クールより、これからは「あったかい男」の時代

「クール」は、かっこいいっていう意味でも使いますよね。でもそんな「クールな男」になろうとしても現実はなかなかうまくいきません。結局、理想とのギャップに疲れてしまう人も多いのでは?

そんな悩めるあなたに、人生のさまざまな気づきを与えてくれる動画メディア「The School of Life」が提案しているのは、新しいかっこよさ。「クールな男」じゃなくて「ウォームな男」です。

そう、今かっこいいのは、あったかい男!

この80年、理想とされてきた
「クールな男」

7ad7a27a19b73b051220d53a215e2e2580858b40

Image by The School of Life

長いこと、男性の理想は「クールであること」とされてきました。

冷静沈着で、うろたえることなく、思ったことはためらわずに実行し、常に完璧。いつでも余裕が滲んでいます。

E2ac3dd893f0bb577843944aafb0514f300d86ce

Image by The School of Life

2d751e678248fc7f17b11b5ba81ee930beea35cb

Image by The School of Life

昔なら、ジェームズ・ボンドやボブ・ディラン、最近ならライアン・ゴズリングやベネディクト・カンバーバッチは「クールな男」の代表格でしょう。

Acf306defd250de1f9c69c894e28b0f5673e7a0f

Image by The School of Life

クールな男は、家が火事になっても、「ちょっと暑くなってきたようだね」なんて軽口を叩きながら、自分で火を消したり、

7e1976a9d6e3ed25287162206535fe11d687f01c

Image by The School of Life

ミスをして上司に詰め寄られても、大丈夫。いつ仕事を辞めたっていいんだ、と余裕を見せます。

F9c2e7c455f4176ec2c6c8410b06d9ff4b312b45

Image by The School of Life

でも実際、そんな理想像に苦しめられている人もいるのでは? いつだってそんなに冷静沈着ではいられませんよね。

これからは
「あったかい男」の時代

Ef8d826fe107408096ed4e855db42099a88d7091

Image by The School of Life

そこで提案したいのが、21世紀の新しいかっこよさ。それが「あったかい男」です。

D230810c1822b5729ebf7e7027e542866dfa8f5e

Image by The School of Life

「あったかい男」は、クールな男のようにいつも完璧なわけではありません。その代わり、自分の欠点や不安ときちんと向き合い、克服しようとしています。

F6327aad9424e6562e3c8686d8221c4d850eef10

Image by The School of Life

火事があったときも、無理に自分で火を消そうとはしません。うろたえながらも消防車を呼び、ちゃんとプロに対処してもらいます。

C84e3ca6281c2e903b21a22a445dd64b6c3b29e3

Image by The School of Life

上司からミスを責められたときは、どうしてそのようなミスが発生したのかをきちんと説明し、予防するためにどうしたらいいか、を考え伝えることに最善を尽くすのです。

2f30cbf80b40d468dc7bbd3f307819ae0cca0feb

Image by The School of Life

彼らは「自分が不完全だ」ということを知っている分、思いやりと優しさに溢れています。

クールな男に疲れたら
「あったかい男」を
目指してみよう

1037e0e23f2b5515c9a901e8cf7b63faae7d7eb0

Image by The School of Life

男性のかっこよさの定義は、時代と共に移り変わってきました。これから「あったかい男」がかっこいい時代が来れば、雑誌では「40歳以下のあったかい男ランキング」なんて特集が組まれるかもしれませんし…

6568d484d5bd260d01cf94a13f1dac22cf1166b9

Image by The School of Life

子どもが、どうしたらもっと「あったかい男」になれるんだろう?と悩むかもしれません。

1daa20bd15a3c07fd5def35aca5b21aa4e9aff54

Image by The School of Life

女性にモテるためにも「何よりあったかい男でいなきゃ!」なんてことになるかもしれません。

何があっても自分を貫く「クールな男の美学」は、正義がはっきりしていた20世紀に必要とされた価値観だったのかもしれません。でも、そんなわかりやすい正義なんて存在しない、誰もが不完全であることが当たり前になった21世紀は、「あったかい男」こそが新しいかっこよさの定義になっていくのではないでしょうか。

もしもあなたが「クールな男」を目指すことに疲れてしまったら、これからは「あったかい男」になってみませんか?

Licensed material used with permission by The School of Life
ここ最近、けだるそうで死んだ目をもつ「死んだ目」をした男子が人気です。次から次に新しい「○○系男子」が出現しますが、「死んだ目男子」とは、とても褒め言葉と...
「人生80年」とはよく耳にする言葉ですが、となると40歳はちょうど中間地点です。まさに今!というあなた(特に男性)はぜひこの記事を読んでみてください。男性...
「私は可愛くないからモテない」などと全てを容姿のせいにしていませんか?男子が惹かれるのは表面的な見た目だけではなく、表情や雰囲気が大きく影響してきます。あ...
肉食と“菜食”の男性は、どちらが女性に好まれるのか?いくつか研究を見ていると、菜食優勢なのではないかと思える結果が発表されています。モテるという言葉はちょ...
あなたの彼氏は、モテるタイプではないけれど、密かに会社や学校で「いいよね~あの人」なんて、噂される男性かもしれませんよ。誰からも愛される「愛され男子」がい...
常に女性との関わりを持ち、一見恋愛に事欠かない「チャラ男」と「モテ男」。しかし、どうも同じに見えないのは何故なのでしょう。「チャラ男」はモテるのか、「モテ...
女子ってホントにメガネ男子が好きですよね。職場でもカフェでも、そして電車の中でも、メガネをかけた人がいるとつい目で追ってしまうのが女の性というもの…とは言...
ショーウィンドウに映る自分を見て、髪を整える男性。見た目ばかり気にしていても、意外と女性はそこまで見た目にこだわっていないかも。「Elite Daily」...
恋愛には、いくつもの地雷があります。良かれと思ってやったことが裏目に出たり、ほんのジョークのつもりで言った言葉が取り返しのつかない事態を巻き起こしたり。で...
フツメンなのになぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。中には顔で判断する人もいますが、世の中の女性の全てが顔だけで...
今、女性から人気とされる「クリーミー系男子」。外見だけでなく、内面も充実しているというのが、おおまかな特徴のようですが、ここではもっと細かく、彼らの特徴を...
じつは、男性に愛される女の子になるのは、すごく簡単なことなのかもしれません。まずは相手のニーズに合わせて、自分を変えてみる。最初は愛してもらえる存在になれ...
空間の邪魔をするどころか、むしろ存在するだけでオシャレに見える。そんなクールすぎる「BeoPlay A6」は、立てて使っても壁に掛けてもOKのスピーカー。...
宮崎県日向市のPR動画として世間を騒がせた、"非モテ男"の成長記録。ネットサーフィンを趣味とする男の子が、南国宮崎の青い海を舞台に本物のサーファーへと変貌...
男性学の第一人者である田中俊之さんは、30代後半〜40代前半の男性、つまり「40男」こそ夢を持つべきだと言います。きになるその理由とは?彼の著書『〈40男...
草食系男子、肉食系男子、ロールキャベツ男子、アスパラベーコン男子…近年メディアでは○○系男子があふれていますが、雑食系男子という言葉をご存知でしょうか?草...
男性を動物に例え、その性格から犬系男子、猫系男子と分ける人が増えています。もちろん全てが全く同じというわけではありませんが、それぞれのタイプには分けられる...
読書男子がモテる?知的でかっこいいと言われる、読書好きの男子。海外メディアでも、その存在を魅力的に伝えているコトが多い。ここでは、ただ知的で賢いというだけ...
恋愛に関して奥手と言われている草食系男子よりも、さらに恋愛への興味関心が薄い男性。巷では、「仙人系男子」と呼ばれています。あたかも自らの力で悟りを開いたか...
ハッキリしない関係ばかり続けている女性は、注目です。その不安定な関係は、自分の態度次第で改善できるのではないでしょうか。ステップは簡単。Candice J...