カリスマ性は才能だけじゃない。相手を魅了する9つの会話術。

「彼は生まれながらのリーダーだ」なんて表現がある。

もちろん、生まれ持った性格や気質が、チームをまとめることに適しているケースは十分にある。でも、天賦の才だけで求心力を発揮できるかというと、おそらく否。人知れず、メンバーを引きつけるための「努力」をしているはずだ。 

今回は「Inc.com」に掲載されたJef Hadenさんの記事から、そのヒントを紹介。現役のリーダーはもちろん、これから部下を持つ人は必見。02、04の項目など、かなり説得力がある気がする。

01.
自身のアイデアの懸念点は
先回りして言及しろ

8e4f347ef36b110c7d497a382ce53eda5b360d60

ひとつのことを様々な視点から見てみると、自身の立場に固執するより説得力が増す。このことはイリノイ大学のDaniel O'Keefe教授も指摘していること。

パーフェクトなアイデアなんて無い。聞く側だってそんなことはお見通しなのです。もっと他の視点や、別の結果が起こる可能性があることもちゃんとわかっている。そのことに注目してみましょう。

議論をさまざまな面から展開し、自分だけでなく、相手が考えているだろうことについて話すのです。自分の意見の欠点も素直に認め、「こう思うでしょ?でも~」とか「確かにこういう面もあるけれど、こうすれば~」などと先回りして言及しましょう。

潜在的なマイナス面についてちゃんと話し、それを最小限度に抑えるか克服する姿勢を見せれば、相手は「よく考えている人だ」とあなたについていきたくなるのです。

02.
「〜するな」ではなく
「〜しよう」で呼びかけろ

さて問題。どっちのほうが聞き入れられやすい?

①「今後はミスをしないように気をつけないとダメだよ」
②「次からは正確さを意識して頑張ろう」

じゃあ、次のふたつでは?

①「人の批判ばかりするのはやめようよ」
②「みんなのいいところも探してみよう」

ついつい「~するな」口調のほうを口にしがち。ですが、ポジティブな言い方のほうが明らかに「もっともだ」と思わせることができそうですよね。

変化を起こしたいのなら、理想を口にしたほうがベター。避けてほしいことよりも、してほしいことをストレートに言いましょう。それだけで、相手に与える影響は格段に違ってくるはず。

03.
図々しいほど大胆であれ

D455dcf1c55fe61766a01c3373a5f2a48f22105e

いつでも妥当な選択肢を選んではいませんか?それでは人はついてきません。

研究によると、人々はノウハウに縛られた人よりも挑戦的で大胆不敵な人を好むのです。我々は、自信にはスキルが伴っているものだと自然と思いがち。極端に懐疑的な人でも自信満々の人に目を輝かせて「大丈夫だよ!だって…」と説得されたら、時には気持ちが揺らいでしまうほど。

大胆であれ!「私はこう思うんですけど」とか「一応」とかそういう言葉はもう全部NGワード。「こう思う」じゃなくて「こうだ」と言い切るのです。情熱を見せ付けましょう。多くの人はそういう人物に憧れを抱きます。

04.
話すスピードで相手を引き込め

セールスマンが早口なのには、実は理由があるんです。一部のシチュエーションでは、早口はとてもよく効くのですから。

・反対されそうな時は、早口
・賛同されそうな時は、ゆっくり

これを使い分けましょう。簡単でしょ?なんとなく反対されそうな雰囲気を感じ取ったら、早く話す。相手に反論の論理を固めさせる隙を与えない。賛成してもらえそうな時はゆっくり話し、あなたの論理を噛み砕いて味わう時間をつくりましょう。

中立の人には?これは早口のほうがいいんです。なぜかって、注意をひいて話に集中させるためですよ。

05.
会話は賛成させて始めろ

972f88d9b7c6bb564ec43b7f4089daea1777f37f

人はちょっとしたことでも、一回賛成するとその次も賛成したくなる性質を持っています。オーディエンスが絶対に賛成するだろうこと(いい天気ですね、など話と関係ないことでも)から会話を始めること。一度流れに乗って動き出した身体は動きを保とうとします。頭も一緒。はじめにみんなに賛成させて、流れをこちらに持ってきましょう。

06.
 誓いを立てて腹をくくれ

一種のおまじないですね。普段弱気な人にはより効果的かもしれません。いつもいつも誓いを立てるのはどうかな、という人も、ここぞという時に覚悟を決め、腹を括って士気を高めるのはアリなのでは?さぁ始めるぞ、という時に複数人で気合を入れるのも良いでしょう。科学的にも、こうすることでパフォーマンスが向上すると言われています。

でも一方で、おまじないに頼り過ぎてもいけません。自分自身を忘れずに。自我のない人についていく人なんて、ありえません。

07.
聞く側の性格で
アプローチを変えろ

D1aa48d20f2e39e3e16428e758f280f992dad02f

「この案は絶対賛同してもらえるはず!」

そう思ってプランを共有したのに、いまいち反応が良くなかった経験のある人、意外と少なくないのでは?それはもしかしたら、あなたのアプローチが悪かったのかも。自分も参加してじっくり考えたいタイプの人に、「もちろん賛成だよね?」という態度でその場の返事を求めると、結局安全なほう、つまりは却下という選択を取られかねません。

そういう時には、「個人的にはとても良いと思うアイデアがあるんだ。でも何か見逃してる点がきっとあるから、君の意見も聞かせてくれない?」と聞いてみましょう。

大事な点は3つ。まず、相手の知性や経験を尊重した態度をとること。次に、賛成を強制する態度を取らないこと。最後に、相手にアイデアのプロセスをなぞる時間をしっかり与えること。

逆に、バシバシとプランを決めてどんどん進めていたいタイプの人には、まどろっこしいことは求めないようにも注意しましょう。相手のことを自然と見極められるようになることが、パワフルな話し手になる近道です。

08.
連絡は適した手段でしろ

アプローチ方法だけでなく、その媒体についても相手に合ったものを選ぶと良いです。例えば知り合いでもなんでもない人に突然話を持ちかけて、話に引き込むにはどうしたら良いでしょう?

相手が男の人の場合は、面と向かって話すよりメールで話を持ちかけるべき。一般的に、男の人は慣れていない人と直に向き合って話す際、競争心を燃やしがちなのです。そんな時、会話は勝つためのコンテストか何かのようになってしまうことも(心当たりがある人もいるのでは?)。

一方で相手も自分も女性なら、逆に面と向かって話した方が良いでしょう。研究によると女性はより関係性を重視する生き物。直接のコミュニケーションの方が効果を発揮しやすいです。

ただし、たとえ相手が男性でも、よく知っている人とは絶対面と向かって話すこと。関係性が親密であればあるほど、直に会った方が話を聞いてもらいやすいですから。

09.
何よりも…
自分の正しさを信じろ!

70688a7374353300e019f3912c2c92259e8ece12

上記のことを全部できたとしても、結局一番大事なポイントは伝え方ではなく自身が発するメッセージそのもの。自分で自分を「正しい」と思えないと始まりません。自ら脇役に成り下がるような人よりも、一緒にいると何かが新しいことが起こりそうな生き生きした人の方がずっと魅力的に決まっています。

はっきりと、簡潔に、的を得た鋭い議論で。自分のデータと理由づけ、そして結論がしっかりしていないといけない。そうすればいつでも自分を存分に表現し、相手に伝えて、周囲を巻き込んで行くことができるはず。相手を納得させるワザというのは、ただ単に論理という名のケーキのデコレーションでしかないのですから。

Licensed material used with permission by Jef Haden
人々をぐいぐい引きつけ、成功を収めているビジネス界のカリスマたち。そんな偉業を成し遂げるのはどんな人たちなんだろう…と思ってしまいますが、彼らには共通点が...
「海外で働きたい!」と思っている人は多いかもしれませんが、もちろんいろいろな国がありますよね。国が違えば当然文化も違います。それぞれに合ったコミュニケーシ...
リーダーとして活躍している人に備わっている要素、それはカリスマ性。しかし、ひとえにカリスマ性と言っても、どういう特徴なのでしょうか?ここでは、その一部の例...
成功者。彼らに共通するのは、優秀であること、努力家であること、それぞれの分野で道を究めていること、そして、運も味方につけられること――。成功者たちはまた、...
海外で働くためには、まず語学!そう思っている人も多いのではないでしょうか。しかし、大切なのは、日本と外国におけるコミュニケーションの考え方の違いを知ってお...
「NextShark」のライターBenjamin Hardy氏の記事によると、学生時代に成績が悪かった人ほど、ビジネスで成功している傾向にあるのだとか。一...
早起きして朝から動き出せば、人生はもっと豊かなものになる。といったような「朝活のすすめ」は、世にごまんとあります。じゃあ、早起きすればそれでいいかといえば...
私は今まで2000人以上の男女の、魅力を引き出すお手伝いをしてきました。そこで気づいたのは、自分に自信がない人ほどコミュニケーション下手であるということ。...
世の中には、経験から学んだことを別の事象に応用できる器用な人がいます。事業変革パートナーの安澤武郎さんの著書『ひとつ上の思考力』では、そういう人たちのこと...
一般的に、リーダーシップについて書かれたビジネス書には、「決断力」の重要性を説くものが多い気がします。しかし、この考え方と正反対の意見を述べているのが、ラ...
小さな会議室でも大きな講堂でも、あなたが人前に立つとき、聴衆はあなたのことをリーダーであり、責任者であると思っています。しかしその権威は、下手な行動によっ...
学校で教えられたことが、社会に出てからも役に立ってますか?Yesの人もNoの人も、大人になってからでも日々学び続けていくことが大切だ、ということに異論はな...
もっとも成功した起業家9人を「Inc.com」にリストアップした、ジャーナリストのEkaterina Walter氏は、彼らの時間の使い方(タイムマネジメ...
さて前回は、「働く時間を減らすためにITを最大限活用しよう」という話をしました。 今回は仕事の内容について、【好き】を仕事にするのはどうすればいいのか、ど...
ヴァージン・グループの創設者、リチャード・ブランソン。彼は航空事業にモバイルビジネス、さらには宇宙旅行のサービス開発など、多岐にわたる事業を起こし成功して...
「準備⇒本番⇒フォロー」の3ステップに沿って学んでいくことで身につく、プレゼンや商談、面接で役立つコミュニケーション術「アクティブ リスニング」。今回から...
成功を収めた起業家に話を聞くと、おそらく彼らは「運が良かったんだ」と答えるでしょう。しかし、それを鵜呑みにしてはいけません。彼らはどうすれば運を掴み夢を叶...
成功は、運の良い人のところにある日突然パッとやってくるものではありません。成功する人は、運を引き寄せるような生き方をしているのです。アメリカのビジネス情報...
弱みを克服することも大切ですが、もっと大事なのは、あなたの強みを最大限に活かすこと。たとえば、夢を賭けた過酷な競争で知られるアメリカの起業家たちの間では、...
「TIME」、「Forbes」、「Fortune」、「Business Insider」などビジネス誌、経済誌から引っ張りだこの人気コラムニストNicol...