オシャレに手を抜かなかった「祖母」から学んだ20のこと

彼氏がいないからなんだ!嘆いてばかりで時間を無駄にしてないで、シングルの間は自分磨きに専念しましょう。誰もが好きになる「素敵な女性」に変身すればいいのです。

Elite Daily」のVeronica Bocianさんは、一切お洒落に手を抜かなかった自身の祖母の姿勢が、今でも記憶に焼きついていると言います。輝かしい未来に欠かせないのは、毎日の努力かもしれません。ここでは、日に日に美しくなるために意識したい「20のこと」を紹介します。

01.
ボディラインを
意識すること

78077906d3fa10375005ef2cf3026bead9d58eb6

自分のウエストラインが好きなら、その形が強調できるジーンズを履いてみてほしい。もしも「最近胸が大きくなったな」と思うなら、恥ずかしがってばかりではいけない。

ポイントは、“上品に”ボディラインを見せること。

02.
「ひとりの時間」を
大切にする

暇なとき、SNSばかり見てないで、たまには本を片手に好きなカフェで読書でもどう? もちろん散歩や映画鑑賞だっていいと思う。周りから「ひとりで行動できるなんてかっこいい」って思われるような女性を目指してみてほしい。

「おひとり様」も意外と悪くないの。

03.
自信をつけるために
思い切って自撮りをアップ

自撮りのいいところは、最高の一枚をあげられるところ。角度、髪型、笑顔、最後はフィルター加工。とびっきりの1枚に仕上げることは、決して悪いことじゃない。

恥ずかしがらずに投稿することで、きっと自信もつくはず。

04.
たまには
赤いリップにも挑戦

唇を赤くすれば、気分も上がるもの。この武器ひとつだけで、シックな大人に変身してみては?

05.
悪いことしたな…と
すぐに反省することをやめる

Dbdb762ae7b1320941a83dd1a03dbc4d36f75a9e

人を喜ばせたい気持ちが大きいと、何かとこの考えに陥りがち。もちろん、誰だって周りを傷つけたいとは思ってない。でも、そればかりに集中して自分らしさを失うのはもったいないと思わない?

相手が傷ついているかどうかなんて、直接言われるまではわからない。そのひとことを待つのも手かもね。

06.
たまには自分に
ご褒美を

ネイルサロンへ出かけたり、車を買ったり…。「自分で払える」と金銭面の余裕を感じると、人は自信が湧いてくるものなの。そんなお買い物のあとは、アイスクリームで締めるのよ。

07.
セクシーな下着を
選んでみる

「Victoria's Secret」は「ヴィクトリアの秘密」という意味。ミステリアスさを醸し出しているけど、下着って見せるためにもあると思うの。

時には、行きつけのお店の店員さんが驚くほどセクシーな下着を身につけてみては?

08.
鏡を見て
自慢できるところを見つける

毎日自分に何かを言い聞かせると、不思議とそれが「本当に」思えてくる。だから自分の好きなところを見つけて、毎日自分を褒めてあげるの。

やればやるほど、自然とこれが習慣になってくるわ。

09.
憧れの「あの子」を
しっかりチェック

ファッションブランドの冊子に出てきそうなほど完璧なあの子。髪も、彼氏も、人生すべてが輝かしい…。

そんな子を存分にストーキングしたあとは、自分のプロフィールを見返してみて。でも、決して自己嫌悪には陥らないこと。あなたの人生も十分パーフェクトだ、ということに気づくことが大切なの。

10.
ポジティブ人間で
周囲を囲む

6d9b9385aee51cbf65c562af4add43362c220107

プライドを切り裂き、エネルギーを奪い、ネガティブなオーラで周りを包み込む…。そういう人って、あなたの傷口を見つけては、グイグイ広げてくるタイプ。

生きていたら、いつかはそういう人に遭遇してしまうかもしれない。だからこそ、できるだけポジティブな人と関わっていけるように意識するの。あなたのことを褒めて、気分を良くさせてくれる友だちは、絶対に手放さないで。

11.
シャンパンは
いつ開けても良し

「特別なときのためにとっておく」なんて言わず、今日を「特別」にしちゃいましょう。シャンパンを手にすると、自然と最高な気分になる。先延ばしにするなんてもったいない!

12.
何もない日でも
オシャレをする

2日酔いで最悪な気分でも、マスカラを塗ってオシャレに力を入れてみると、気分が良くなることがある。ウソじゃないわ。

13.
誰かと比べるのは
もう、おしまい

素敵なハリウッド女優を見ながら「みんなの理想像になるのってどんな気分かな…」と思うのは自由。でも、彼女と自分を比較してはいけないわ。彼女はきっと、自分の世界観を思いっきり愛している人。だからこそ輝いて見えるの。

つまりあなたも、自分を愛せるようになれば輝ける、ということ。

14.
いつも着ない服を
着てみる

誕生日には、レザーレギンスなんてどう?ちょっと変わった服装で、思いっきり楽しむ日があってもいいと思うの。

15.
心をオープンにすること

986221437b6b62e305d0357119929c0b9a203194

誰もが、自分の嫌いなところがある。いっそのこと、隠してないで周りに打ち明けてみるのはどう?

できるだけ、ポジティブな友人に話すのがベストだと思う。自分の嫌いな部分と向き合うことで、見えてくることもある。たとえそうならなくても、恥ずかしがらずに打ち明けたことを褒めあげて。

16.
叶えるつもりで
目標を立てる

誰かに期待するように、自分にも期待をしてあげてほしい。

そして、その期待に応えられるように日ごとや月ごとに目標を立てるの。ポジティブな気持ちでいられる目標だと、もっといいわ。達成できたら、シャンパンでお祝いしてね。

17.
まつげには
じっくり時間をかける

まつげは、長いほうが絶対に得。

18.
自分の長所を思い出す

言わなければよかったこと、深夜に食べてしまったピザ…。何かと過ちにばかり目を向けてしまうけど、エネルギーの無駄だからやめよう。

そうやって自分の嫌なところが目についたら、代わりに自分のいいところをひとつ思い出してみて。自分の短所に当てている時間の多さに、びっくりするはずだから。

19.
音楽で気分を上げる

女性を勇気付けてくれる歌詞なら、なお良し。

20.
自分は「できる」と
言い聞かせる

13aa4d8aca3895505ed8ceabdc66353b1783a694

自分が恐れていることほど「やるべきこと」だと思う。それがどれだけ未知な世界だとしても、思い切って飛び込んでみてほしい。そうすれば、良くも悪くも強さが身につくわ。

どん底に落ちてから這い上がるのは、決して楽しいものじゃない。でも、誰もが乗り越えられる壁よ。あなたもね。

Licensed material used with permission by Elite Daily
見た目には気を使って、可愛い服を着たりメイクをがんばったりしてるのに、なぜか彼氏ができない「モテないさん」、意外と多いようです。友達は多いのに、なぜか恋愛...
どんなに独立心が強い女性でも、毎日ひとりで過ごしたいわけじゃない。「Elite Daily」のAllison Isaacsonさんが、そんなシングル女性の...
彼氏のことが大好きで、今すぐにでも結婚したいけれど、彼氏からは何もアプローチがないと悩んでいる女性は、少なからずいます。彼氏にとって理想の女性になるにはど...
「男性なんて追うべきではない」独身女性にそうメッセージを送るのは、ライターSheena Sharma氏。ほかでもない彼女もシングルだからこそ、その言葉が説...
30歳は人生の仕切り直しです。良いスタートダッシュを切るために一度立ち止まり、自分自身と向き合ってみましょう。ちなみに、この感覚って29歳のシングル女性に...
彼氏がなかなかできずに不安を抱いている女性も少なくないでしょう。今回は彼氏ができない不安をもつ女性たちに向けて、不安を解消する方法を提案していきます。どれ...
とびっきりの美人ほど彼氏いない歴が長かったりすることってありますよね。「なぜ彼女たちに彼氏がいないんだろう?」と不思議に思ったことは数知れず。気になるその...
子どものころに、よくお父さんに言われていた言葉はなんですか?そのときは意味がわからなかったけど、20代で社会に出てからその重みを知ることってありますよね。...
あなたの彼氏は、モテるタイプではないけれど、密かに会社や学校で「いいよね~あの人」なんて、噂される男性かもしれませんよ。誰からも愛される「愛され男子」がい...
世の中にカップルは星の数ほどいますが、彼氏が大好きで本当に幸せな女性は、彼氏にどんなことをしてもらっているのでしょうか? 「こんな彼氏を作るぞ!」と決意す...
依存したり、振り回されたり、ダメな恋愛はもう疲れたというあなた。その恋愛、あなたにも原因はありませんか?どんなにすてきな男性と出会ったとしても、自分をしっ...
これからの時代は、男女問わず「中身重視」。そうやってパートナーを選べば、きっと関係が長続きすると提唱してくれたのは「Elite Daily」の人気男性ライ...
スマホが普及して、SNSを利用する人が爆発的に増えました。みなさんの中にも、Instagram、Twitter、Facebookなどで、食べたものや、街中...
平野 宏枝1981年生まれ、ビューティプロデューサー。これまでのキャリアで美容アドバイスをしてきた女性は14万人を超える。顧客の悩みに合わせた「オーダーメ...
25歳になったばかりの女性ライターKylie McConville氏がまとめたのは、「20代のうちに経験しておくべき失敗」について。人は辛い経験があるから...
ライターJen Soule氏がまとめた「20代シングル女子」の頭の中は、恋愛のことでいっぱい。彼氏なんて要らないと強がる自分と、やっぱり欲しいという正直な...
フツメンなのになぜか女性にモテない。これまで恋人がいた経験がないのには何かしら理由があるはず。中には顔で判断する人もいますが、世の中の女性の全てが顔だけで...
ちょっとした気遣いができるかどうかで、モテるかモテないかが決まると言います。ここで紹介するのは「Elite Daily」の女性ライターErika Hube...
人間は学ぼうと思えば何からでも学ぶことができるし、思わなければどんな教訓だって「馬の耳に念仏」になるでしょう。経営コンサルタントの小宮一慶さんは全国津々浦...
デートの相手もいないし、今週末もまたひとり…。なんて思っているみなさん、シングルならではの、恋人がいる人にはマネできない贅沢な週末の楽しみ方があるんです。...