

09.
娘とのお揃いが好き。

10.
「みんなのママ」的な存在になってくれる。

F48c6a313b6855050fa03804031a97b0dbd73a7a

11.
…つまり、あなたが留守でも、あなたの友だちを誘ってパンケーキを振る舞ってくれる。

とびっきりの朝食が食べられないことを惜しみつつ、フレンドリーなママでよかった、って思うの。

12.
ママは、理想の母親像。

いつか私も、ママのようになりたい。

13.
最高の買い物パートナー。

14.
優柔不断なあなたのお助けマン。

どの服を買おうか迷っているときもね。

15.
いつでも笑える内輪ネタを持っている。

51a49a9031ae186d4c45bd793d9a2aed25037126

16.
秘密は守り抜き、決して置き去りにしない。

17.
興味を持っていることやアツくなれることが、ほぼ一緒。

18.
いくつになっても、新たな気づきを与えてくれる。

19.
ママなしの人生なんて、考えられない。

20.
いいことも悪いことも、最初に知るのは必ずママ。

F861aba1d232c91f520d287173635f826cca7068

21.
何週間も会っていないと、本気で不安になる。

22.
どんなときでも通じ合える。

23.
予定を合わせてでも好きな海外ドラマは、一緒に見る。

24.
なくてはならない存在。

ママが、私のママで本当に良かった。

Licensed material used with permission by Elite Daily
目に入れても痛くない娘。同性だからこそわかる想いもあり、その思い入れはひと塩。反対に、同性だからこそライバルにもなり、ぶつかってしまうこともある。なんだか...
ママが出張で、パパと娘がお留守番。そう聞いて、そこはかとなく不安が漂ってしまうのは、どこの国でも同じなようです。とあるロシア人の父娘は「ママ、こっちは大丈...
ここで紹介するのは、「Lessons Learned in Life」で掲載された、年老いた母が、娘に贈った手紙という記事。すこし物忘れをしやすくなってし...
反抗期まっただ中の10代は、「お母さんはあなたのことを考えて言ってくれているのよ?」なんていうセリフには耳も貸さずに、「ふんっ」と聞き流していたのでは?で...
うちのお父さんは、よく自分のことを「レディーなパパ」って呼んでいた。シングルファザーって、他の人からしたら同情しちゃうような笑えない話かもしれない。でも甲...
先日の「母の日」から一週間が経過しました。もしかして、感謝の気持ちはすでに薄まっていませんか?ここでは、母親が子どものために我慢し続けてきてくれたことのい...
離婚をしてしまったら、結婚していたふたりは他人同士にならざるを得ません。でも子どもにとっては、ふたりがいつまでも自分の親であることに変わりはないのです。子...
2015年6月7日、オーストラリア、ブリスベンの道路でコアラの親子が交通事故にあいました。すぐにオーストラリア動物園にある、ワイルドライフ動物病院に搬送さ...
フォトブック作成アプリの「Chatbooks」が、来る母の日に向けて制作した、ほっこり動画があります。子どもたちに自分のママが一番だと思う理由を聞いてみま...
日本のお母さんたちは、お弁当のごはんの上に海苔でメッセージを書きますが、アメリカのお母さんたちはランチボックスに添えるナプキンに子供へのメッセージを書くよ...
「編み込み」好きが高じて研究に研究を重ねた結果、もはや趣味の域を超えアートとしか言いようのないヘアアレンジを、毎朝ひとり娘に施すママがいます。まずは、いく...
ハッピーエンドを迎えたら、物語も主人公たちの時間もそこで終わり。けれど、もしもストーリーのその先があったなら…。そんな「if」の世界を演じるのは母と娘。デ...
彼氏ができてハッピー!…だけど、この関係が続いたら、ゆくゆくは待ち受けている彼ママとのご対面。できれば仲良くしたいけど、もしも気に入ってもらえなかったら…...
左は、グチャグチャ〜っと、思いのまま手を動かしてできた子どものラクガキ。この時点では、何を描いているかなんてわかりません。でも、そんな子どもならではの創造...
海外ではすっかり身近な存在になってきたUberのタクシーサービス。誰でもドライバーになれるから、いろいろな人との出会いがあります。でも、アプリで颯爽とUb...
子どもの目線で日常を見るために、小型カメラ付きのサングラスをかけさせてみました。そうして気づいた、いろいろなこと──。お母さんって、予測不可能な子どもの行...
最近は栄養バランスが取れたドッグフードがたくさんあるけれど、米・テキサスに住むAshtonさんのママは、毎日愛犬のパピヨン「Tiny」のために、家族と同じ...
「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログをきっかけに、待機児童問題が一気にフィーチャーされたことは記憶に新しいですが、世界を見渡せば、日本社会が参考にしたい子...
愛する人や友達にチョコレートをプレゼントするバレンタインデーは、じつは家族に日頃の感謝を伝えるチャンスでもあります。改まって伝えるのはなんだか照れくさいか...
雲の流れが速く「一日に一度は雨が降る」といわれるロンドン。雨に慣れっこな人々は、いちいち傘を持ち歩かなくたって、しばらく待てばすぐに雨が止む。こう考えてい...