平林聡一朗さんと♪「JAM kitchen」しちゃいました

手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有したい!そんな声もたくさん。

…ということで、スタートしたのが「ゲストを呼んで、しかもその人と一緒にとびきりおいしいごはんを作っちゃおう!」という、ランチ企画JAM kitchen(ジャム・キッチン)」です。

第4回ゲストは
「VEGEO VEGECO」
平林聡一朗さん

51cd8a53a1b7277fee04c14d00c0069609ec19103b9b92830ae1c481c6431ba6ccaddd7e266cc5a5

農薬や化学肥料を使わず、ていねいに育てた宮崎県の野菜を東京で暮らす人たちにも食べて欲しい、と笑顔で(でもアツく)語るのは、野菜宅配サービス「VEGEO VEGECO」代表の平林聡一郎さん。

アプリから簡単に野菜を注文できるVEGERY(ベジリー)だけでなく、今年1月、根津にお店をオープンさせて話題となりました。

その宮崎野菜をTABI LABOでも取り寄せ、月に一度「オフィスマルシェ」を開催しています。毎回、あっという間に売り切れになるほどの人気ぶり。あまりの美味しさに、思わず平林さんを「JAM Kitchen」にオファーしちゃいました。

今回は、ゲストとスタッフが一緒になって、宮崎の地野菜の持つ生命力を活かすため、どう調理したらいいか?メニューを練るところからスタート。そうして導き出した答えがこちら。
 
味付けではなく、調理法にこだわる!
 
調理の仕方を変えることで、それぞれの野菜の持ち味が引き立つはず。それが狙いでした。

「生」「焼」「揚」「蒸」「煮」

E20c4f77eec461893d38701c2d4e4de66bec5d41

【今日の献立】
・野菜を野菜で食べる6種類のディップ
・旬野菜の彩りMIXグリル
・大根の唐揚げ&ナスの素揚げ
・渦巻きビーツとソラマメの炊き込みご飯
・野菜くずを使ったベジブロス

ポイントは、味付けではなく5つの調理法を駆使したこと。野菜の旨味を引き立てるために、あえて濃い味付けはせず、どれもそのままの味を楽しめるようにしました。

平林さんに、宮崎の野菜の魅力を聞きながらジャムっていきます。

B5b05bd726b8299e774aec51f3e90ae04bfcdb4e

日照時間が長いのにも関わらず、降水量にも恵まれている宮崎の大地。そのため野菜はビタミンが豊富、色も鮮やかでキレイなんだとか。

余すことなく全部食べる

C311ecc06882eb045ab4595ef9aa5dc136d38ac3

「野菜を余すことなく、全部食べよう」。というのが、今回のJAM kitchenのテーマ。

一番の目玉は野菜の皮、ヘタや種など、普段なら捨ててしまうであろう部分を、コトコト煮込んだだけのベジブロスです。野菜を愛する平林さんが裏メニューにと教えてくれた、野菜のエキスがふんだんに味わえる素朴なスープは、塩やこしょうなどの味付けを一切せずに提供します。

4a1a3d0a74f70c5ef2d6218b0ab96367dca51b59

もちろん、栄養たっぷりの美味しい料理は、まだまだあります。

トントントンと、野菜スティック。皮にもたっぷり栄養があるので、剥かずにそのままで。

D75f42b5141139b5cbcc8a08954e6fc6d22af02b

野菜で野菜を食べるために、色とりどりのディッブを作りました。アボカド、レッドビーツ、アンチョビ、味噌とクリームチーズ、ヨーグルト、ハーブをメインにした6種のテイスト。これに、野菜をつけてカブリついちゃいます。

1855a522301972a82b17efb02698bcd8cbe3b66f9055c3e94a3e369396be1db4bc7c9df9caef200a

焼き野菜の味付けは、塩とオリーブオイルのみ。

58fb90c1fca6fb2f62e97f76ca9ff5f94a1d9740

江戸時代から宮崎県の人々に愛される「佐土原(さどわら)ナス」は、生でも美味しく食べられるそう。ひと塩してから油に入れれば、ナスが油を吸い過ぎることもなく、ヘルシーに仕上がります。

F1cfe4cc3a812e03bb609b2ccdc387eaac42fca0

渦巻きビーツ、ソラマメ、ペコロスの旨味が染み込んだ炊き込みご飯。ブイヨンを使って洋風の味付けにして、コロコロとかわいいオニギリにしました。

E780b27d725e4ebdce328321799d339d82cd3cbb

オレンジや日向夏をはじめ県産のフルーツも盛りだくさん。包丁を入れただけで、瑞々しい酸味がぷわっと広がりました。

まずは、ベジブロスで乾杯!

9cd0a2126afd8460be9a5c9dc6b09b222076c1cf

待ちに待った野菜たっぷりのランチがスタート。

5bfaa6e1a652af03838174416130b7e07f6937fa

料理がズラリと並べられ、野菜がテーブルを彩どります。

Ea188f5124887f582abb254dd6c566164c2e4057

生の野菜も豪快に召し上がれ!

ああっ、体が浄化される〜っ!

1697507633010081e4ebf52d019b1d582a6c2aec4f3efbaffb0d70d80262bf805b19e79fc70b64bf6b0bb26c33295e3e09ac588ff14fe38092a35d8b

なんだかカラダの内側からキレイになった気がします。今まで生きていた中で、この日いちばん野菜を食べたんじゃないかってくらい、ムシャムシャと美味しくいただきました。

美味しい野菜に囲まれて、
ココロもカラダも「笑顔になった」

C7c16ee78ede30028af23081314107e55839e0d4Df13e00132481e54062cf8bbe26952773e647c79

TABI LABOで一緒に働きませんか?

現在TABI LABOでは、同じ釜のメシを食べながら一緒に成長していけるスタッフを募集しています。

4bebfa772b6fbfb000db9e156f81658db63451a1
Photo by Mami Higuchi(TABI LABO)
オフィスランチをメンバー持ち回りで手作りしているTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもおいしいけれど、いろいろな人とこの場を共有したらもっと...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
週に3回はチーム制で手作りのオフィスランチを楽しんでいる、TABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場...
手づくりのオフィスランチをチーム制で楽しんでいるTABI LABO。もちろん社員同士で食べるごはんもいいけど、もっと楽しく、いろいろな人とこの場を共有した...
有機、無農薬、オーガニック…いづれも後ろにつく語句は野菜や栽培など、食と深く関わるものばかり。カラダに良いというイメージはあるはずです。では、それらの違い...
食を通じて健康や文化、自分の暮らす地域を知る。近年、“食育”を通して、食の重要性を子どもに伝える授業が注目されています。ここで紹介するのはアメリカの例です...
思わず圧倒されるボリュームと色鮮やかさ。通常のそれとは桁違いの量の野菜を挟み込んでいるのは、東京・代々木上原にある「POTASTA」自慢の特製サンドイッチ...
フランスで有機農産物や有機加工食品を意味するBio(ビオ)。自然志向を好むフランス人に人気で、ビオ製品を選ぶ消費者は着実に増えています。こうした食材を、ち...
健康な体は健康な食事から。を本格的に病院の対応として取り入れている医師が話題になっています。なんと、野菜やフルーツを薬の代わりに処方し始めたのだというから...
「大人はレストランや料亭で『四季』を感じる食事をしているのに、なぜ赤ちゃんは一年中同じ味の離乳食なのだろう?」「Baby Organic」は、そんな疑問を...
形が悪かったり、虫に食べられていたり、干からびてしまっていたり。売られることもなければ、食べられることもない、なんとも切ない運命にある廃棄野菜たち。ある調...
1976年に刊行され、料理ブームの先駆けとなった『聡明な女は料理がうまい』。これは、社会が進化しても変わらない“女性の生き方”について、“料理”と“台所”...
TABI LABOは「ナチュラルハイ」にブースを出展します最高のフィールド、最高の音楽、最高のキャンプ。音楽と人と自然での楽しみ、一体感、気持ちよさに触れ...
寒い冬を元気に乗り切るには、ビタミンが豊富な野菜をたっぷり食べたいところです。でも、一度に量を食べるのって、意外と大変。そこでオススメしたいのが、ギリシャ...
フードクリエイティブファクトリー暮らしを楽しくするキッカケになる記事を書いています。「大切な人との暮らしをもっと楽しく」を理念に活動する食と暮らしの企画制...
くったりとしなびたレタス、しわしわに乾いてしまったほうれん草……購入したものの、しばらく使わず野菜の鮮度が落ちてしまったという経験は誰しもあるはず。そんな...
毎年、世界中でおよそ300億トンもの野菜や果物が廃棄処分されています。このなかには商品として店頭に出荷できない、見栄えが悪くいびつな形をした、いわゆる規格...
「野菜炒めのコツは、強火で一気に炒めること」料理の常識として、当たり前のように語られていますが、こんな経験はありませんか?「言われたとおり強火で一気に炒め...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
カットした野菜を、オリーブ油、塩、シークァーサー果汁で和えただけの超シンプルなサラダ。「野菜の大きさを均一にする」「氷水にくぐらせる」。この2点を押さえれ...