人生で重要なのは「決断」。賢い人の5つのルール

「Inc.」の記事によると、僕たちは「1日に35,000の決断」をしているらしい。それはコーヒーの買い方から、SNSの投稿、ミーティングでの意見、聞く音楽まで、さまざまだ。そう考えると、毎日の積み重ねで本当に人生は変わってくるものだと思う。

だからこそ「選択」は大切なものになるはずだ。

20年以上もリーダー育成のセミナーを開催するMarcel Schwantes氏によれば、成功している人たちの選択には5つの法則がある、とのこと。

83a90266320789dfe506822ac0506118dabac54d

人生をコントロールするのは難しい。
でも、進むべき道をつくることはできる。

1日に何度も迫られる選択のなかで、そのうちのいくつかは賢いものだろうし、結果として、この積み重ねがあなたを成功へと導くだろう。

日々の生活の中では数え切れないほどの状況があるが、それはコントロールできない。性格の合わない上司と働かなければいけないかもしれないし、勤めている会社が合併してしまうかもしれない。

確かに決めることのできないものは多いが、自分の進むべき道をつくることはできる。だけど、何から始めればいいか分からないという人もいると思う。そんな人は、この5つの日常生活で使える法則を参考にしてほしい。

01.
自分に罪悪感を抱かない

自分が予想したことと違うことが起きても「もしも◯◯だったら、違う結果になったな」と考えるのはやめたほうがいいだろう。

コーコラン・グループの創業者で『シャーク・タンク』にも出演しているBarbara Corcoran氏もこう言う。

成功する人とそうでない人の違いは、どのくらい自分自身に罪悪感を抱くかです

自分の身近にいる、人生を切り拓く人たちを参考にしてみよう。試して、失敗から学び、経験をつみ、未来に活かす。そして、あとのことはすべて忘れる。

過去のことをくよくよ悩んでもしょうがない、と思えるようになれば、ミスから立ち直りやすいはずだ。だからこそ、失敗とは正面から向き合おう

02.
楽観的な人と共に過ごす

5eb3f7b3c5785b12dac63a85b0622795a6899055

魅了的な人の秘密は、ネガティブな人と付き合わないことだ。それはまるでウイルスみたいなもので、すぐに負の感情が広がってしまう。

「The New York Times」にも、こんな記事があった。

「すべての人がイーヨーとティガーのような関係を持っている傾向がある。(2人とも『くまのプーさん』の登場キャラクター)

つまり、いつも悪い状況を招く人が存在するということだ。危険察知能力は生まれつきあるものだが、ネガティブな状況にさらされると麻痺してしまう。時には健康状態にまで影響を与えることもある

もし同僚と話していたら、会話をよく聞いてみるといい。彼らが愚痴をこぼし、いつまでも失敗を気にしていたら、関係を断ち切るサインだ。できることなら、積極的な人やポジティブな人、頼りがいのある人と一緒に過ごしてみよう

03.
リスクを取りながらも
目的を明確にする

本当に成功している人は、決して受け身にならずにリスクをとり、明確な目的や夢を持って行動する。

しかし、もしあなたがリーダーの立場なら気をつけなければいけない。人の意見を聞かず、自己中心的だとチームや会社に悪影響となる。やるべきことは、人を率先しながらも謙虚さを持ち合わせるようにすること

04.
直接話し合って
相手のことを知る

Ecd3eb89c3dab1eda15373ea575da2c04efb87bc

職場で良い関係を築くためには「耳を使ったコミュニケーション」をするといい。自発的に同僚や上司と話し、よく聞くことを心がけてみよう

人生や価値観を語り合ってみると、思いがけないところで共通点を見つけられるかもしれない。もし職場でのことなら、新しいプロジェクトを始めるときに何か任せられるかもしれない。

05.
喜びや幸せが
感じられることをする

いつも幸せそうな人といると、ついイライラしてしまうかもしれない。だけど、彼らは周りの人と「喜びをシェアできるようなこと」を意図的に選んでいる。もし羨ましいと思うなら、一緒に時間を過ごしてみるといいかもしれない。きっと学べることがあるはずだから。

でも、いつも楽しそうな人も現実と向き合い、他人のことを気にかけている一面もある。だからボランティアをしたり、社会問題に敏感だったりする。苦しい過去を持っているかもしれない。このような経験があるから、人を引き寄せるのだろう。

また彼らは学ぶことを決してやめないし、知ったかぶりをしない。だからこそ、人に興味があり、何が好きで何を大切にしているのかをよく質問をする。「あなたから何か学びたい」と示すのが、とてもうまいのだ。

Licensed material used with permission by Marcel Schwantes
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
決断力を鍛えるためには、日常の気の持ちようや心がけが大きく影響してきます。どのように考え行動するといいのか、具体的に5つの方法をご紹介しましょう。1.自分...
一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
成功までの長い道のりで、つい忘れてしまいがちなことがあります。でも、そのポイントを覚えておけるか否かが、その後の結果を大きく左右することに。「I Hear...
夜遊びも好きなパーティガール、と聞くと、チャラチャラした女の子というネガティブなイメージを抱く人も多いかと思います。でも彼女たち、じつはしっかり者なのかも...
仕事に伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。このままでいいのか悪いのかさえも分からない…。そんなあなたへ、実際に成長する人、成長しない人の特徴を5つご紹介...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
人生にはいくつもの分岐点があり、意思決定を迫られるシーンが何度も訪れます。もちろんビジネスにおいても、そう。そこで、Amazonの創業者であるジェフ・ベゾ...
多くの人は、人生において成功したいと願っているでしょう。そして、成功するためにやらなければならないことも、心の底ではわかっていることが多いものです。しかし...
演じる作品はどれも名作となり、輝かしい経歴を手にしたオードリー・ヘップバーン。しかし彼女がバレリーナという夢を挫折し、生活のために女優へと転身したことはあ...
成功するためには失敗しなければならない。何だか、逆説的な話ですが、成功した人は、みな口を揃えてこう言うから不思議。「失敗は成功のもと」と、日本でも古くから...
今の時代は「得られる果実を最大化する意思決定」こそが最良の判断。そのためには、リスクを取ってでもスピーディに決断することが必要です。実は、その判断力は日常...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
「Harvard Business Review」は、ハーバード・ビジネス・スクールが創刊した学術メディア。そこに掲載された記事が、話題になっています。こ...
ちょっと乱暴に言えば、ひと昔前は全員が一律に同じことを学ぶのが学校というシステムでした。しかし考え方も生き方も働き方も、すべてが多様化してきた今、学校で教...
ビジネスパーソンにとって、応用力がある人になることは、ひとつの重要な要素です。事業変革パートナーの安澤武郎さん著『ひとつ上の思考力』では「法則を見出せるよ...
ビジネスを始めたい!など、何か目標があるからといって、大学を中退するのは大きな賭けとも言えます。4年間も大学に通うなんて無駄だな…と感じながらも、そうしな...