新入社員とギクシャクしないために、知っておきたい「4つの鉄則」

新年度になり、約1ヶ月。

入社当時、あなたに尊敬の眼差しを向け、元気よく挨拶や返事をしてくれていた新入社員…今はどうですか?「あれ、そういえば…」と思い当たる人は振り返ってみて下さい。早く戦力になってほしいからと、初めからひたすら業務を教え込んでいませんでしたか?

Inc.」の人気ライターJeff Hadenによれば、最初は業務内容を覚えることより、仕事に対して正しい物の見方でアプローチしてもらうことのほうが大事だといいます。新入社員のパフォーマンスを上げるために、上司として最初から伝えておくべき4つのことを紹介します。

01.
「なぜその仕事をするか?」
を明確に

841ca70c60fe783a5d5e8c1964bd5cf03d09254b

新しく入社した人たちには、もちろん業務のやり方を覚えてもらう必要がありますが、まず最初に、会社の基本的なバリューについて、とことん理解してもらうことが大事です。何の仕事であろうと、1つや2つの差が結果へと繋がっていくのです。クオリティかサービスか、それとも低価格だからか。もしくは築き上げてきた顧客との繋がりかもしれません。他の側面も重要ですが、すべてのビジネスには運命を左右する事柄があるものです。

スタートはまさにここ。そして先へと進んでいくのです。新入社員の仕事がどのように価値を作っていくか、他社との競争に勝つうえでどのように影響していくかを説明してください。会社の主な目標と従業員の繋がりを、明確で直接的なものにしてあげましょう。彼らは何をすべきかも知る必要がありますが、「なぜそれをやるのか」を知ることのほうが大事なのです。

だからこそ、つねに「なぜ?」で始めてください。

02.
相手先とのやりとりで生まれる
「バリュー」を説明する

まだ一度も顔を合わせていなかったとしても、新しい従業員は社内外に顧客を持つことになります。その人たちと仕事をすることで、新入社員がどのようにビジネスバリューを生み出すことになるのか、しっかり時間をとって説明してください。

どこまで話したらいいかは難しいところですが、話さなくても彼らは理解してくれるだろう、なんて都合のいい想定をするのはやめてください。それに、自分たちだけで理解しなければいけない、なんていうこともないのです。

03.
タスクを与えることで
仕事の重要性を実感してもらう

C7377b1a7fb5994adc749cf5cff396a7fbfaaff5

初めのうちから、仕事のタスクを少なくとも1つは達成してもらってください。なぜか。

結果は重要なのだとハッキリさせるだけではなく、達成感を感じながら家に帰ってもらうことができるからです(丸1日、または数日かけたオリエンテーションはさすがに退屈だし、新しい環境に順応するのがより難しくなってしまいます)。

タスクをどのように行うかは、大きな一連のプロセスを実際に行える大きさに分ければいいのです。そうすることで、自分の役割がどのように会社のバリューを作っていくのか、すぐに見ることができます。そしてあなたが相手に、早くて建設的なフィードバックを与える素晴らしい機会にもなり、新入社員がより良いパフォーマンスをする助けにもなるのです。

04.
「なぜ採用したのか」を伝え
長所をのばす

B16a48241ab1a18fc455495300745386d585c745

すべての従業員は、それぞれ理由があって採用されているわけです(正直に言うと、多才な人より、本当に必要なのは何かに対してズバ抜けてできる人なはず)。だからこそ、採用した理由を相手がすでに理解している、なんて思ってはいけません。

新入社員に「なぜ雇ったのか」を伝えるようにしてください。与える役割についてではなく「なぜその人が適任だったのか」を。

スキルや経験、態度や労働意欲を褒めるようにしましょう。さらに重要なことは、それらを実際にやってもらう業務に強く結びつけることで、彼らが自分の特徴や存在意義を見失わないようにしてあげることです。

Licensed material used with permission by Jeff Haden
2015年時点で、12歳から27歳の人がいわゆるゆとり世代と呼ばれる人たちです。実はこのゆとり世代の新入社員には、ある共通した特徴があります。それはいった...
学校に週休二日制が取り入れるなど、いわゆるゆとり教育を受けた、ゆとり世代。他の世代からは、理解しにくい部分もあると言われるゆとり世代との付き合い方が、ここ...
新生活が始まって数ヶ月が経ち、新入社員のみなさんも、受け入れた会社側も、お互いに慣れてきた頃ではないでしょうか。最初は右も左もわからなかったところから、少...
たいていの体育会系新入社員は、学生時代に理不尽という壁を乗り越えてきている(一部を除いて)。その悲惨な体験はまったくもって無駄じゃない(はず)。例えば、彼...
最近は働きやすい環境を整えた会社がメディアで取り上げられることも多くなってきましたが、大半は“そうではない”のが現実。そして、そんな会社に就職した優秀な人...
 できる社員を育てあげるには、何よりも上司のコミュニケーション能力が重要。これはコラムニストMarcel Schwantesの意見。優秀な部下の質を見極め...
優秀な人材が去ってしまうことは、企業にとっては痛手。そうなる前に、マネージャーは彼らの考えをしっかりと理解する必要があります。そこで役立つのが「Talen...
いい上司と悪い上司。両者の違いはどこから来るのでしょう?ここでは、いわゆる“ダメな上司”の特徴を紹介。とくに03.は、ちょっとしたことですが、当てはまる人...
統計によると理想の上司がいる人は3割程度だそうです。これを多いと思うか少ないと思うかは、理想の上司が周りにいるかいないかによって変わってくると思います。人...
社会人になって数年過ぎると、様々なタイプの上司と仕事をする機会を通して、その影響力の大きさを思い知る。尊敬できて、周りを引っ張ってくれるような人が上にいる...
インターン生を指揮するにしても、ビジネスをするにしても、あなたの部下が仕事をうまくこなせるかどうか、あるいは、あなた自身の身を守れるかどうか。それは「リー...
なぜか優秀な人から辞めていく。そんな職場に身を置いたことはありませんか?自身もCEOとして活躍するElle Kaplan氏は「Inc.」の記事のなかで「で...
「上司がこういう言い方をしてくれたら」「部下がこんなふうに行動してくれたら」。働いていると、目の前の人に変わってほしいと思う場面に何度か出くわすことがある...
慣れた仕事を毎日「こなすだけ」の日々が続いているなら、もう一度やり甲斐を見い出すためにも、空気をガラっと変える必要があるかもしれません。確かに転職もひとつ...
「自分は何をしたいのか」「どういう人と働きたいのか」「どんなスキルがあるのか」を軸に、自分らしい働き方を追求する人が増えてきています。働き方が多様化するな...
J.T. O’Donnell氏がまとめているのは、女性社員がイライラしてしまう男性の特徴。とはいえコレ、きっと男性社員から見ても同意見なはずです。記事の最...
アメリカ社会で、いま危険視されている「Toxic Worker」を知っていますか?直訳すれば“毒性のある社員”、つまりは同僚に悪影響を与える社員のこと。彼...
すべての社会人必見の記事が「Inc.com」にまとめられていました。現在、部下を抱えている人も、将来的に部下を持つことになる人も、目を通しておいて損はない...
「上司は選べない」「職場環境は上司しだい」なんて言われることもありますが、自分がいざ「上司」と呼ばれる立場になってみると、自分が本当に理想と言える存在なの...
毎日の仕事がつらくなっていませんか?そのつらさも、今この瞬間だけを乗り越えればまた新たな景色が見えるのか、それとももうその仕事は続けるだけ時間の無駄なのか...