帰国がツラすぎて逆に行きたくない「世界の秘境」

今から紹介するのは、現実逃避スポットです。普通なら「行くべき!」とオススメする場所なのかもしれませんが、毎朝満員電車に揺られて都心へ通っている私は、「Elite Daily」の記事を読んで思ってしまったんです。ここに行ったら帰国がツラすぎるだろうって。

長期休みを取って、「そろそろ飽きたな……」と思うくらい浸るのがベスト。だけど、それはなかなか難しいから、見ているだけで現実逃避できる秘境へご案内します。

98cc7b3cf0672170f4c770837d31038fcd45ef83

毎日同じことの繰り返し。自分がロボットになったような気さえしてきたら、そろそろ旅に出るべきサインかもしれません。人生の主導権は、あなたにあることを忘れないで。自分を見つめ直すのにぴったりな、世界の秘境を紹介するわ。

ブラーノ島 / イタリア

9faccc318b63bdef5685c3e2551053480d6363d1

人生に彩りと情熱を失った時に、最適なのがヴェネツィアのブラーノ島。個性的すぎる街並みは、忘れかけていた自分の色を思い出させてくれそうです。

インターラーケン / スイス

5cfb6fadc4b9bd99d2c5855b7bc0d4222cffb499

スイスのリゾート地と言われているこの場所は、山、森、牧草地に囲まれていて、おとぎ話の世界のよう。スキーやハイキングを楽しんで、自然の中で癒されましょう。

サントリーニ島 / ギリシャ

Ed25c716ef5e883f5b0c8cd26d6fe74a87e42f8f

サントリーニ島のなかでもススめたいのが「イア地区」。崖の上に広がる、この絵のような景色に心を奪われてしまいます。

オーバーゼ湖 / ドイツ

Daf4ca6402fb3b134f55f9d3d8bf12ca63cc99dc

穏やかで美しすぎる眺めは、全てが幻想的。この湖に潜ったら、難しいことはすっかり忘れて、心の充電になりそうです。

バードゥ島 / モルディブ

0a8a3f87e42de9e5107e18eaa38e2d587f6b9e6b

モルディブ北部にある、「星の海」と呼ばれている場所。海中にいる植物プランクトンが、生物発光して、このような景色になるのだと言われています。

トゥルム遺跡 / メキシコ

F7165c8f3fe662d9845957fd24cad12b983c4fdc

マヤ文明が色濃く残る歴史的なこの場所は、真っ白な砂浜に透き通ったブルーのカリブ海が最高です。ビーチバーで、一日中優雅にリラックスしていたい。

バニョス / エクアドル

34b115c39dac23d57021d817297d4db0bd52c9d3

まるで、誰もが知っている「ハイジのブランコ」のよう。アマゾンの玄関とも言われているこの場所を見下ろしながら、風を全身に感じる。最高に気持ちいいことでしょう。温泉や滝もあって、ゆったりリフレッシュできます。

レーヌ / ノルウェー

1347335ce00560de0cb7ad47ba758184988a328a

ロフォーテン諸島にある、人口300人余りの小さな漁村。バツグンの開放感。白と赤の漁師のコテージが、海岸線に絶景をつくっています。一度足を踏み入れたら、全てを投げ出して滞在したくなってしまうから、ある意味では恐ろしい場所。

Licensed material used with permission by Elite Daily
イギリス人のOliver Curtisさんは、これまで世界中の観光地を訪れては、カメラを構える観光客を尻目に、名所旧跡にあえて背を向けシャッターを切り続け...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...
静岡県にある、知る人ぞ知る“秘境駅”が大きな話題になっています。なるほど、確かに写真を見ればそれも納得。この幻想的な光景、なんだか『世界の車窓から』に出て...
ラクガキと合わさることで、よく知られるあのモニュメントが二次元へ早変わり。世界中のあらゆる観光名所がマンガの一部になったみたいです。デフォルメされたその姿...
海外旅行が好きだけど、どうしても定番のところばかりに…。確かにガイドブックに掲載されるたくさんの観光スポットは、ハズレもなさそう。でも、たまには人と違う旅...
観光客(Tourist)と旅人(Traveller)、旅することにおいては同じ意味にも思えますが、細かく見ていくと両者を隔てる明確な壁が見えてきます。これ...
GAKU-MC/ガク エムシーラッパー アコースティックギターを弾きながらラップする日本ヒップホップ界のリビングレジェンド。2011年にレーベル Rap+...
小さな球体にギュウっと景色が閉じ込められたみたい。よ〜く見てみると、建物や人が反射したり、ゆがんだりした幻想的な光景が広がります。でも、すぐに消えてしまう...
2016年の秋頃からInstagramで密かに話題になっている絶景があるという。それが、ペルーの「レインボーマウンテン」。その名の如く、虹色に彩られた不思...
私がファンタジーやメルヘンの世界に惹かれてしまうのは、現実では有り得ない「美しすぎる」出来事やシーンに魅力を感じるから。世界を旅する写真家のReuben ...
最愛なる恋人との別れは、心がとても痛むもの。でも、いつまでも悲しみにふけるよりも、思い切って旅に出てしまえば、意外と早く立ち直れるかもしれません。女性ライ...
この地球に、「大地のヘソ」と呼ばれるている場所がある旅に出る理由は、人それぞれだ。疲れを癒したい時。自分を見つめ直したい時。世界が見たい時。悲しい恋を忘れ...
中国四川省の奥地に、透き通った水が流れる美しい渓谷があります。ユネスコ世界遺産に登録されている九寨溝(きゅうさいこう)。透明度120%コバルトブルーの湖面...
実際に撮影した写真をフォトショップで編集し、自身のインスタグラムに投稿しているJULIUS KÄHKÖNENさん。実際に日本に存在する建造物と彼のイマジネ...
この世界には、2種類の人間がいる。それは旅行を心から楽しむ「旅人」と、実はうまく楽しめていない「観光客」。納得なものから、うーんなものまで。ライターであり...
学生時代からこれまで53カ国をまわり、独立した現在も仕事をしながら国内外を飛び回っている筆者。忘却の彼方にあった旅の記憶をひっぱり出して、様々なテーマで「...
旅に出る理由に、その土地の味を楽しむことを挙げる人はとても多いだろう。豆がぎっしり入ったダルカレーを食べたいのであればインドへ行けばいいし、焼きたてふかふ...
01.意外な万能選手「ブラックドレス」は1着あれば着回しが効く!ハイエンドなスポットに行く予定のない旅でも、何が起きるかわかりません。クラブに行く時、パー...
世界には数々の離島が存在します。本島と離れているがゆえに情報が少なく、いまだに謎が多く残されている島も多いのです。そんな離島のミステリーを追求したのが、お...
行きたいところを自分のペースで周れる「ひとり旅」。大勢で行ったら知り合えなかったかもしれない「仲間」と出会えるのもひとつの醍醐味ですが、女性ひとりで行くと...