よなよな開園する「ネズミ専用テーマパーク」が誕生

「ネズミ」と「テーマパーク」。こんな2つのワードが並んだら、万国共通、老若男女、問答無用に“アレ”が思い浮かぶはず。そりゃあもう、仕方ない。

でもでも、そんな当たり前に待ったをかける存在がこれ。ネズミが出迎えてくれる夢の国ではなく、ネズミのためのテーマパークだ。もちろん、決してネタなんかじゃない。観覧車やコーヒーカップ、ジェットコースターなど、施設の充実っぷりからは、その本気度が見て取れる。

これは、ネズミたちにとっての「夢の国」

こちらが、スウェーデンのマルメに誕生した遊園地「Tjoffsans Tivoli」。ネーミングは、同国の児童文学に登場するキャラクターに由来しているらしい。

ウソかマコトか、今から約1ヶ月前のオープン初日には、こちらの予想を上回る「来場鼠数」があったそう。人員が足りずに迷惑をかけてしまったと、Instagramで公式に謝罪している。

一番人気のネコ型ジェットコースター。ネズミも人間も、恐怖を楽しみたいという欲求は同じなのかも。

マダム・ラクレットという占い師の館。中央付近で輝くのは水晶玉だろうか。右に見えるトイレも芸が細かい。

客のほとんどは夜行性なので、暗くなってから開園。

手がけたのは、また「あの組織」

プロデュースするのは、匿名の集団「アノニマウス」。思わず、ウマい!と言ってしまうキャッチーなその名前を聞いた記憶があるかもしれない。

実は彼ら、昨年末にもネズミのためのレストランを同都市にオープンさせ話題に。

「この取り組みは、ネズミと人間、双方のためなんだ。

もともと、子どもたちって想像力が豊かだろ?きっと、小さな動物にも人間と同じ世界があるとイメージしていたはずさ。

そんな空想上の世界をリアルに再現することが、俺たちは大好きなんだよね」

ちなみに彼らは、ネズミのための整備を継続していくらしい。この街では、今後も足元に注目だ。

Licensed material used with permission by @anonymouse_mmx
ミツバチのためのナイトクラブ、なんて店が誕生したときには、それはそれは目を疑ったもの。ですが、ここで紹介する出来事も負けず劣らずのインパクト。舞台はスウェ...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
「はじめて夢中になったオモチャが、LEGO®でした」。自分自身がそうだったという人もいれば、子供や兄弟、甥っ子や姪っ子が、時が経つのも忘れるほど遊んでいた...
スウェーデンの田舎町に誕生した一軒のコンビニ。24時間営業で店員はゼロ。この完全無人化を実現したシステムの背景には、現在日本でも問題視されている、地方特有...
一般的にねずみにはポジティブとネガティブ両方のイメージがあるねずみですが、夢の中では、どのようなメッセージが示されているのでしょうか。詳しく解説していきま...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
使っているものが壊れたら、修理せずに買い換える。その方が安いし、新品の方が優秀だーー。スウェーデンはそんな“使い捨ての仕組み”を変えようとしている。「修理...
障害者に対して入場料の割引を実施しているテーマパークはたくさんある。けれど、入場してから本当に楽しめるかどうか、は別の話ではないだろうか。きっと、パーク内...
約1,000万円でクローン犬を生み出すビジネスを展開している韓国の医師がイギリスのテレビ局「Channel 4」である発言をし、物議を醸している。韓国企業...
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
経営者なら誰しもが「社員には意欲的に、誠実に、そして何より一生懸命働いてほしい」と願っているものですが、やみくもに働きなさい!と言うだけでは、当然社員たち...
先日パートナーと同性婚をした私は、ゲイ業界でここ10年ほど、台湾ブームが来ていたことを肌で感じていた。理由は安直なところで「日本人は台湾人にモテる」という...
ネズミのための遊園地、ハムスターのための一軒家、と動物のための施設を今までも紹介してきたけれど、今回はひとあじ違う。4月の3日間限定ではあるが、世界初「ネ...
電話をかけると、スウェーデンにいる誰かにランダムでつながり、話せる。そんなちょっとドキドキわくわくするサービス「The Swedish Number」を、...
アスレジャーなんて流行語を引き合いに出すまでもなく、スポーツというキーワードがライフスタイルと密接になってきた。今やフィットネススタイルはカジュアルの一ジ...
世界幸福度ランキングでも、つねに上位に入るスウェーデン。その生活を真似してみたら、私たちの日々の生活も少しは幸せなものになるかもしれません。「MATADO...
洗練された「北欧スタイル」は、なにもインテリアに限った話ではありません。1960年代スウェーデンのフィッシャーマンスタイルを現代風にアレンジした、シンプル...
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...
ここで紹介するのは、スウェーデンで“YES”を意味する言葉。なんでも独特な言い方で、ちょっと難しいのだとか。「シュッ」これがスウェーデン式のYES!これは...