【6月27日より登場】ニッカの国産ジン&ウオッカを味わいたい

ここ数年、イギリスでもジンの消費が増えているなど、ネクストトレンドとして火がつきそうなスピリッツ。注目している人も多いのではないでしょうか。

このタイミングで、日本の代表的な洋酒メーカー「ニッカウヰスキー」から、伝統的な技が息づく国産スピリッツ「ニッカ カフェジン」「ニッカ カフェウオッカ」が発売されます。

食事のお供に
カクテルを嗜む

Ca3435297f0b148abe4b5b12cc00c7626c001846

最近、カクテルを食中酒として飲む機会が増えています。元々「焼酎や日本酒はちょっと…」派が、ハイボールの次に求めたのがカクテルだったのではないでしょうか。実際、お店のメニューには様々なスピリッツの名がずらりと並んでいて、和食を食べながらモスコミュールを飲む、なんて光景も珍しくないほど。

その流れの中で「ニッカウヰスキー」の新商品は、さらなる追い風になりそうな予感。

あえての旧式蒸溜機で
「本物のおいしさ」を

ニッカ カフェジン、ニッカ カフェウオッカの「カフェ」は、コーヒーなどとは全く関係なく、稀少となった伝統的な連続式蒸溜機「カフェスチル」を用いていることに由来しています。

開発者であるイーニアス・カフェの名にちなんで名付けられたこの蒸溜機は、ニッカウヰスキー創業者・竹鶴政孝が1962年に導入を決めた旧式の蒸溜機。新式が、アルコール精製度が高い一方で香味成分まで除去してしまうことから、彼はあえて効率の悪い旧式を導入して、抽出されたスピリッツに原料由来の香りが残るようにしたんだそう。つまり「本物のおいしさ」が味わえるというわけです。

そのため、甘くふくらみのある味が実現。カクテルベースとしてだけでなく、ロックやストレートで味わうのもオススメです。

ボタニカル由来の香りを楽しむ
「ニッカ カフェジン」

大麦麦芽やとうもろこしなどの原料を「カフェスチル」で蒸溜し、山椒、柑橘類、ジュニパーベリー等の香味成分を十分に抽出した後、再蒸溜したスピリッツを複数ブレンドしたプレミアムジン。和柑橘の爽やかな香りと山椒のスパイシーな香りが調和し、コクを感じさせる甘い口当たりと、ボタニカル由来の香りが重なり合う複雑な味わいが特長です。

アルコール度数47%、700ml瓶で参考価格は4,500円(税別)。

コクのある甘い香りと口当たり
「ニッカ カフェウオッカ」

大麦麦芽やとうもろこしなどの原料を「カフェスチル」で蒸溜した「カフェ蒸溜液」を複数ブレンドしたプレミアムウオッカ。麦芽のフローラルな香りととうもろこし由来のキャラメルのようなコクのある甘い香り、やわらかくコクのあるなめらかな口当たり。主にカクテルベースとして、またロックやストレートで飲んでも甘くふくらみのある味わいに。

アルコール度数40%、こちらも700ml瓶で参考価格は4,500円(税別)。

日本から
ヨーロッパ・アメリカへ

「ニッカ カフェジン」「ニッカ カフェウオッカ」は、2017年9月から欧州・アメリカでの発売も予定しているそう。世界的に注目されそうな新商品、国内では数量限定での販売になります。

ニッカの新しい自信作と一緒に、巻き起こりつつあるスピリッツブームを楽しみましょう。

Licensed material used with permission by アサヒビール株式会社
居心地のよい旅には一体なにが必要だろう。飛行機に乗って、はじめての国を訪れ、土地に触れ、知らない人と知り合いになるのは、とってもエキサイティングなことだ。...
オーストラリアで、飲酒運転などの罪に問われていた男性が、最高裁で行われた上訴審で敗訴し、話題になっている。ただの飲酒運転ならば、これほどまでの騒ぎにはもち...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
ある日Instagramを見ていたら、カラフルなニューススタンドの写真が目に止まった。なんだか不思議な魅力を感じたのだけれど、一体どうしてニューススタンド...
外でゆっくりと風を感じながら一杯。なんていうのが心地いい季節になりましたね。そして、9月は1年の中でも最も美しい月が眺められるチャンス!しかも2日連続でい...
インターネットが登場して、ジャーナリズムは劇的に変化しました。テレビの時代は情報を受け取るだけだったのが、オンラインのニュース記事にコメントをつけて双方向...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
 ノンアルコールビールもすっかりおいしくなり、今ではアルコールなしのカクテルが注文できるバーもたくさんあります。少し前までは特別なものだった「ノンアルコー...
出勤前や昼食後、さらには仕事の休憩時に、バーで同僚と軽く一杯。もしこれがお酒だとしたら、当然ながら社会的にNG。というより、そんな時間帯にはオープンしてい...
道行く人がつい足を止め、気になって見てしまうちょうど良さがキモ。特に奇をてらった内容ではないけれど、なんとなくリラックスできるイラストが日々描き続けられま...
恵比寿に新しい横丁ができるらしい。とはいえ、ワイワイガヤガヤした“元祖”恵比寿横丁のような雑多感はなく、より洗練されたイメージ。正直、駅からはちょっと距離...
旅行は楽しみだけど、飛行機の待ち時間は、少し憂鬱。そんなときはハイセンスなバーで一杯いかがでしょうか?今回は「oyster.com」にまとめられていた、世...
建築模型には、建築家の思考プロセスが集約されています。つまり、それは完成度の高い彫刻作品なのです!それが名だたる有名建築であればなおのこと。2016年6月...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
皮膚やコブをまとったままの恐竜(ノドサウルス)が発見されたというニュースに、目を疑ったのは私だけではないはず。でも興味がなければ、スクロールに消えてしまっ...
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...