よくある「アウトドア挙式」だと思ったら、とんでもなかった…

世界一高い山、エベレストで挙式をしたい──。

そんな妄想を抱いた冒険好きのカップルは、星の数ほどいたかもしれない。でも、現実的に考えれば二の足を踏まざるを得ないだろう。体力、知識、装備…と多くの障壁に加えて、命にかかわる危険だってある。

しかし、それを実行してしまったカップルが現れた。2人は、輝かしい門出の日のため、入念に準備を重ねたそうだ。そして、ついに海抜17,000フィート(約5,180メートル)で愛の誓いが。

アウトドア好きが高じて
エベレストへ

物語の主人公、カリフォルニア州在住の新郎James Sissomと新婦Ashley Schmiederに直接コンタクトをとって、いくつか質問をしてみた。臨場感たっぷりの写真と一緒にドーゾ。

Q:トラディショナルな結婚をしなかったワケは?

A:私たちの関係で最も重要なことは、アウトドアで過ごすことにある。そこで固い絆を結び、お互いを信頼できるパートナーだと確かめあえた。そういう場所で式を挙げたかったんだ。

B4bf17d35938c0dbdbaddfa6d5c681954f40cf3e

Q:エベレストでの挙式にいたった経緯は?

A:はじめてCharleton(アドベンチャー・ウェディングを専門とするカメラマン)に連絡をとった時点では、特定の場所は決めてなくて。それから何度かやりとりがあって、2016年6月にいくつかの候補地をピックアップしたんだけど、エベレストがその中にあったんだ。

Cc433a309a91cc4844b8b7843410fa4190e03eaa

Q:最終的に決断したのはいつ?

A:今年、2017年3月にCharletonから再度連絡があり、エベレストのベースキャンプへの参加に興味があるかを聞かれたんだ。その時だね。僕たちは、いつかはエベレストへ登山するような話はしたけど、まさか、実際に誓いを交わす場所になろうとは…想像もしていなかったよ。

B71f426943397bf4236221397c5ba436e231aa52

極限状態での「愛の誓い」

Q:登山前にはどんな準備をしたの?

A:これまで2人とも、4,200メートル級の山に登ったことはあったんだけど、エベレストは別世界でしょ。その環境に対応できるように、1年前から計画を立てて訓練を続けたよ。現地に着いてからは、3週間をかけてベースキャンプまでたどり着いたんだ。

6366575ded8ac9c6a12766488294aa9cea3e3380

Q:結婚した時の気持ちを教えて?

A:正直、エネルギーはほとんど残ってなかったんだよね(笑)。途中、天候が悪化したり高山病に悩まされたりしたから。酸欠のせいで誓いを交わすのに、3回もやり直したほどさ。でも、やり遂げた瞬間は、最高の気分を味わえたよ。

442647a32ed30737d6b2a2f2d4b9bb01b50a65e278206831dc9d85b5342cd97e5202ea77b65fc72d87238fcc7f3bd59b523257b94c9b6f577f7f00d1E9348af589833c80783085364e21382404e0eb4e

Q:特に印象に残っているエピソードは?

A:この旅のクライマックスは、待機していたヘリコプターに乗り込んでエベレストから滑り落ちるように下山した時だったんだけど、とても感慨深いものがあった。肉体的・精神的に厳しく大変な思いもしたけど、僕たちらしい門出として、本当に素晴らしい体験だったと思う。

Fb2ecb1608e758f58b21f7cb9621f9f5e0788385

苦難を乗り越えた後に、晴れて夫婦となった2人。彼らの人生の前に険しい山が立ちはだかったとしても、きっと大丈夫だよね。だって、これほどのハードな状況を二人三脚で乗り越えることができたんだから。末永く、お幸せに!

Licensed material used with permission by Charleton Churchill, (Instagram)
結婚は、人生でとても大事な節目。すでに結婚しているカップルならば、いくつか誓いごとをしたはずです。そんな「結婚式で本来誓うべきこと」をMichelle H...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
一生に一度の結婚式は、一番きれいな姿を写真に残したい。結婚式で写真を撮ってもらうのも今では当たり前になりましたが、ひと昔前の様子は違うものでした。高校時代...
しあわせな恋人同士が次に目指すのは、やはりしあわせな「結婚」でしょうか。でも残念ながら、結婚したカップルのすべてがHAPPYじゃないのも現実。もともとは他...
米メディア「Elite Daily」では、どちらかというとカジュアルな恋愛を切り口にした恋愛論が数多く登場しますが、なかにはこんな真剣な結婚論をまとめた記...
ウェディングフォトは一生もの。だからこそ、できるだけ心に残るユニークな写真を撮りたい、と海外で挙式をする人も増えています。そのアイデアを拡大させて、世界中...
結婚したら恋愛は終わり?いつまでも関係が冷めずに恋人同士のような夫婦になる秘訣を「Power of Positivity」が紹介しています。大切なことはた...
結婚はとてもおめでたくて、ハッピーなものだ。けれど、これから長い人生を共にするのだから、決断する前には色々なことを考えなくてはいけません。そこで今回は、N...
今年8月にアメリカを襲った超大型ハリケーン「ハービー」。その水害で結婚式のプランを全て台無しにされたカップルがいた。しかし彼らは洪水後のテキサスに代わりの...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
結婚式から数年、穏やかなのはいいけれど、ふたりの関係はなんだかマンネリ気味。もう一度、結婚当初の新鮮味や情熱が戻ったらなぁ、なんて思っているカップルは、意...
「YourTango」の女性ライター、Liz Pardue-Shultzさんが綴った自身の結婚についての経験談が、話題を集めています。以下に彼女のコラムを...
「夫婦は、生活を共にするもの?」「Your Tango」に寄稿された遠距離婚の経験者、作家でブロガーのビクトリア・フェデンさんのコラムによれば、離れている...
メジャーなワイナリーであろうとなかろうと、魅力的なぶどう畑は、結婚式を挙げるのにはパーフェクトなロケーションだといえるでしょう。単純にワインは素晴らしいで...
これは、すべての夫婦、または夫婦になろうとしているカップルが知っておくべき内容かもしれません。米メディア「Your Tango」に関わる、恋愛や夫婦関係の...
「World Life Style」より紹介する、ライターVicki Santillano氏この記事は、タイトルにもある通り、結婚を考えているふたりに是非...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...
「あんなに仲良しだったのに、どうして別れちゃったの?」と言いたくなるカップル、いますよね。呆れるほどふたりのセルフィーだらけのアカウントが、ある日トツゼン...
付き合い始めは何をしても楽しくてドキドキ。おしゃれして素敵なレストランに行ったり、公園で見つめ合い語り合うーー。それが今や、きれいな下着をつけているのが“...
世界にはさまざまなカップルがいますが、Eser Aksan ErdoganさんとVolkanさんはパイロットとして働く夫婦。ふたりとも別々に世界各国を飛び...