この夏みんなでダラダラ飲みたい「絶品リラックスカクテル」5選

友だちとまったり家飲み。なんてときに、ちょっとだけ工夫して本格的なカクテルをつくれたら楽しいはず!そこで、バーテンダーの世界大会で優勝した経験のある金子道人さんに話を聞いてみました。

Bb2fbd619dbef81cc62ef655a3fa83a8ed975769
金子 道人(かねこ みちと)

南アフリカで開催された世界大会「 World Class Bartender of the Year 2015」でグランプリを受賞。奈良で「LAMP BAR」を経営しながら、世界中で活躍している。

金子「ハードルの高さを感じるかもしれませんが、海外では冷蔵庫にあるものでサッとつくって家飲みしている人も多くて、もっと気軽なんです。それこそ自炊と同じ感覚で。分量も大体でいいんですよ」

え、そうなんですか!?とはいえ、なにから手を付ければいいのやらちんぷんかんぷん…。というわけで、だれにでもつくれるレシピを教えてもらうことに。

44026a7f9cf077ea503bdc20c4a0678eb89b4e93

テーマは“簡単・リラックス”。金子さんには、日本発のリラクゼーションドリンク「CHILL OUT」を使ったカクテルをつくってもらいました。どれも絶品。ぜひ試してみて!

823f7aa0097e38e7733144ed6206759452ce0e2d

スポーツ観戦中に飲む定番をアレンジ!
『チルズカップ』

678167078d28a59a225372ce394a99e7d7d12a47

金子「これは、スポーツ観戦中によく飲まれている定番カクテル、ピムスカップをアレンジしたものです。ジンを、さっぱりした炭酸ドリンクCHILL OUTで割り、絞ったライムジュース、すりおろしたしょうがを入れます。氷を入れてかきまぜたら、スライスしたライムやしょうが、キュウリで飾り付け、チェリーとミントを添えます」

編集部「キュウリの香りがさわやかでおいしい!」

金子「香りがふわっとその場に馴染むようにひろがるでしょう?ボタニカルな感じで、夏の暑さを満喫しながら、のんびり飲むときに最適です」

5749827bc6f11409d72a50a59169c2896030238d

金子「具材を飾りつけるときに、キュウリをピーラーで薄切りにして、カトラリーなどでグラスに貼り付けていくと見栄えがよくなりますよ」

Ff974ac2a81871d565a9935da4e8821817fd62b5

金子「バニラビターズ(カクテルに香りなどをつけるために数滴加えるリキュールの一種)を数滴入れて、ほんのり甘い香りをくわえると、さらにおいしくなります」

Dba6b9ebb9d40ea40e47351235321982acf184dd

カラッと晴れた日に合うパワー型カクテル
『ミントジュレップ』

0fa8a8f5c0856ddf000c7b4b7eefb3b3afe51729

金子「アメリカで開催されている世界最高峰のG1レース、ケンタッキーダービーでは、ダートレースを見ながら、ドライな暑さのなか、シルバーのマグに注いだミントジュレップをグイグイ飲むのが人気なんですよ。もちろんグラスでも。バーボンベースで、濃いめにつくるのがおすすめです」

編集部「モヒートが好きな人なら大好きな香りと味ですよね。ミントとバーボンの香りがたまりません!」

3340a7131ae06fbcdd14d23da3b56c61fa642acd

金子「マグにミントをバサッと入れて、バーボンを注ぎましょう。絞ったライムジュースとガムシロップを少し入れたらシェイク。CHILL OUTで割って、氷を入れればできあがり。シェーカーがないときは、フタ付きの空き瓶などで代用してみてください」

448584f9c99bc4c4a03cfd082135077679c87544

金子「シェイクするときに、アンゴスチュラビターズというカクテルによく使う苦みの強い薬用酒を数適入れると、味がグッと引き締まります」

3a0575e4038303f7935ffd807dcc3ee19647e2a8

自宅で女子会するときのおもてなしに
『チルアウトフィズ』

F6f6ccce8e0cac02c408e6223483e397ef4abaf3

金子「これは、ラモスジンフィズというレシピを簡単にしたもの。ミルクとレモン、卵白を使ったカクテルで、アルコールがまろやかになるんです」

編集部「ヨーグルトみたいでおいしいです。パスタをチェリーに挿すアイデアも斬新!」

金子「そこにあったのでなんとなく(笑)。ありもので、こういう遊びを考えるのも楽しいですよね」

44120889709df2abf063a084a2b4043ec817f5ef

金子「シェイカーに、ジン、ミルク、卵白、絞ったレモンジュース、ガムシロップ、氷を入れてシェイク。網でこしながらグラスに注いで、CHILL OUTで割ります」

Caf13b92fd2724733d958cab5fa2c8e130c96fd9

金子「バニラビターズを2適ほど加えると、見栄えと香りがぐっとよくなります」

18e5e830bc6c918ea4ec96524e572bc949b67918

どこでも簡単シェアカクテル
『パンチサーブ』

Eb19402cc5f916f4cd07d574b20da24a7ab798f3

金子「海外のバーには常備してあることも多い定番メニューです。最初にパンチサーブを飲んで、お店のスタンダードとなる味を確かめてから、次になにを飲むかを考えることもあるんです」

編集部「みんなで飲むシェアカクテルとしてもいいですよね」

Eb44486a83cd9f37434bd70517a63b68054b53d3

金子「りんごやオレンジ、ライムなどのスライスしたフルーツをボウルに入れて、赤ワイン1本と、ペットボトルの紅茶(無糖)を1本(500ml)、CHILL OUTを3本ほど、ドバっと注ぎます。シロップで甘みを調整し、氷を入れてレードルでかき混ぜます。サラッと飲めますよ」

編集部「ものすごく簡単です。飲みやすくて、香りもフレッシュ!」

Ffa2ca405e4290d39133481d10d837e0bb900e43

金子「ボウルの縁にカップをぶら下げて、それぞれセルフサービスで注いで飲んで楽しめます。アウトドアでも簡単につくれます」

1999d602cabc9c9bc5d32be52725df045a5f7bd1

ベランダに出て夕涼みするなら
『イン・ザ・ガーデン』

860399d8a0286c974355daae1b62c81247dea029

金子「ジャーカクテルって、微炭酸をつくるにはもってこいなんです。フタ付きだからシェイクできるし、ガスがちょうどよく抜けます」

7633f92ec324ef0b8928fa4a9ddaa0ddeb15e1e6

金子「ジンに、オレンジのスライスと、ジュースを大目に加えます。レモンを少し絞り、マーマレードをスプーン2杯ほど入れて甘みを加え、CHILL OUT、氷を入れてシェイク。ゆっくりとフタを開けましょう。持ち手があると運びやすいので、外に出るときにも便利です」

F733824f643d193981ca4da0388497e6149d18f9

編集部「ブルーベリーとディルのあしらいが素敵すぎます…」

金子「明確なレシピや分量を決めなくても、雰囲気でまとめていくだけでOK。同じジンベースのカクテルでも、器を升に変えて、大葉、すだちなどをつかえば、日本を意識したカクテルもつくれます。そういうふうに、いつも通りではないリラックスを演出する工夫も、大切だと思うんですよね」

394deb4edcfe4079d7782bf3610336986f01441d

新感覚のリラクゼーションドリンク
「CHILL OUT」って?

10393df9542d36a3c905cfcbc29e5c3b0e8339b7

CHILL OUT(チルアウト)の説明を少しだけ。昨年日本に登場したばかりのドリンクで、エナジードリンクのような見た目だけど、気合を入れるのではなく、ひと息入れて落ち着こうというのがコンセプト。

アメリカでは450種類以上もあるほど人気があるリラクゼーションドリンクのひとつで、カフェインフリー。チルアウトという言葉には、“まったりしよう”という意味があります。

金子「暑い季節にピッタリな味で、カクテルにもよく合います。世界的なトレンドを見ても、よりナチュラルなレシピが主流になってきているので、落ち着きのある時間や状況を満喫しようという目的も含めて、相性がいいですよね」

主に販売されているのは、そのイメージとマッチしたアパレルショップ、サーフショップ、スケートボードショップ、レコードショップなどなど。そのほかナチュラルローソンの各店舗やヴィレッジヴァンガード、成城石井(一部店舗を除く)でも手に入るので、レシピを再現したくなった人は、ぜひ一度試してみてはいかが?

A7e49ffd0b26aaec35c11dd342d6d9a62738a1c3
水分補給が欠かせない、夏ーー。とは言っても「なにを飲むか」は、仕事中でもバケーション中でも、つねに頭をめぐるテーマですよね。ここで紹介するのは、海外で話題...
活力チャージのエナジードリンクに次いで、今度は逆に気持ちを落ち着かせるためのリラクゼーションドリンクなるものが登場。TPOに合わせた新ジャンルが次から次へ...
カクテルにキュウリってどんな味がするの?と思うかもしれませんが、これが意外や意外、悪くないんです。ロンドン生まれのリキュール「ピムス」を使ったカクテルは、...
カクテルのレシピが覚えられない…?だったらグラスに描いちゃえばいいじゃない。そんな発想から生まれたのが、こちら。考案者は元弁護士のアリソン・トーマスさん。...
今やコンビニでもどれにしようか選べるまでになったクラフトビール。もちろんこの夏もクラフト熱は冷めやらない。キンキンに冷えたビールも確かにうまい。けれど、今...
気力と体力をブーストさせるエナジードリンク。でも、飲み過ぎによる危険性が問題視されるなど、何かと話題になることも。リスクを気にせず「自宅で簡単に天然のエナ...
1988年『カクテル』という映画が大流行した。主演のトム・クルーズが、シェーカーを振り回す派手なパフォーマンスが話題になった。お洒落なカフェバーでカクテル...
暑い夏の定番カクテルといえば、キンキンに冷えた「モヒート」をおいて他にありません。ライムとミントの爽快な味わいは、この上ないベストマッチングですが、ライム...
健康にまつわる情報を発信するメディア「Simple Organic Life」で、最新のヘルシードリンクが紹介されました。なんでも、あらゆる種類の痛みを和...
ややこしい名前がすんなり頭に入らず、そもそも何のお酒が使われているかすら想像がつかない、もしくは甘いお酒が解せない、カクテルを敬遠する人たちの心理に少なか...
飲み会は楽しいけれど、辛いのは翌日の二日酔い。朝から予定があったりすると、なおさら大変です。この症状に対抗すべく、シリコンバレーのエンジニアが立ち上がりま...
キリンの午後の紅茶シリーズから発売された、『恋のティーグルト』をご存じですか? 紅茶でありながら、甘酸っぱいヨーグルトテイストという話題の紅茶飲料です。た...
ムシムシと暑い中で、冷えたドリンクを飲む幸せ。でも、冷やしていたはずの飲みものがぬるかった時ショックですよね。そんな辛い思いをさせない夢のデバイスが、米で...
安い赤ワインを使ったあるカクテルが、いまブルックリンの若者を中心に人気が高まってきているらしい。それが「Kalimotxo(カリモーチョ)」と呼ばれる、め...
お酒を嗜む人であれば、ビターズという言葉を耳にしたことはあるだろう。ビターズとは、数種類の果物やスパイスなどをお酒に漬け込んで作るリキュールのこと。その味...
「かき氷」と言われて連想するのは、シャリッと音を立ててストローが刺さる氷の山。そこにピンク、ブルー、イエローといった、蛍光色の鮮やかなシロップがかかった夏...
旅先で鮮烈な色のスポーツドリンクに出会うと、海外を意識することがあります(私だけ?)。運動中の水分、ミネラル補給にあのビビッドな液体がどうして必要なのかは...
ドイツのお祭りに登場する屋台のなかに、心もカラダもあったまる、とっておきのカクテルが店を出します。当地ではとってもポピュラーなこのカクテルは、ココアをラム...
寒い時期はさっぱりしたものよりも、ちょっぴり濃厚なドリンクが飲みたくなるもの。それはお酒にも言えることです、よね。そこで今回は、管理栄養士の観点からちょっ...
居心地のよい旅には一体なにが必要だろう。飛行機に乗って、はじめての国を訪れ、土地に触れ、知らない人と知り合いになるのは、とってもエキサイティングなことだ。...