今こそ見直したい、日本の「缶コーヒー」の魅力

日本のコンビニは、外国人や海外に住んでる日本人にとっては目がキラキラしてしまう場所です。たとえば私の住むアメリカでは、コンビニは少し怖い場所という認識があります。目が虚ろな人がブラブラしていたり、ホームレスの人たちが小銭をもらおうと待っていたり、ゴミ箱を漁っていることもしばしば。

コンビニ内で置いている商品も、炭酸のジュースやビール、お菓子などのジャンクフードが主流で、日本の作りたてのお弁当やデリのようなものはありません(あ、でもホットドックならあるか…)。なので、日本のコンビニのように軽快に立ち寄る場ではないのです。

日本に帰国したとき
缶コーヒーにワクワクする

F2e616f2fe5c79f9e28fec4de20335decb1998aa

私はアメリカから日本へ帰って来たら、いつも空港内のコンビニに直行します。つぶらな私の目も、このときばかりは輝きます。

アメリカのようなコーラ、ポテトチップスだけじゃありません。日本のコンビニには何種類ものお茶、何十種類ものお菓子やスウィーツにアイスが、お行儀よく並んでいます。眩しい限りです。そして1番ワクワクしてしまうのが、缶コーヒー。これはアメリカにはない文化なのです。

缶コーヒーはクイックな
エナジーチャージ?

アメリカのコンビニに、缶コーヒーは(ほとんど)ありません。「ほとんど」と書いたのは本当にごく最近、Whole Foodsなど意識の高いスーパーなどで見かけるようになってきたのと、スターバックスの缶コーヒーをコンビニで何度か見かけたことがあるからです。

でも普通のコンビニでは、あってもスタバの缶コーヒーが1種類あるかないか。ガラス扉の向こうを埋め尽くす色とりどりの缶コーヒーは、まさに日本の素晴らしいコーヒー文化なんです。日本に住んでいるとあまり意識がいかないかもしれませんが、外国人にとっては多種多様な缶コーヒーはとっても珍しいもの。

私も日本に住んでいるときは気にもとめない存在でしたが、アメリカに住むようになって日本の缶コーヒー文化のすごさを実感しました。

そんな日本の缶コーヒーはどっちかというと「クイック・エネルギーチャージ」という立ち位置なのかなと思います。その場でぐいっと飲むことが多いですよね。缶コーヒーのサイズが小さいのも、飲みたいときに一気に飲み干せるようにと聞いたことがあります。

アメリカは
「TO GO」文化

9bab206516ac07be73a1018ec19c1d24db59430d

その反対で、アメリカでは「コーヒーはカップに入れてゆっくり飲むもの」という概念なのかなと思います。アメリカのカフェでコーヒーを注文すると、店内で飲むかテイクアウトするかの意味である「For here or to go?」と必ず聞かれます。

そう、アメリカでは「TO GO (持ち帰り)」の文化がかなり主流なんです。かと言って、持ち帰りにしたコーヒーをその場で一気に飲み干してる人は見たことありません(私はたまにしますけど)。

アメリカのビジネス街の朝は、TO GOしたコーヒーカップ片手に歩いている人だらけです。想像したら変な感じですけど、これが日本で缶コーヒー片手に歩いているビジネスマンだらけとならないのは、やっぱりグイッと飲み干しているからなんでしょうね。

「コーヒー好き」にも
いろいろある

6e06355652e13df4070b51f910e4fd18803603b3

コーヒーが好き、とひとくちに言っても、缶コーヒーが好きだったり、自分で淹れたコーヒーが好きだったり、はたまたお店で飲むコーヒーが好きだったり、色々です。

でもアメリカには「缶コーヒー好き」が今のところ存在していないに等しいのですが、少しずつ浸透していくんでしょうか。数年後、TO GOがなくなって、朝のビジネス街が缶コーヒー片手にした人だらけになっていたらおもしろいですよね。どうなっていくか、楽しみです。

前回、今の日本のカフェブームは「サードウェーブ」というコーヒーのトレンドの波にがっつり乗った形、ということをお話ししましたが、じつはこのサードウェーブ、日...
2016年3月10日、東京・青山に新たなコーヒースタンド「THE LOCAL」がオープンしました。この店、ある画期的なオーダーシステムを採用しているんです...
コーヒー好きのみなさま。突然ですが、コーヒーの好きなとこってなんですか?私の場合は、そりゃもうたくさんあります。味はもちろんのことですが、知れば知るほど深...
シアトルに住んで、もうすぐ8年になります。シアトルというと「コーヒー」とか「雨」というイメージが強いと思いますが…正解です。まったく裏切りません。本当にコ...
名古屋育ちの私にとって、喫茶店でコーヒーを頼むとピーナッツが付いてきたり、午前中にコーヒーを頼むとモーニングがついてくることはけっこう普通のことで、逆に何...
みなさんは旅行へ行くとき、カフェやレストランなどを事前にリサーチするタイプですか?見知らぬ土地の食べ物や飲み物で冒険するのは、なかなか勇気がいることです。...
「ハマる」という現象は、思いもよらず訪れるのかもしれません。とくにそれまで興味がなかったり、逆に「食わず嫌い」だったりすると、その反動でハマり方の振れ幅が...
実は私、つい先日地球の裏側にあるコーヒー大国ブラジルへ行って来ました。そう、コーヒー生産国世界ナンバー1の国です。世界で出回っている3分の1はブラジルのコ...
コーヒーと言っても、本当にいろんな種類のものがあります。豆の種類もたくさんありますし、作り方もブラックコーヒーからフラペチーノのような甘いデザートのような...
暑い…暑いです。5月ってこんなに暑かったかな?と思う今日この頃。本格的な夏が来たらどうなってしまうのかと、今からちょっと怖いくらいです。私は寒いところで温...
今回の「私が知りたい、コーヒーの人」は、桑原りささん。桑原さんはNHKを始めとする数々の番組でキャスターや司会者をされてきたほか、国際・経済ニュースを取材...
お店で飲むコーヒーはプロが淹れてくれたものなので、やっぱりおいしいですよね。私は家でも毎日自分でコーヒーを淹れるんですが、かなり大雑把な性格なので計量した...
奥渋にある「CAMELBACK sandwich&espresso」。コーヒー担当の鈴木啓太郎さんとサンドウィッチ担当の成瀬隼人さん(元寿司職人)...
エスプレッソをオーガニック トニック ウォーターで割り、レモンピールを加えた「炭酸コーヒー」がブームの予感。普通のコーヒーが完全に日常に溶け込んだ今だから...
世界で1番コーヒーがよく飲まれていると言われる「北欧」。私の住むシアトルは、冬場は朝9時過ぎにやっと明るくなったかと思うと夕方4時には暗くなるのですが、北...
今では本当に当たり前のツールになった「ウェブカメラ」。最近はどんなパソコンにもついていて、動画を配信したり、顔を見ながら相手と会話できる時代です。ちなみに...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
「Nitro Cold Brew」は、専用のサーバーで注がれる窒素ガス入り水出しアイスコーヒー。まるで黒ビールのようなその見た目が、昨年の夏頃に大きな話題...
私がシアトルに引っ越してから新しく始めたことは「コーヒーを飲むこと」と、じつはもうひとつ「ランニング」なのであります。シアトルに引っ越してしばらくした頃、...
コーヒーを飲むとき、チョコレートっぽい味とか柑橘系の風味などを感じることがあると思いますが、その味を作り出しているコーヒー豆にまで考えが及ぶことはあまりな...