これが、自分の母親だったなら…そう考えながら読んでください。

ホテルがアタシの人生のすべてだったの。

妹の葬儀にだって顔を出さなかった…、そのくらい仕事が大事だったからよ。

アンタの父親に初めて会ったのもホテルの宴会場。

アンタたち兄弟を今日まで育てることができたし、キャリアだって6階級も上がったんだから。

なのにね……アタシ、もう用無しだってさ。クビになっちゃった。これだけはアンタにどうしても伝えとこうと思って。…じゃあね。

留守電のメッセージはそこで終わりました。 

ホテル勤続50余年の母には、
仕事が“すべて”だった。

これは、女手ひとつで2人の子どもを育て、ホテルの客室スタッフとして50年近く働き続けた75歳の母親(レベッカ)が、突然の解雇を告げられた事実を息子(レジス)の電話に残したときのメッセージです。

2420eefdf03c890191dc8a73e2ea6dd6650f5e76C7d4049f7c64927990d052e02026abf58456567a

自分を犠牲にして、子どもたちに何不自由なく尽くした母。人生のほとんどの時間を仕事に費やしてきた彼女が、突然にしてそのすべてを奪われた…。

「生き甲斐と言えるものが仕事しかなかった」、もしかしたら落胆をとうに通り越し、放心に近い状態で、応答のない留守電に向かい、受話器を置いたのかもしれません。

メッセージを聞いたレジスは、すぐさま母のいるボストンへと向かいました。どんな慰めの言葉を用意していたのかは分かりません。けれど、彼はある決意と、希望を失いかけていた母への「提案」を用意していました。

働くことから解放されたとき
母は初めて人生の意味を知った

81318ac338b4d6da5a4ced13758e8643aa069ad1

MY “DUTY-FREE” BUCKET LIST

1.ヒップホップダンスのレッスンを受ける
2.スカイダイビング
3.バーモント州で乳しぼり体験
4.Instagramのアカウントをつくりたい
5.ロンドンブリッジの上からペニーを放り投げる


レジスの提案は、母のためのバケットリストをつくること。働き詰めの毎日で、これまで夢のまた夢にしか思えなかった、人生で一度は経験してみたい、やりたいことのあれこれ。それをリストに書き上げたとき、レベッカに12の新たな希望が浮かび上がってきたのです。

それをひとつずつ叶える旅、これが息子の提案。しかも自分と一緒に。彼はこれを「DUTY-FREE」と名付けました。あえて訳すならば“義務からの解放”。働くことしか知らなかったレベッカに、いま初めて「自由」という選択肢が。

母の願いを叶えたい。
息子とめぐる第二の人生

482ec11b05d1eb18442487dd568d99cfef747fa7

リストのひとつめは、ずっと習ってみたかった「ヒップホップダンス」。それも、ただのレッスンじゃなかった。母の願いは、トニー賞最多11部門を受賞したブロードウェイの超ヒットミュージカル『Hamilton(ハミルトン)』の出演ダンサーから直接レッスンを受けること。

C7c302e3d50649914e764c654049ab73a48b9105967d6eee4a2ff0708fcc2456fee9b40372b66380Ee747ea5354a25a17a2bffefd894b005fc9ee2c4

牛の乳をしぼり、絶景を目に焼き付け、一つひとつ夢を叶えていくレベッカ。娘の孫たちに会う願いも叶いました。そしてリストのひとつであり、彼女にとってどうしてもいかなければならなかった場所、実の妹の眠る墓前に花をたむけ、手を合わせることができたレベッカ。

新しい人生のモットーは、“レベッカ”というアタシ自身として生きること。これまでずっと誰かのために生きてきたけど、ここからはアタシがやりたいように、自分に正直に生きるって決めたの。

人の子ならばいつかなんらかのカタチで、誰でも母親のために立ち上がる必要がある、とレジスは強調します。「こんなに生き生きとした日々を見たことがなかった」、75歳になる母との旅路は、息子にとっても新たな絆の深まりを感じるものだったに違いありません。

2人の夢はまだ始まったばかり

Df87dbf14be24755146d40b3087603b9608944bf

さて、レベッカの第2の人生はまだ始まったばかり。バケットリストもようやく5つが終わったところです。

この先、スカイダイビングにチャンレジすることも、ボストンマラソンのコースをラン、ではなく歩ききることも。ゆっくりひとつずつ、彼女のペースでInstagramに公開していくことが当面の目標なんだそう。

ふたたびリズム良く動き出した人生の針を、最高のパートナーが二人三脚でアシストする。親子水入らずの夢の旅がいつまでも続きますように。

こう結ぶことができれば、それこそ最高の親孝行……ですが、現実はそう甘いものでもないようで。

いま、レベッカはひとりボストンでの生活を続けていくために、この年齢にしてなお、再就職先を見つけるべく“就活”に励んでいるそうです。それでも、「もう下を向いてはいないよ」と、息子は偉大な母のこのストーリーを映画化することでサポートを始めました。

いくつになっても母は強し。もうこれは万国共通ですね。 

Licensed material used with permission by Duty Free Film
「ブーブは、逆から読んでもブーブ♪」そんな歌がいま注目されています。Boobは英語で"おっぱい"という意味。楽曲のアイデアは8歳の少年のものでした。が、参...
画家でカメラマンとしても活動するTony Lucianoさんには、認知症を患った93歳になる母親(Eliaさん)がいます。2年前、もはや身の回りのことを自...
もうすぐ母の日。世間ではさまざまなキャンペーンやCMがあふれる時期ですが、一風変わったこんな動画はいかがでしょう。病気と闘う幼い子供たちをサポートする、カ...
ふとしたときに故郷にいる親のことが思い浮かび、そろそろ親孝行をしたいなぁと思う人も多いのでは?高級車を買う、ブランド品を買うなど、何も親孝行のために肩肘を...
母想いの息子が、一緒に観光旅行をしているだけの「ブログ」かと思いきや、そこには心温まるストーリーがありました。息子のBarton Brooksさんは、婚約...
思春期の少年には、子どもから大人へと成長する過程で、避けては通れない“通過儀礼”がある。母親との衝突だ。母からの無条件な愛は感じるのだけれど、一方、母とい...
ついこの前2017年になったばかりかと思ったのに、もう4月。新年に立てた目標も、いつのまにか春がきて…と、時間が過ぎるのは本当に早いですよね。時間は刻一刻...
チェコ生まれで、現在はノルウェーで暮らしているエヴァさん。今年で69歳になった彼女に、パートナーはいません。ここ数年間相手を探し続けているのですが、なかな...
遊び呆けた20代前半はいつしか過去に。20代後半へ突入したと思ったら、目まぐるしく時間は過ぎ、いつの間にか30歳目前。自身もアラサーであるライター・Jen...
イギリスで三人の子どもを育てるRachelさんがFacebookに綴った投稿が、大きな話題を呼んでいます。内容は、次男に与えられた「皆勤賞」を断った理由で...
オーストラリアに住むSarah Janeさんは、8歳の息子がいる一児の母親。かつては様々な場所を旅していたのですが、事故により歩くことができなくなってしま...
現在マサチューセッツ州在住のジェフリーさんは、ビザや経済的な理由からアフリカ・ガボンに住む家族に会えず、弟とは4年、母親とは10年、顔を合わせていませんで...
「母親とその子供は、他にはない関係にある。両者の絆ほど強いものは、この世界のどこにもなく、その愛ほど瞬間的で慈悲深いものは、他に1つも存在しない」― ゲイ...
私たちは、幼い頃に両親から教えてもらったことを、どのくらい覚えているでしょうか。大人になったいま、ふと思い返してみると、何気ない些細なひと言や、口うるさく...
これから登場するのは、21の質問です。どうぞ正直な心で、それぞれの問いに答えてみてください。自分でも気づいていない心の声に耳を傾けるきっかけに。01.毎週...
人生を成功させたいなら、自分の中で常に持っておくべきリストがある。そう記事の中で指摘するのは、「Lifehack」のライター、Djordje Todoro...
コペンハーゲン在住のカリグラフィーアーティストJohan Deckmannは、心理療法士としての顔も持つ異色の経歴をいかし、人生に対する大きな疑問、不条理...
イスラエルに住むRuthi Gaonさんの息子、Erezくんは、いくつかのハンディキャップを背負って生まれてきました。そのうちのひとつに「congenit...
「高飛車な女性」と聞くと、お高くとまってる、とか調子乗ってるとか、ネガティブなイメージを浮かべがち。でも米ライターAshley Fernさんによると、そう...
認知症を発症させた母親との日々。それを赤裸々にYouTubeで発信しているのは、息子のJoeyさん。「Mother and Son's Journey w...