1時間で1,000本乗れる。サーフィンがあっという間にうまくなるプール

サーフィンは、数あるスポーツの中でもかなり上達が難しい類だと思う。だって、訪れるポイントの地形によって割れる波の形はまったく違うし、同じポイントでもウネリの向きや風向き、風速によって日々コンデションが変わる。

「よし、今日はいっぱい練習するぞ!」と鼻息荒く海に向かったのに「ぜんぜん波ないじゃん!」という肩透かしも当然ある。

C2ad1ec0d77690a3ee1942b2cd093fe050d91007

波がいいならいいで、そんな時、海の中はディズニーシーもびっくりの混雑必至。「ワンマンワンウェーブ(一本の波には一人しか乗れない)」というルールがある以上、そんな中で2時間海に入っていても一体何本乗れるのか…プロサーファーならいざ知らず、なんだかみんな殺伐としていて怖いし、初心者だと「1本も乗れなかった…」なんてザラ。

2bdb679379fee2bb03a41c776f1e712eb9d2db14

サーフィンを始めてみたけど、このような理由から、波に乗る快感を知る前に挫折したという人も多いかもしれない。

完璧すぎる波を生み出すプール。

そんな経験のあるすべての人、そしてこれからサーフィンを始めてみたいと思っているすべての人に夢と希望を与えてくれるのが『Wavegarden Cove』、人工で波を起こすプール「Wavegarden」の進化版だ。「なーんだプールか」と思うことなかれ。その波のクオリティはちょっと尋常じゃなさそうだ。

それは、波を知り尽くしたトップオブトップサーファーたちがこの波に乗っているときの、なんとも嬉しそうな笑顔が物語っている。

波の種類とサイズ、自由自在。

コレのすごいところは、世界初・あらゆるタイプの波質を生み出せるプールだということ。これまでも人工波を起こす施設はあった(日本にもワイルドブルーヨコハマとか、宮崎のオーシャンドームなんかがあったものだ)。でも、波質を出し分けることなどできなかった。

Wavegarden Coveは、初心者にぴったりの傾斜の緩い小さな波から、波が切り立って掘れ上がり、チューブになる波まで自由自在。

6429f2f457d6cd08e23b263701c5fe70468841b8
Photo by Wavegarden
C1d1944f725871448e43d5ad98e1db06c10a96c3
Photo by Wavegarden

特に中級者以上のサーファーのお悩みは、チューブに入りたくても、そんな波はサーフトリップで外国に行かないとなかったり、エアリアルを練習したくても、空中に飛び出すコツをつかむまでにはかなりの時間がかかったりすること。Wavegarden Coveは、そんな中上級者のレベルアップにももってこいというわけだ。

18c8f71e898fc853d507e45c0d8184b6dd71165f
Photo by Wavegarden
C09abf01022942457c12738252a6bd53f0090732
Photo by Wavegarden

本気であっという間に上手くなる!

さらにさらに。

同じく「パーフェクトすぎる人工波を生み出す」として昨年業界を席巻したケリースレーターのウェーブプールが、1本の波を起こすのに6分以上かかると言われているところ、Wavegarden Coveはなんと1時間に1,000本もの波を生み出す能力を兼ね備えている。1分間に換算すると、16本強。これなら待ち時間がまったくなく、波の取り合いで喧嘩になることもなく、大勢で楽しめてしまう。

Wavegarden Coveを体験した元ワールドチャンプのガブリエル・メディーナ(ブラジル)も、「もう太ももがパンパンだよ!」と嬉しい悲鳴を上げている。

と、いうことは。

仮にこのプールを独り占めして、毎日2時間サーフィンしたとすると、1分に1本乗ったとして、1日120本。

1週間で840本。
1年で43,800本。
3年で131,400本。

例えば3歳でサーフィンを始めた20歳のプロサーファーが、毎日30本の波に乗ってきたと仮定すると、人生で乗ってきた波の本数が、だいたい186,150本…。トッププロにはまだ足りないけど、いいセンは行ってる。Wavegarden Coveがあれば、今からオリンピック目指せちゃうかも?

ただ。今のところ日本国内に出来る予定はなく、体験するにはオーストラリアやアメリカ、スペインなど海外に行くしかないみたい。

だれか〜、Wavegarden Coveをぜひとも日本へ!!

Licensed material used with permission by WAVEGARDEN
世界のあらゆる波を人工でつくり出す「Wavegarden」。いわゆる人工波テクノロジーを用いた、ウェーブプールを手掛ける草分け的存在だ。サーファーたちをわ...
夏本番。ビッグウェーブを求めて、サーファーたちが海へと出かけます、普通はね。ところが、この動画を見てください。完全に街乗りサーフィン。じつはここ、ドイツ3...
「サーフィンとは”禅”である」という言葉もあるように、ただのスポーツではなく、自然と一体化することで、自分と向き合うもの。陽の光を浴び、風を受け、波を体感...
ライターのジョアンナ・シュローダー氏が「YourTango」に書いた「サーファー愛」を紹介しましょう。1月にプロサーファーのケリー・スレーターが、波に襲わ...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
「一度でいいから波に乗る感覚を味わってみたい!」きっと、そう思っている人は多いはず。ただ、一歩を踏み出すにはかなり高いハードルがありますよね。そもそも、サ...
2016年1月27日、オアフ島・カメハメハハイウェイでのこと。「Stab」によれば、クリス・ウィッティーさんの妻・サラさんは、2歳の子どもヴァンくんをベビ...
「The Quiksilver in Memory of Eddie Aikau」は、伝説のサーファーと呼ばれるエディ・アイカウの功績を称えたビッグウェー...
真冬の海に何時間も浸かり波を待つサーファーたち。いくらウェットスーツの防寒性能が向上しているとはいえ、濡れた体で陸に上がれば、寒さが身にしみます。そんな波...
ウェットスーツに身を包み、サーフィンを楽しむ4人のカワイイ女の子たち。なんか楽しそうだなぁ、一緒にこの中に混ざりたいなぁ、と思って動画を見ていたら、思わぬ...
サーフィンになくてはならない波。でも、これは自然の産物。フラット(穏やかで波がない)な状態では、どんなに波に乗りたくたって、どうにもなりません、よね?今ま...
2015年7月に、南アフリカで開催されたサーフィン大会「J-Bay Open」で事件が起きた。オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手が...
「波に乗らなきゃサーフィンじゃない!」なんてお叱りを受けたとしても、水面をすべる疾走感を味わってみたいのですよ。一度くらいは。だけど、どこか聞こえる心の声...
もう3年も前に公開された動画だから、あまり新鮮味はないかもしれない。だけど、夏の終わりが訪れると、なぜだか思い出したようにまた見たくなる大好きな動画です。...
子どもたちがキャーキャー言いながら「ボールプール」で遊んでいるのを見ると、ついこう思ってしまいますよね。「あの中に混ざって一緒に遊びたい…!」そんな欲望を...
YouTubeでは、変わった挑戦をしている動画が爆発的な再生回数を記録することがありますが、今話題なのがこちら。まずは見てみましょう。1,500ガロン(約...
サーフィンの動きを取り入れたフィットネスがいまアメリカで流行中。しかも、ちゃんとボードの上で行うそうです。カリフォルニアやハワイといったサーフィンのメッカ...
なんとなく自分の中で勝手に限界を決めてしまっていた「プールが持つ可能性」。でも、一歩引いた視点から既存のルールを見直してみると、たしかに、まだまだ“改革”...
プール付きの庭のある生活なんて夢のまた夢、という人でもちょっと素通りできないようなエコ・コンシャスなこの話題。水草や葦が生える池、ではなくプールで泳ぐのが...
南アフリカで行われたサーフィン大会「J-Bay Open」で、オーストラリア出身のプロサーファー、ミック・ファニング選手がサメに襲われるという事件が起きた...